private 【国際】WBCSD、気候変動、生物多様性、人権観点で加盟基準設定。日本企業20社にも大きな義務

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は10月26日、加盟基準を大幅に引き上げた。2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現する科学的根拠に基づく削減目標策定等が柱で、既存の加盟企業にも適用される。  WBCSDの加盟企業は現在203社。アップル、グーグル、マイクロソフト、IBM、エイサー、ウォルマート、アルセロール・ミタル、タタ、BMW、ダイムラー、 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、有害物質、メタン、不動産で新戦略発表。エネルギー脱炭素化でも加盟国を評価

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月14日、欧州グリーンディール戦略の一環として、有害化学物質削減、メタンガス排出削減、不動産リノベーションの新たな戦略を採択した。エネルギー政策のレビュー結果も発表した。 【参考】【戦略】EU欧州委が定めた「欧州グリーンディール政策」の内容。〜9つの政策骨子を詳細解説〜(2019年12月12日)  今回欧州委員会が採択したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】Capitals Coalition、企業・金融機関向け「生物多様性ガイダンス」発行。EUも支援

Facebook Twitter Google+

 自然資本と社会資本を考慮した事業経営を推進する国際団体Capitals Coalition(資本連合)と英ケンブリッジ大学のCambridge Conservation Initiativeは9月29日、自然資本プロトコル(NCP)の補助ガイダンス「生物多様性ガイダンス」を発行した。自然資本の中でも生物多様性の観点を考慮する手法を整理し解説した。 【参考】【国際】自然資本連合と社会・人的資本連合が合併。Capitals Coalit [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、自然ポジティブ・インフラ開発や海洋プラ対策で大きな成果

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は9月24日、自然環境にプラスの影響を与える「自然ポジティブ」型のインフラ開発は、都市経済に対し、雇用・事業警戒の両面でプラスに作用し、活性化につながるとする調査結果を発表した。豪コンサルティングAlphaBetaが調査に協力した。  WEFは7月、生態系や生物多様性を考慮し、自然環境にプラスの影響を与える経済を実現するための提言レポート「Future of Nature and Business Rep [...]

» 続きを読む

private 【国際】金融大手26社、生物多様性のインパクト測定で協定発足。測定手法策定の動きも加速

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手26社は9月25日、事業運営と投資運用の中で生物多様性へのインパクトのプラスへの転換にコミットする宣言「生物多様性のためのファイナンス協定」を発足し、署名した。国連開発計画(UNDP)等が運営する自然環境アクションプラットフォーム「Learning for Nature」が主催したオンラインイベント「Nature for Life Hub」の中で発表した。アクサのグループCEOが署名機関を代表し、9月3日の国連総会生物多 [...]

» 続きを読む

private 【国際】生物多様性条約事務局、地球規模生物多様性概況第5版を発行。愛知目標は全目標で未達に終わる

Facebook Twitter Google+

 国連生物多様性条約事務局は9月15日、生物多様性条約第24回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA24)及び第3回条約実施補助機関会合(SBI3)の特別バーチャル・セッションで、地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)を公表した。2011年から2020年までの生物多様性に関する20の国際目標「愛知目標」の達成状況の評価や、2050年ビジョンの達成に向けて必要な行動をまとめた。  地球規模生物多様性概況(GBO)は、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

private 【北米】マクドナルド、カーギル、ウォルマート財団、持続可能な放牧でWWFと協働。6.3億円拠出

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルド、食品世界大手米カーギル、小売世界大手米ウォルマートのウォルマート財団の3者は9月22日、持続可能な放牧の実現に向け、世界自然保護基金(WWF)が率いる新イニシアチブ「Ranch Systems and Viability Planning(RSVP)」に対し、600万米ドル(約6.3億円)以上の資金を拠出すると発表した。  同イニシアチブは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、オーガニック農業の政策的促進でパブコメ募集。新法施行は1年延期

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は9月4日、オーガニック農業に関するパブリックコメントの募集を開始した。欧州委員会は、2019年12月に発表した「欧州グリーンディール政策」の中で、オーガニック農業を重要な政策と位置づけており、今回将来政策についての方向性について広く意見を募る。 【参考】【戦略】EU欧州委が定めた「欧州グリーンディール政策」の内容。〜9つの政策骨子を詳細解説〜(2019年12月12日)  欧州委員会は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】WWF、「生きている地球レポート2020」発表。過去50年で生物多様性が68%減少

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(WWF)は9月9日、2年毎に発行している「Living Planet Report:生きている地球レポート」の2020年版を発行。世界の生物多様性が過去50年で68%喪失しており、人間社会の消費行動は地球が生産できる範囲を60%も超過していると警鐘を鳴らした。また今回の報告書では、生物多様性を回復させる科学的根拠に基づく具体的な方策を初めて示した。  同報告書によると、地域別では中南米で生物の個体数が94%減少して [...]

» 続きを読む

private 【国際】「マイクロプラスチック、陸上生態系にも悪影響」研究者が英国学術誌で論文発表

Facebook Twitter Google+

 海洋プラスチック汚染の原因の一つとなっているマイクロプラスチックが、土壌汚染も引き起こし、陸上の食物連鎖にも影響を与えているとの研究結果が発表された。研究者らは、マイクロプラスチックが陸上生態系に与える影響についても関心を高めるよう警鐘を鳴らしている。  今回の研究を発表したのは、中国・重慶大学の林敦梅教授等。英国王立学会の論文雑誌に「Microplastics negatively affect soil fauna but st [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る