【EU】欧州委、GDPRの施行1年間をレビュー。現状を高く評価しつつも今後の新たな施策も提示

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月24日、2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)に関し、施行1年超経過した段階での状況を振り返った。各EU加盟国は必要な法的措置を導入しており、データ保護の確保を強化する制度が導入されていると評価。また、企業もコンプライアンス文化を育むとともに、市民も自らの権利を認識しつつあり、国際レベルでもデータ保護に関して高い基準を設定する動きが共通化しつつあると分析した。  一方、欧州委員会は、EU市民のう [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、マネーロンダリングに関する報告書4本発表。現状課題についての認識も提示

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月24日、マネーロンダリング及びテロ資金供与への対策に関し、EU及び加盟国の当局の活動を支えるため4つの報告書を採択した。ユンカーEU政権時代に導入した第4次マネーロンダリング指令及び第5次マネーロンダリング指令を真摯に導入することが重要としつつ、今後に向けた課題も示した。  今回発表した4つのレポートは、国際的リスクアセスメント報告書、金融セクターでの高リスク国リスクアセスメント報告書という現状分析をまとめた2つのレ [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、世界的な森林保護のための新たな政策フレームワークを定めた報告書を採択

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月23日、世界的な森林保護のための新たな政策フレームワークを定めた報告書を採択した。森林は、生物多様性の80%を保有しており、世界人口の25%の生活を支えるとともに、気候変動対策にもつながると意義を伝えている。  欧州委員会によると、1990年から2016年までに世界の森林のうち130万km2が消失。サッカーボール場800個分が毎時失われている。森林破壊の主な原因は、食糧生産、飼料生産、バイオ燃料、木材等のコモディティ [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、東バルト海でのタラ漁を年内全面禁止。資源量激減の懸念。2020年以降の措置も検討

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月23日、危機に瀕している東バルト海のタラの資源量を保護するため、2019年12月31日までバルト海でのタラ商業漁業を禁止すると発表した。即日施行された。対象は全漁船が対象。すでに複数のEU加盟国では同様の措置を採っていたが、EU全加盟国での禁漁を決定した。  欧州委員会は、加盟国と協議し、来年からの施策についても検討していく。資源量減少については、他にも塩分濃度減少、海水温度上昇、酸素不足、寄生虫感染症の影響を指摘す [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、越境ライセンス販売禁止でサンリオを競争法違反認定。7.6億円罰金

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月9日、「ハローキティ」製品で知られるサンリオに対し、競争法違反で622.2万ユーロ(約7.6億円)の罰金を科すと発表した。2008年から2018年までの間、販売ライセンスを付与している事業者が、欧州経済領域(EEA)のライセンス取得国以外で製品を販売することを禁止する契約を結ばせていた。EUの競争法では、EEA領域内での越境販売に制限を科す行為は、消費者への不利益になるとして、禁じられている。  ライセンス販売してい [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、台湾に対するIUU漁業イエローカード指定を撤廃。3年半の政策協議が奏功

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は6月27日、台湾政府による過去3年半の違法・無報告・無規制(IUU)漁業対策に関する規制改革を評価し、同政府に対して発していた「イエローカード」指定を撤廃すると発表した。EUからIUU漁業イエローカードを出させると、調査や審査体制が発動し、EU加盟国への輸入を禁止する「レッドカード」に移すべきかのモニタリングが強化される。台湾に対しては2015年10月にイエローカードが出されていた。  イエローカードの間、欧州委員会と台 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、各加盟国の二酸化炭素排出量削減・再エネ導入等の計画案を評価。EU目標に未達

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は6月18日、EU加盟国の2030年気候変動・エネルギー目標となっている「エネルギー同盟目標」の実施に関する各加盟国政府計画案の評価結果を公表した。EU加盟国は、欧州委員会に対し、2030年までの国家エネルギー・気候変動計画(NECP)を提出することが義務付けられている。今回が欧州委員会として初回の評価実施となる。  EUは、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロすることを政策目標としている。今回の各国政府計画を合算 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委TEG、サステナブルファイナンス「タクソノミー」等4分野最終発表。CCS付石炭火力、ガス火力、原発除外

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会のサステナブルファイナンスに関するテクニカル専門家グループ(TEG)は6月18日、気候変動緩和及び適応に資する経済活動を定義した「タクソノミー」、EU公式グリーンボンド基準(EU-GBS)、EU公式ESGインデックス基準の3つの最終提言報告書を発表した。また、欧州委員会は同日、サステナブルファイナンス・アクションプランの一環として、企業の気候変動情報開示に関する新ガイドラインを発行した。  まず発表されたタクソノミーは、E [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、EIB、Breakthrough Energyの3者、革新的なCO2削減技術保有企業へのVCファンド設立

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会、欧州投資銀行(EIB)と、ビル・ゲイツ氏らが設立したファンド会社Breakthrough Energy Coalitionのベンチャー投資ファンド「Breakthrough Energy Ventures」は5月29日、革新的なクリーンエネルギー技術を持つ欧州企業への投資を行うためのファンド「Breakthrough Energy Ventures Europe(BEV-E)」を新たに設立した。EIBとBreakthro [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、三菱UFJ銀行等5銀行をカルテル認定。罰金総額1300億円。2010年前後の取引

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は5月16日、三菱UFJ銀行、シティグループ、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、JPモルガン・チェース、バークレイズの5社が、外国為替取引で共謀したとして競争法違反に問われ、課徴金合計10億7,000万ユーロ(約1,300億円)を支払うことで欧州委員会と合意した。  今回、欧州委員会が違反としたのは2つのカルテル取引。1つ目は「Three Way Banana Split」と呼ばれ、シティグループ、RBS、J [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る