【スイス】ネスレ、パッケージ科学研究所を新設。プラスチック汚染と気候変動への対応

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月12日、プラスチック汚染問題と気候変動に対応するため、新たな包装・容器を研究する「パッケージング科学研究所」を正式に発足したと発表した。1年前に構想を表明していた。機能性、安全性、環境配慮を両立させるパッケージング開発を加速させる。同社によると、パッケージング研究所を発足したのは、食品業界では世界初だという。 【参考】【スイス】ネスレ、「パッケージ科学・研究所」をローザンヌに新設。再利用・リサイクル技 [...]

» 続きを読む

【オランダ】年金運用APGとPGGM、「SDIアセットオーナー・プラットフォーム」創設。SDGsに資する投資促進

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用会社APGと、オランダ年金基金PFZWの運用会社PGGMは9月11日、機関投資家向けに、投資先の国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献度を分析できるプラットフォーム「SDIアセットオーナー・プラットフォーム」開発で提携すると発表した。  APGはすでに、国連持続可能な開発目標(SDGs)に大きなインパクトを出せる分野へ投資する「持続可能な開発投資(SDIs)」を実施するために、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、Business Ambition for 1.5°C署名。2050年までにCO2排出量ゼロ

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月12日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにする新たな気候変動対策を発表した。気候変動を1.5℃に抑えるための国際スタンダードに合わせた。国連グローバル・コンパクト(UNGC)が署名を呼びかける「Business Ambition for 1.5°C」誓約にも署名した。 【参考】【国際】国際機関・NGO、企業に1.5℃目標達成に即すCO2削減目標設定を要請。Business Ambition [...]

» 続きを読む

【イギリス】王立協会、ブレイン・マシン・インタフェース技術規制を政府に要請。大企業独占を懸念

Facebook Twitter Google+

 英科学アカデミーの王立協会は9月9日、人間の脳とコンピュータを接続する「ブレイン・マシン・インターフェース(ニューラル・インターフェース)」技術について、英国政府が世界のリーダーとして主導し、浮上する倫理的課題への対応方法を率先して検討すべきとした。  ブレイン・マシン・インタフェースは、信号を脳に直接送り込むことで、認知症、麻痺、精神的健康状態、肥満に対処するための医療技術として注目されている。すでに大手企業も関心を高めている。 [...]

» 続きを読む

【イギリス】年金基金のESG投資意識調査。推進理由は「倫理」よりも「投資パフォーマンス向上」

Facebook Twitter Google+

 英法律事務所Sackersは9月9日、年金基金のESG投資の意識調査結果を発表した。年金基金の理事は、ESG投資が投資パフォーマンスに寄与するという証拠を欲している一方、ESGを考慮することを重要と考える動きが着実となってきていると分析した。  今回の調査は、年金基金102機関の理事を対象に実施。確定拠出型年金(DC)と確定給付型年金(DB)の双方が対象となっている。DC年金基金については、ESG投資ファンドを初期設定の運用ファンド [...]

» 続きを読む

【フランス】2019年の2つの熱波で約1500人死亡。同国史上最高気温も更新。連帯・保健相発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのアニエス・ビュザン連帯・保健相は9月8日、今夏同国を襲った2つの熱波により1,435人が死亡したことを明らかにした。また、南部のエロー駅では、46℃を記録し、同国としての最高気温記録を塗り替えた。  今回指摘の熱波は、6月24日から7月7日までの熱波と、7月21日から27日までの熱波の2つ。前者で567人、後者で868人が死亡した。フランスでは、2003年で20日間続いた熱波で15,000人以上が死亡するという事態が発生し [...]

» 続きを読む

【イタリア】エネル、SDGs連動ボンド1610億円発行。サステナビリティ目標達成に応じて金利変動

Facebook Twitter Google+

 イタリア・エネルギー大手エネルのオランダ金融管理子会社Enel Finance Internationalは9月5日、資金使途を国連持続可能な開発目標(SDGs)関連のプロジェクトに限定する社債「SDGs連動ボンド」を15億米ドル(約1,610億円)発行した。事前に設定したサステナビリティ目標を達成すれば、金利が金利が据え置かれるが、未達成の場合は金利が上がる。同種の債券発行は、今回が世界初。  今回の社債の資金使途は、SDGs目標 [...]

» 続きを読む

【イギリス】WWFやSky等、海草植栽プロジェクト発足。規模2万平米。気候変動緩和等を期待

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(WWF)、英メディア大手Skyのキャンペーン「Sky Ocean Rescue」、スウォンジー大学の3者は9月4日、英国最大の海草植栽プログラム「Seagrass Ocean Rescue」の実施を発表した。同プログラムは、過去1世紀で92%の緑が消失したウェールズ西部の海域20,000m2で、海洋植物の再生を目指すもの。大幅な減少の原因には、沿岸開発、汚染、ボートの渡航による自然破壊等がある。  海草は、森林の3 [...]

» 続きを読む

【イギリス】オフショア開発団体OGUK、CO2ネット排出ゼロに向けた2035年ロードマップ発表

Facebook Twitter Google+

 英原油・天然ガスのオフショア採掘業界団体OGUKは9月4日、二酸化炭素ネット排出量ゼロに向けたブループリント「Roadmap to 2035: A Blueprint for net-zero」を発表した。英国では、中央政府が2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロを、スコットランド政府は2045年までのネット排出量ゼロを標榜しており、OGUKはこの目標を歓迎するとともに、エネルギーの安定供給に向けた将来の方向性を示した。  現在 [...]

» 続きを読む

【スイス】テトラパック、FSC認証木材容器取得が50%以上に。消費者の環境意識高まりに対応

Facebook Twitter Google+

 容器包装世界大手スイスのテトラパックは8月29日、世界全体を通してのFSC認証取得容器の提供が5,000億個を超えたと発表した。FSC認証は、森林保護推進の国際NGO森林管理協議会(FSC)が管理する森林サステナビリティ認証。  同社はFCS認証取得容器の提供を2007年に実施。当時はセインズベリーと協働で実施した世界初の取組で、その後毎年FCS認証取得商品の投入量を徐々に増やしてきた。特に過去3年間は取組を強く加速してきたという。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る