private 【アメリカ】ホーメル・フーズ、新型コロナで工場従業員に特別賞与7.5億円支給。勤務に報いる

Facebook Twitter Google+

 米食品大手ホーメル・フーズは4月23日、新型コロナウイルス・パンデミック状況でも勤務を続ける工場生産部門の従業員に対し、特別賞与を総額700万米ドル(約7.5億円)支給したと発表した。同社は4月にも通常賞与の1回目総額400万米ドル(約4.3億円)を支給しており、今回はそれに追加した形。  特別賞与の支給額は、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】新型コロナで失業者支援プラットフォームOnwardUS発足。グーグル、フェイスブック等参画

Facebook Twitter Google+

 米大手企業やNGOは4月20日、新型コロナウイルス・パンデミックでの失業者を支援するためのプラットフォーム「OnwardUS」を発足した。全米各州の失業者が受けられる生活支援や再就職支援の情報をオンラインで提供していく。  今回のプラットフォームを提唱したのは、米ダイバーシティ&インクルージョン推進団体Kapor Centerと教育テックBitwise Industries。それに、マスターカード、グーグル会長を務めたエリック・シュ [...]

» 続きを読む

private 【国際】IBM、新型コロナ解決に向け米連邦政府やグーグル等と連携。ITで存在感発揮

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMは3月26日、新型コロナウイルス・パンデミック対策に向け、米科学技術政策局や米エネルギー省と連携し、「COVID-19ハイパフォーマンス・コンピューティング・コンソーシアム」を発足したと発表した。高性能コンピューティングシステムにより、新型コロナウイルスや治療法の研究を加速するため、空いているスーパーコンピューターを結集する。  同コンソーシアムには、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ディアジオ、代替蒸留酒造Ritualへマイナー出資。拡大するノンアルコール市場への布石

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオは1月6日、蒸留酒投資米Distill Venturesを通じ、米国初の代替蒸留酒造Ritual Zero Proofへのマイナー出資を発表した。Ritualの販路拡大に向け、事業支援も行う。同社株式過半数は、引き続き創業者や従来のRitualの投資家が占め、Ritualは独立企業として事業を継続する。  Ritualのジンやウィスキー等のカクテル用蒸留酒は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】連邦医薬品局、フレーバー付き電子たばこ規制強化。強制措置発表も全面禁止は見送り

Facebook Twitter Google+

 米連邦医薬品局(FDA)は1月2日、フレーバー付き電子たばこへの規制を強化する方針を最終発表した。2020年5月12日に施行。30日以内に無認可の電子たばこの製造、流通、販売を停止しない場合、FDAが強制措置をとる可能性が発生する。  トランプ大統領は2019年9月、フレーバー付き電子たばこの販売を全面的に禁止する意向を表明していたが、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】連邦エネルギー規制委員会、容量市場での再エネ電源入札に最低価格設定。石炭火力優遇

Facebook Twitter Google+

 米連邦エネルギー規制委員会(FERC)は12月19日、米地域送電PJMによる年次の発電設備容量市場オークションにおいて、再生可能エネルギーや原子力発電の入札価格に対し、「最低入札価格ルール(MOPR)」を適用すると発表した。  同判断は、オークションにおいて価格競争力を失いつつある石炭火力発電企業の声を反映したもの。補助金を受けた再生可能エネルギー事業が、発電設備容量オークションにおいて、低価格入札可能な点を不服としていた。2021 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦通信委員会、国内通信キャリア事業者に対しファーウェイとZTEの通信設備使用禁止

Facebook Twitter Google+

 米連邦通信委員会(FCC)は11月22日、国内通信キャリアが、中国のファーウェイ(華為技術)及び中興通訊(ZTE)の通信設備・サービスを使用することを実質的に禁止することを決定した。同国通信ネットワークの安全保障と「誠実性」を保護するためと説明した。また同時に、将来的に対象企業を追加するプロセスも策定。新規則の認定、監査体制も確立した。同規制は、連邦政府の官報掲載後に発効する。  今回の決定は、全国均一の通信サービスを確保する「ユニ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】果物大手Driscoll’s、CeresとWWF展開「AgWater Challenge」に加盟。水資源保護推進

Facebook Twitter Google+

 米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeresと国際NGO世界自然保護基金(WWF)は10月16日、両団体が推進する食品業界の水スチュワードシップ・イニシアチブ「AgWater Challenge」にイチゴ等ベリー系果物世界大手米Driscoll’sが加盟したと発表した。北米のベリー栽培サプライチェーンにおける水資源の保護を展開する。  同社はベリーの果実栽培に大量の水を要し、主要な栽培地域のカリフォルニア州とメキシコは水ストレスが [...]

» 続きを読む

【アメリカ】食品大手ホーメル・フーズ、植物由来代替肉ブランド製品の販売開始

Facebook Twitter Google+

 米食品大手ホーメル・フーズは9月4日、代替肉事業子会社Cultivated Foodsを通じ、代替肉ブランド「HAPPY LITTLE PLANTS」を展開すると発表した。遺伝子組換え(GMO)ではない大豆等の植物由来たんぱく質を原料とする。  ホーメル・フーズは、2014年に「Fuse Burger」を投入し、代替たんぱく質の取組を開始。現在は、事業子会社Burke Corporationが植物由来のピザトッピングを、Appleg [...]

» 続きを読む

【環境】トランプ次期大統領就任後、米国の環境・気候変動政策はどうなるのか

Facebook Twitter Google+

 11月9日の米国大統領選挙。大注目の中、ドナルド・トランプ共和党候補の勝利が確定しました。私も、ここ数カ月間、大統領選挙の結果について聞かれることもありました。その都度「今回の選挙は最後まで本当にわからない。でもおそらくはヒラリーが勝つのでは」と答えていました。が、結果はそうはなりませんでした。私自身の中にもヒラリー氏に勝ってほしいという期待があったのかもしれません。  トランプ次期政権の政策はどうなるのか。早速、日本では安全保障や [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る