【ロシア】プーチン大統領、2060年カーボンニュートラル表明。排出量で世界第4位

Facebook Twitter Google+

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は10月13日、モスクワで開催されたロシア・エネルギー・ウィーク会議でのスピーチで、2060年までにカーボンニュートラルに実現すると宣言した。実現すると中国及びインドと同様に2060年カーボンニュートラルとなる。  ロシアは、二酸化炭素排出量で、中国、米国、インドに次ぐ世界第4位。プーチン大統領は、最近まで気温上昇による社会・経済リスクを否定していたが、近年の国際的な動きの中で、ついにカーボンニュー [...]

» 続きを読む

private 【日本】JBICとSMBC、ロシア北極圏の天然ガス開発案件に融資方針。三井物産も出資。新たな火種

Facebook Twitter Google+

 国際協力銀行(JBIC)と三井住友銀行は、ロシア・ガス大手ノバテクが北極海で天然ガス開発計画を進めるLNG輸出プロジェクト「アークティックLNG2」に融資する方針を固めた。日本のメディアが報じた。同案件は、三井物産と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が出資している。一方で、北極海での石油・ガス採掘については、気候変動と海洋生態系の観点から、すでに欧米では忌避する動きが出ており、石炭に替わる重荷を早速背負う形となった。   [...]

» 続きを読む

private 【ロシア】中央銀行、上場企業にESG情報開示を勧告。「財務安定性」の判断につながる

Facebook Twitter Google+

 ロシア連邦中央銀行は7月19日、ロシアの株式市場の投資魅力を高めるため、上場企業に対し、ESG情報開示を勧告する声明を発表した。  今回の声明は、同行として、国連持続可能な開発目標(SDGs)に関する企業の財務リスクを市場参加者が考慮できるようにすることを目的として説明。投資家がESGのリスクを把握できるようにすることが、投資先の財務安定性の判断につながるとした。  今回の勧告声明では、上場企業に対し、アニュアルレポートの中で、ES [...]

» 続きを読む

private 【中国・ロシア】国際月面科学研究ステーションのロードマップ発表。2036年から月面基地運用

Facebook Twitter Google+

   ロシア国営ロスコスモスと、民間宇宙組織の国際宇宙航行連盟(IAF)は6月14日から18日まで、ロシア・サンクトペテルブルグで国際宇宙探査会議「GLEX 2021」を開催。その中で、ロスコスモスと、中国政府の国家航天局は6月18日、国際月面科学研究ステーション(ILRS)建設に関する「ロードマップ(バージョン1.0)」と「協力パートナーガイド(バージョン1.0)」を共同発表した。  中国とロシアの政府は3月、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

【イギリス・ロシア】英政府、新型コロナワクチンを世界初承認。来週接種開始。ロシアでも月内

Facebook Twitter Google+

 英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)のヒト用医薬品委員会(CHM)は12月2日、米製薬大手ファイザーと独製薬ベンチャーのBioNTechが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンを世界で初めて承認した。公衆衛生の非常時に承認を早めることができる「ローリング・レビュー」を実施し、認可を決めた。  今回の承認を受け、英政府は来週から英全土でのワクチン接種を開始。医療関係者や老人ホーム入居の高齢者等、優先順位の高い人から接種する。  また [...]

» 続きを読む

private 【ロシア】ロシア銀行協会、サステナブルファイナンス推進でタクソノミー策定へ

Facebook Twitter Google+

 ロシア銀行協会(ARB)は10月23日、ESGバンキングに関するプロジェクトグループの初会合を開催し、銀行業務でのサステナブルファイナンスの推進に向け、気候変動タクソノミーを策定していく考えを示した。  ARBには300社以上の金融機関が加盟。同ワーキンググープでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【エネルギー】世界各国の発電供給量割合[2019年版](火力・水力・原子力・再生可能エネルギー)

Facebook Twitter Google+

世界の発電供給量割合  こちらの図は、国際エネルギー機関(IEA)が公表している最新データベース「Key World Energy Statistics 2019」をもとに、2017年のデータをまとめたものです。こちらのデータにより各国の状況を横並びで比較することができます。 (出所)IEA "Key World Energy Statistics 2019"をもとにニューラル作成 世界全体の発電手法(2017年) 石炭   :38. [...]

» 続きを読む
2020/04/03 体系的に学ぶ

【EU】EU理事会、新たに制限措置対象者7名追加。クリミアを巡るウクライナ領土主権侵害

Facebook Twitter Google+

 EU理事会は1月28日、ロシアがウクライナから編入したクリミアおよびセヴァストポリで2019年9月に実施された地方選挙で、ウクライナの領土主権を侵害する行為に加担したとして7人を制限措置対象者リストに追加した。  今回の措置により、同リスト掲載者は総計177名となった。EU域内の全資産が凍結される。同様に、企業44社に対しても制限措置が発動されている。    ロシアは2014年3月、当時ウクライナ領であったクリミアおよびセヴァストポ [...]

» 続きを読む

【ロシア】クラスノヤルスクで金鉱ダムが崩壊。15人以上死亡。会社CEO等が逮捕。豪雨の影響

Facebook Twitter Google+

 ロシア・シベリア地方のクラスノヤルスクで10月19日、豪雨による増水で金鉱に設けられていたダムが崩壊。鉱山関係者含め15人以上が死亡、13人以上が行方不明になる事故が発生した。鉱山労働者16名が負傷し、そのうち3名は重傷だという。当局はすでに金鉱の運営者であった小規模炭鉱会社SisimのCEOを含む3名を逮捕した。  ダムが崩壊したことで流れ出した大量の水は、付近にあった鉱山労働者の住居と思われる建物を飲み込んだ。今回の洪水により、 [...]

» 続きを読む

【ロシア】モスクワ証券取引所、グリーンボンド等の上場区分新設。ロシア国外発行体でも上場可能

Facebook Twitter Google+

 モスクワ証券取引所は8月12日、グリーンボンド等の上場区分を新設した。新設された区分は、グリーンボンド、ソーシャルボンド、ナショナル・プロジェクトの3つ。  グリーンボンドとソーシャルボンドについては、ロシア国外の発行体でも上場可能。上場には、国際資本市場協会(ICMA)もしくは気候債券イニシアチブ(CBI)のグリーンボンドまたはソーシャルボンド原則等を満たす必要がある。また、要件を満たすセカンドオピニオン等の第三者保証も必要。   [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る