【イギリス】大使館、アルバニアで現代奴隷防止コンソーシアム設立。世界で2番目に多い

Facebook Twitter Google+

 在アルバニア英国大使館は8月12日、アルバニアで現代奴隷防止のためのコンソーシアムを発足すると発表した。英国現代奴隷法では、現代奴隷の通報登録制度を設けており、アルバニア国籍者は全体で2番目に登録が多い。今回政府として現地での対応に乗り出す。  英国では2018年、内務省政務次官からアルバニアで2021年までの現代奴隷対応活動費のため200万ポンド(約2.5億円)以上の予算を発表。今回の活動費もここから捻出される。発足するコンソーシ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】国会、オーストラリア現代奴隷法を可決。2019年1月1日から施行予定

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア連邦下院は11月29日、2018年現代奴隷法の連邦上院修正案を可決。前日に連邦上院も法案を通過しており、これで両院を通過した。オーストラリア現代奴隷法は、英国女王エリザベス2世の代理人であるオーストラリア総督が裁可すれば、正式に成立。2019年1月1日から施行される。  同法は、年間売上1億豪ドル(約84億円)以上のオーストラリア法人と、年間売上1億豪ドル以上の海外法人が有するオーストラリア現地法人に対し、毎年政府に現 [...]

» 続きを読む

【国際】人権団体Ethical Trading Initiative、各国現代奴隷法対応の報告フレームワーク・ツール発表

Facebook Twitter Google+

 英人権イニシアチブEthical Trading Initiative(ETI)は10月29日、英国現代奴隷法で求められる報告義務を対象とし、的確な報告を実施するためのフレームワーク・ツールをリリースした。英国現代奴隷法に焦点を当てたフレームワーク発表は世界初という。また、オランダやオーストラリア等の現代奴隷法にも対応したものとなっている。  ETIには企業、労働組合、NGOが自主加盟している。加盟企業には、GAP、H&M、インディ [...]

» 続きを読む

【イギリス】Ergon、英国現代奴隷法の企業報告の2018年分析結果発表。先進企業とそれ以外で大きな差

Facebook Twitter Google+

 英国デューデリジェンス・コンサルティングErgon Associatesは10月15日、2015年に制定された英国現代奴隷法の企業実施状況を分析した報告書を発表した。同社は2017年4月にも分析を行っており今回は第3弾。多くの企業で前回結果からほとんど改善が見られない現状が明らかとなった。 【参考】【イギリス】Ergon、英国現代奴隷法の企業報告状況報告書発表。改善の余地が大きいと総括(2017年5月4日)  今回の調査では、前回の [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】企業、業界団体、NGO等31機関、豪現代奴隷法案への支持表明

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア業界団体、企業、大学、NGO等31機関は9月4日、現在同国国会で審議中の現代奴隷法案に対し支持を表明する共同声明を発表した。同法案は企業にサプライチェーン上の強制労働やヒューマントラフィッキング等の現代奴隷を撲滅するため企業に情報開示を求める内容。同様の法律はすでに英国等で制定されている。  今回、共同声明に署名したのは、国連グローバル・コンパクト(UNGC)オーストラリア、ESG投資推進RIAA、グリーンビルディング [...]

» 続きを読む

【国際】KnowTheChain、電子業界の英国現代奴隷法の対応状況レポート。日本企業も28社対象

Facebook Twitter Google+

 英人権NGOのKnowTheChainは3月25日、電子機器業界の英国現代奴隷法の対応をまとめた報告書「Eradicating Forced Labor in Electronics: What do company statements under the UK Modern Slavery Act tell us?」を発行した。  同報告書は、米州、欧州、アジアの102社を調査対象とした。日本企業は、ブラザー工業、キヤノン、カシ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】年金基金団体ACSI、オーストラリア現代奴隷法案について報告義務強化を要望

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア年金基金業界団体のオーストラリア退職年金投資家協会(ACSI)は10月31日、オーストラリア政府が実施したオーストラリア現代奴隷法案のパブリックコメント募集に対し、サプライチェーン上の現代奴隷リスクの報告を企業に義務付ける内容については強く支持しつつも、その実効性に懸念を表明する意見を送ったことを明らかにした。  現在、検討中のオーストラリア現代奴隷法は、サプライチェーン上の現代奴隷リスクの特定を企業に委ね、もし企業が [...]

» 続きを読む

【イギリス】内務省、英国現代奴隷法の実践ガイドを改訂。企業への報告要望レベルを強化

Facebook Twitter Google+

 英内務省は10月4日、2015年英国現代奴隷法に基づき発行されている、企業やサプライチェーンにおける奴隷労働や人身取引の確実な防止対策に向けたガイダンスを改訂し、新たに「Transparency in Supply Chains etc. A practical guide(サプライチェーン等の透明性:実践ガイド)」を発表した。  新ガイダンスでは、児童労働の定義を明確化し、ILOの定義を基に「12歳未満の児童によるあらゆる経済活動 [...]

» 続きを読む

【イギリス】CORE Coaltion、英国現代奴隷法の2017年企業声明を分析。リスク開示で課題多い

Facebook Twitter Google+

 英人権・環境NGOのCORE Coalitionは10月4日、英国現代奴隷法が義務化している大企業の報告書について、今年度の提出結果を分析したレポート「Risk Averse?」を発表した。現代奴隷法は、年間売上3,600万ポンド(約54億円)以上の企業に、「奴隷と人身取引声明」の報告を義務付け、今年の提出期限は9月30日だった。  同レポートは、食品・資源大手25社とアパレル・建設・サービス大手25社の計50社を対象に分析。食品・ [...]

» 続きを読む

【人権】オーストラリア版現代奴隷法の制定への動き

Facebook Twitter Google+

 英国の現代奴隷法(開示関連条項)は2015年10月に施行され、英国企業のみならず、日本企業(本社)を含む英国外の企業もステートメントを順次開示してきている。筆者自身も昨年来、複数の日本企業(本社)の開示のサポートをしているが、開示を行う日本企業(本社)の数は着実に増加しているように見受けられる。  こうした中、オーストラリアでも、同国版の現代奴隷法を制定する動きが加速している。本年8月16日、オーストラリア政府(法相)は、同国版現代 [...]

» 続きを読む
2017/09/05 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る