【欧州】EUの有害化学物質管理ソフトがアップデート、「IUCLID 6」発表

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)は4月13日、有害化学物質の管理データベース用に公開している無料ソフトウェア「IUCLID」の最新版「IUCLID 6」を発表、4月29日からソフトウェアのダウンロード提供を開始した。IUCLIDはEUの化学物質規制では不可欠のツールであり、ソフトウェア上で有害化学物質の情報を管理したり、政府当局に対して報告書を提出することができる。EUのREACH規則もこれに基づいて管理されている。I [...]

» 続きを読む

【アメリカ】HP Inc. RE100に加盟、将来的に100%再エネでの事業運営方針発表

Facebook Twitter Google+

 個人向け家電の世界大手HP Inc.は3月30日、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す企業連合「RE100」に加盟し、2020年までに再生可能エネルギーでの事業運営割合40%、将来的に100%を目指す方針を発表した。現在の同割合は13%。  目標に向けHP Inc.は、3つのアクションを実施する。まず、エネルギー効率を向上させ積極的にエネルギー消費量を削減する。そして、事業所での自前の再生可能エネルギー発電所を建設し、さら [...]

» 続きを読む

【アメリカ】環境保護庁、2016年の「エネルギースター年間パートナー賞」発表

Facebook Twitter Google+

 環境保護庁(EPA)とエネルギー省(DOE)は、2016年の「エネルギースター年間パートナー賞」を発表した。合計で35州から149の企業や機関が選出された。エネルギースターとは、EPAが進めている省エネルギー制度。消費電力の削減やエネルギー効率に優れた製品や住宅、商業ビル、工場などに対して与えられる。「エネルギースター年間パートナー賞」は、なかでも昨年著しい成果を上げた企業や機関を表彰するもの。受賞企業には、通信大手Verizon、 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】シーメンスとイラク政府、エネルギー・電力事業分野での協力に合意

Facebook Twitter Google+

 総合電機世界大手の独シーメンスは3月24日、イラク政府との間で、石油・ガス設備の近代化を共同で実施する覚書(MoU)を締結した。今後、イラクのエネルギー省、石油・ガス省と連携し、パワーミックス(複数の発電方法を混合させる手法)を含めた発電整備と送電網インフラを開発していく。  また今回の覚書の中で、将来に渡り発電および石油・ガスの分野でさらなる協力を行っていくことでも合意し、特にインフラ強化のための資金調達の枠組みについても今後整備 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ユナイテッド航空、バイオ燃料による定期便運航を米西海岸路線で開始

Facebook Twitter Google+

 米航空大手のユナイテッド航空は3月11日、ハネウェル・グリーン・ジェット燃料というバイオ燃料を使用した初めての民間航空便を、ロサンゼルス―サンフランシスコ間で運航させたと発表した。  今回使用されているジェット燃料は、シアトルに本社を置く持続可能なジェット燃料及びディーゼル燃料を精製するAltAir社が開発したもの。カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のパラマウントで休止中だった石油精製施設を利用した工場設備でジェット燃料の生産を行って [...]

» 続きを読む

【オランダ】フィリップス、環境配慮型製品の売上比率が全体の54%に上昇

Facebook Twitter Google+

 電機・家電製品大手のフィリップスは2月23日、2015年のサステナビリティ活動の進展状況を公表し、環境配慮型製品の売上が130億ユーロとなり、売上全体の54%に達したことを明らかにした。同社は2015年、4億9500万ユーロを環境分野のイノベーションに投資し、炭素排出量を前年比で7%削減することに成功したという。  具体的な取り組みとしては、廃棄素材のリサイクル率を前年の80%から83%まで高めたほか、製品ポートフォリオ全体において [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フォード、自動車メーカーとして初となるEICCへの加盟を発表

Facebook Twitter Google+

 米自動車大手のフォードは2月24日、サプライチェーンにおけるCSR強化の一環として、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition:電子業界行動規範)に加盟すると発表した。EICCへの加盟は自動車メーカーとしては初となり、サプライヤーの人権や労働環境といった面でフォードのCSR方針の実現を後押しする。  EICCは電子業界のサプライチェーンにおける社会的責任、労働環境の改善、環境責任の向 [...]

» 続きを読む

【中国】中国版RoHS指令を改正。対象商品を大規模に拡大。今年7月から施行

Facebook Twitter Google+

 工業情報化部、国家発展改革委員会、科学技術部、財政部、環境保護部、商務部、海関総署、国家品質監督検査検疫総局は2016年1月6日、共同で発表を行い、「中国版RoHS指令」の改正法を公布した。今回公布されたのは「電気電子産品有害物質制限使用管理弁法」。中国が2006年2月に公布、2007年3月に第一段階が発行した「電子情報製品生産汚染防止管理弁法」は電気産品の特定有害物質の使用制限を規定するもので、「中国版RoHS指令」と呼ばれてきた [...]

» 続きを読む

【国際】2050年までに、海洋には魚よりも廃棄プラスチックのほうが多くなる

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラムと循環型経済を推進するエレン・マッカーサー財団は1月19日、ナレッジパートナーのマッキンゼー&カンパニーの協力のもと、持続可能な循環型のプラスチック生産・消費の実現に向けた報告書、"The New Plastics Economy: Rethinking the Future of Plastics"を公表した。同報告書は、「循環型経済」という新たな経済システムに基づき、現在のプラスチック包装の世界全体におけるライ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Gap、2020年までに2015年比で温室効果ガス排出を50%削減へ

Facebook Twitter Google+

 米アパレル大手のGapは1月21日、2020年までに世界中の自社工場および施設から排出される温室効果ガス排出量を2015年比で50%削減するという野心的な新目標を公表した。これは、昨年12月に気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択されたパリ合意を踏まえてのものだ。  この新たな目標は同社のグローバルサステナビリティ報告書、"Our Futures are Woven Together"の中で公表されたものだ。同報告書 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る