private 【香港】フェイスブック、グーグル、ツイッター、香港での当局への個人情報提供停止。TikTokは撤退 2020/07/08 最新ニュース

 IT世界大手グーグル、フェイスブック、ツイッター、テレグラムは7月5日または6日、中国政府が6月30日に香港国家安全維持法案(香港国安法)を可決したことを受け、香港政府当局へのユーザの個人情報提供を一時停止すると発表した。SNS運営企業等は、裁判所命令等が出た場合にはユーザーの個人情報を提供する方針としているが、この方針を香港に対しては停止する。

 今回の決定は、香港特別行政区政府が7月6日に同法第43条実施規則を公示したことに対応するもの。第43条は、香港警察等の法執行機関に対する権限を規定した条文。その中で、「犯罪の証拠を含む可能性のある建物、車両、船、航空機およびその他の関連する場所と電子機器を捜査」については、香港行政長官に実施規則を定める権限を付与しており、それに基づき実施規則が公示された。

【参考】【香港】中国、香港国家安全維持法を制定。域外適用規定も(2020年7月5日)

 同実施規則第4条では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る