【ベトナム】サイゴンコープ、5月からプラスチック製ストローの販売禁止。同国小売大手で初

Facebook Twitter Google+

 ベトナム小売大手サイゴンコープ(Saigon co.op)は4月10日、プラスチック製使い捨てストローの販売を5月から全店舗で中止すると発表した。飲料にくっついているストローも除去する。ベトナム大手小売でプラスチックストロー販売を禁止するのは同社が初。今後は、紙製や米粉製、ステンレス製、ガラス製等に切り替える。施設内に入っている他の小売店にもプラスチックストローの販売を最小限にするよう要請する。  国連環境計画(UNEP)によると、 [...]

» 続きを読む

【イギリス】環境チャリティHubbub、紙コップ・リサイクル・フロー確立のアイデア募集。助成金交付

Facebook Twitter Google+

 英環境チャリティ団体Hubbubは4月11日、紙コップのリサイクル推進プログラム「Cup Fund」を発足した。使用済紙コップの回収フロー確立に関する取り組みの応募を募り、500万ポンドから1,000万ポンドを助成する。  Hubbubによると、英国では過去2年間、紙コップリサイクルの設備能力強化が実施され、現在は英国全土の紙コップをリサイクル能力はあるという。但し、紙コップは、熱い飲物の漏出を防ぐためにプラスチック加工がされており [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マクドナルド、最賃引き上げ阻止キャンペーンからの撤退発表。議論歓迎

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは3月26日、全米最大食サービス業界団体の全米レストラン協会に対し、今後連邦と地方の双方において最低賃金アップに反対するキャンペーンに参加せず、最低賃金に関する議論を進めるべきとする書簡を送った。但し、外食業界だけでなく、全業界が平等に扱われるべきという考えも示した。米紙Politicoが同日、報じた。  米国では2019年から全米19州で最低賃金が引き上げられた。昨年10月には、マクドナルドを [...]

» 続きを読む

【イギリス】テスコ、野菜・果物のラップ包装なし販売を2店舗で試験導入。プラ削減の一環

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月25日、英2店舗で野菜と果物をラッピングせずバラ売りのみにする試験的運用を開始した。プラスチック包装をしないで運用できるか実験する。プラスチック削減の一環。  今回の実験は、ワットフォードとスウィンドンの店舗で実施。これまで、りんご、マッシュルーム、とうがらし、にんにく、バナナ、アボガド等45品目を包装売りしていた。実験中は、顧客の反応を観察するとともに、アンケート調査も実施する。  テスコはすでにプラスチック [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス株主、マグカップ等での飲料提供割合25%以上の提案に44.5%が賛成

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは、3月下旬に開催された株主総会で、飲料カップの25%以上をマグカップ等の何度も使えるものにし、使い捨てカップもリサイクルするよう求める株主提案に44.5%が賛成した。昨年にも同様の株主提案があったが賛成は29%で、今年は大きく増加した。米ESG投資推進NGOのAs You Sowが3月27日、発表した。  スターバックスは2008年、2015年までに飲料カップの25%以上をマグカップ等で提供 [...]

» 続きを読む

【日本】セブン-イレブン、相模原のレタス植物工場でSignifyのLED電球を採用。ビタミン含有量増

Facebook Twitter Google+

 電球世界大手蘭Signify(旧フィリップスライティング)は3月25日、セブン-イレブン・ジャパンの植物工場連結会社プライムデリカが、同社の相模原のセブン―イレブン専用野菜工場でLED「グリーンパワーLED」を採用したと発表した。神奈川県や東京都の約2千店で販売するサラダに使う高品質レタスの育成促進に用いる。  相模原工場は2019年1月に稼働開始し、高品質のレタス、ほうれん草、パクチー等を一年中自動栽培している。日量の生産量は3, [...]

» 続きを読む

【イギリス】英綱領審判官、Co-opのサプライヤー対応で食品雑貨サプライ行動綱領違反を認定

Facebook Twitter Google+

 英綱領審判官(GCA)は3月25日、英生協Co-op(コープ)に対し、「食品雑貨サプライ行動綱領(GSCOP)」に違反したとして是正を勧告した。サプライヤーに対し、急に契約解除を通知したり、一方的に契約変更を通知していいる事実が、サプライヤーに対して十分な対応時間を与えるとしている同綱領に違反すると判断した。  グロッサリー・サプライ行動綱領は、サプライヤーに対する不当な力の行使を抑制するため、英競争委員会が2010年2月に策定。食 [...]

» 続きを読む

【日本】コンビニに深刻な人手不足で24時間営業に懸念。経産省が行動計画要請へ

Facebook Twitter Google+

 世耕弘成経済産業相は3月26日、コンビニエンスストアで人手不足が深刻になっている問題で、大手4社に行動計画を要請する方針を発表した。対象は、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ。2月27日、コンビニエンスストアオーナー等で構成する「コンビニ加盟店ユニオン」がセブン-イレブン・ジャパンに団体交渉を申し入れるなど、24時間営業に悲鳴をあげる店舗が増えてきている。  今回の件は、大阪府のセブン-イレブン東大阪南上小阪 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】CVSヘルス、82大学に総額1.5億円を助成。電子たばこ含めキャンパスを全面禁煙に

Facebook Twitter Google+

 ドラッグストア世界大手米CVSヘルスは3月19日、CVSヘルス財団を通じて、全米82大学に対し、キャンパスを電子たばこを含め全面禁煙にするための助成金総額140万米ドル(約1.5億円)を提供すると発表した。健康的なコミュニティを形成していくコミットメントの一環。アメリカがん協会やNGOのTruth Initiativeとも連携する。  82大学には、デューク大学、ダートマス大学、ハワイ大学、インディアナ州立大学、ニューハンプシャー大 [...]

» 続きを読む

【日本】京急グループ、プラスチック製ストローを生分解性プラに全面切替。三菱ケミカル製

Facebook Twitter Google+

 京浜急行電鉄(京急電鉄)は3月25日、同社を中核とする京急グループ各社で4月1日から、プラスチック製ストローを植物由来の生分解性プラスチックに全面的に切り替えると発表した。三菱ケミカルの「BioPBS」を採用する。  京急電鉄は、2月に神奈川県の「かながわプラごみゼロ宣言」に県内に事業所がある京急グループ全社が賛同。神奈川県内の主要駅にて、オリジナルエコバッグの配布を行う等の啓発活動を実施してきた。今回の取り組みは「プラごみ削減運動 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る