【中国】CSRマネージャーのキャリア発展の現状

Facebook Twitter Google+

 中国の民間CSRコンサルティング会社である中国企業社会責任指南社(China CSR Map)は今年6月、第2回となる「中国CSRマネージャー発展調査報告」を発表した。報告では、アンケートとインタービューの形で企業の基本情報、CSRマネージャーのキャリア現状、及びチャレンジと機会の三つの観点でまとめられている。報告された新たな動きとしては、中国企業の中でCSRに積極的に取り組む企業が大きく増えていること。それに伴い、CSR業務に就く [...]

» 続きを読む

【イギリス】サステナビリティ分野にキャリアチェンジした人の90%が自身の選択に満足。IEMA調査。

Facebook Twitter Google+

 世界で15,000名以上の会員を抱えるサステナビリティプロフェッショナルのグローバルネットワーク、IEMA(The Institute of Environmental Management & Assessment)の調査によると、環境・サステナビリティ分野へとキャリアチェンジしたIEMA会員の約90%が、自身の選択と新たなキャリアに対してとても満足していることが明らかになった。  IEMAの調査によると、サステナビリティ分野の専 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、自社の多様性データを開示。マイノリティ・女性比率に課題

Facebook Twitter Google+

 女性が活躍できる環境が十分整っていないという問題は日本社会に限った話ではない。IT大手のグーグルも、女性およびマイノリティの従業員数を増やす取り組みを積極的に進めているものの、未だに道のりは長い。グーグルは5月27日、自社の多様性に関するデータを開示した。  グーグルが開示したデータによると、同社の従業員は依然として白人・アジア系の男性が圧倒的多数を占めている。2015年1月時点のデータによると、米国の従業員構成は60%が白人で、3 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、アリゾナ州立大との提携により米従業員の大学授業料を全額負担へ

Facebook Twitter Google+

 米スターバックスは4月6日、昨年6月に始まったアリゾナ州立大学との提携による奨学金制度の規模を拡大したと発表した。対象となるのは米国の従業員で、アリゾナ州立大学のオンライン学位取得プログラムの学費の全額をスターバックス社が負担する。なお、学位取得後にスターバックスに残る義務はなく、奨学金の返済義務もない。  スターバックスは上場企業としてのCSRの一環としてこの奨学金制度を開始。奨学金を通じて従業員の将来のキャリアにおけるチャンスを [...]

» 続きを読む

【イギリス】ビジネススクール、MBA学生を惹きつける鍵はサステナビリティ

Facebook Twitter Google+

 今、将来のビジネスリーダー育成を担う世界のビジネススクールでは、「サステナビリティ」が優秀な学生を惹きつける鍵となりつつある。英紙ガーディアンは先日、"Sustainability now key selling point for business schools attracting students"という記事の中でビジネススクールにおけるサステナビリティについての教育の現状を分析した記事を掲載している。  同記事内で紹介され [...]

» 続きを読む

【アメリカ】世界のMBA学生ら、企業の社会的価値に関する国際プレゼンコンテストで競い合う

Facebook Twitter Google+

 世界中のMBA学生らが企業の経済的利益と社会的利益の両立に関するプレゼンテーションを競う国際コンテスト、2015 Business & Society International MBA Case Competitionが3月20日から始まっている。  25の一流ビジネススクールに所属するMBA学生らが優勝の栄誉と総額3万米ドル超の賞金をかけて競い合う。アスペン研究所が主催するこのコンテストでは、参加学生らはイェール大学マネジメント [...]

» 続きを読む

【国際】UN Women 、2020年までに100万人の女性雇用創出を宣言したUberとの提携を否定

Facebook Twitter Google+

 世界各地で拡大を続ける米国サンフランシスコ発の配車サービスUberと、女性の地位向上を目指すUN Women(国連ウィメン)のやりとりが話題になっている。  Uberは3月10日、男女平等を訴えた第4回世界女性会議「北京宣言」からの20周年を記念して、UN Womanと連携し、女性の雇用創出を目的とするパートナーシップを締結すると発表した。その中で、Uberは2020年までに同社の配車サービスのドライバーとして世界で100万人の女性 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】環境・サステナビリティ部署で活躍している人材像とは?

Facebook Twitter Google+

企業の中で環境・サステナビリティ活動を推進しているリーダーらは一体どういった人々なのだろうか?そんな疑問に答えてくれる興味深い調査結果が公表された。 米国ワシントンに本拠を置く環境・サステナビリティ分野のプロフェッショナルネットワーク、National Association for Environmental Management(以下、NAEM)は1月21日、企業内のEHS(環境・健康・安全)・サステナビリティ関連部署で活躍する人 [...]

» 続きを読む

【国際】ミレニアル世代を惹きつける鍵は”Purpose”。デロイト調査

Facebook Twitter Google+

世界29カ国のミレニアル世代(1982年以降に生まれた若者)の企業に対する考え方に関する興味深い調査結果が発表された。デロイト・トーマツが1月21日に公表したミレニアル世代の意識調査レポート”The Deloitte Millennial Survey 2015”によると、彼らは企業の製品(Product)や利益(Profit)だけではなく、人材に対する考え方(People)や明確な事業目的(Purpose)の有無を重視していることが [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業戦略の要としてますます重要さを増すCSOの役割

Facebook Twitter Google+

米国サンフランシスコに本拠を置くサステナビリティ・CSR人材専門のサーチファームのWeinreb Groupは10月27日、CSO(Chief Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)に関する最新動向をまとめたレポート、”The Evolution of the Chief Sustainability Officer”を公表した。 同レポートによれば、CSOの責任範囲はここ数年で大きく変化しており、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る