【メキシコ】メキシコシティ市、ビニール袋やプラスチック製食器の提供・販売を全面禁止

Facebook Twitter Google+

 メキシコ首都のメキシコシティ市議会は5月9日、市内でのビニール袋、プラスチック製食器(ストロー含む)等の使い捨てプラスチック製品を消費者に提供または販売することを禁止する条例を、賛成51、反対0、棄権1で可決。同法が成立した。使い捨てビニール袋の禁止は2020年12月から、その他の使い捨てプラスチック製品の禁止は2021年1月から施行される。堆肥化可能なプラスチックは引き続き提供・販売できる。ペットボトルも対象外。  メキシコシテ [...]

» 続きを読む

【日本】セブン&アイ、2030年までにプラ製レジ袋全廃。食品廃棄物も2050年までに80%削減し全量リサイクル

Facebook Twitter Google+

 セブン&アイ・ホールディングスは5月8日、同グループの2050年までの環境目標を記した「GREEN CHALLENGE 2050」を発表。2030年までにプラスチック製レジ袋を廃止し、紙等の持続可能な天然素材に切り替えるとともに、オリジナル商品で使用するプラスチックや紙の容器も、植物由来や生分解性、再生プラスチックや再生紙等の環境配慮型素材の使用割合を2030年までに50%に、2050年まで100%にまで高めることを打ち出した。   [...]

» 続きを読む

【イギリス】セインズベリー、洋服やキャベツのプラスチック包装廃止。濃色ビニール袋も全廃

Facebook Twitter Google+

 英小売大手セインズベリーは4月30日、プラスチック廃棄物削減やプラスチック・リサイクルで新たな取組を発表した。リサイクルが難しい濃色ビニール袋の使用を2020年3月までに全廃するとともに、今冬のクリスマスシーズンのクラッカー商品でもプラスチック包装をやめる。また、同日から、スイートハート・キャベツとサボイ・キャベツの2種類でもプラスチック包装をやめた。  セインズベリーは、以前から不要なプラスチック包装を削減するとともに、使用してい [...]

» 続きを読む

【日本】コンビニ大手3社やポプラ、人手不足対策「行動計画」発表。加盟店負担削減や外国人採用補助等

Facebook Twitter Google+

 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア大手3社は4月25日、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の人手不足等の是正に向けた行動計画を発表した。世耕弘成経済産業相が3月26日、4社に対し自主的に行動計画を発表するよう要請していた。 【参考】【日本】コンビニに深刻な人手不足で24時間営業に懸念。経産省が行動計画要請へ(2019年3月28日)  セブン-イレブンは、行動計画の中で、24時間営業をしない実証実験を [...]

» 続きを読む

【国際】CGF、自然冷媒(ノンフロン)推進で報告書発表。省エネ効果、投資対効果等の事例分析

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は4月22日、ベルギー自然冷媒大手sheccoと連携し、オゾン層を破壊しない代替フロンの一つだが、温室効果影響をが大きいハイドロフルオロカーボン(HFC)を使用しない自然冷媒による冷蔵冷房を用いた気候変動対策についての報告書を発行した。  現在、HFCは、二酸化炭素と同じく温室効果ガスとして認識されており、冷蔵冷蔵設備からの自然漏洩が気候 [...]

» 続きを読む

【国際】HSBC、サステナビリティを向上したウォルマートのサプライヤーに好条件融資提供

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手英HSBCと小売世界大手米ウォルマートは4月18日、環境サステナビリティを向上させたウォルマートのサプライヤーに対し、HSBCが好条件のファイナンスを提供するプログラムを発表した。  サプライヤーのサステナビリティマネジメントのレベルは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】PRI、56の機関投資家が投資先企業や銀行にRSPO加盟要請。運用資産総額880兆円

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月3日、機関投資家56機関、合計運用資産総額7.9兆米ドル(約880兆円)が、パーム油関連企業に対しサプライチェーンを通じて持続可能なパーム油生産を追求するよう求める共同声明を発表した。特に、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)が2018年11月に改定したRSPO認証基準にコミットするよう求めた。 【参考】【国際】パーム油RSPO総会、加盟機関が遵守義務を負うRSPO基準改定。環境・人権基準強 [...]

» 続きを読む

【日本】セブン&アイHD、セブンカフェで生分解性プラスチック導入。カネカPHBH

Facebook Twitter Google+

 セブン&アイ・ホールディングスは4月15日、2019年秋頃からセブン-イレブン等で販売する「セブンカフェ」用のストローを生分解性プラスチックを導入すると発表した。全面切り替えか、一部導入かは、プレスリリースでは明かさなかった。製品は、カネカの「カネカ生分解性ポリマーPHBH」を採用した。  PHBHは、海水中で生分解する。原料は、微生物が植物油を摂取しポリマーとして体内に蓄えたものを抽出したもの。微生物を培養して生産され、自然界で微 [...]

» 続きを読む

【イギリス】マクドナルド、制服や店舗清掃具から脂肪成分回収しバイオ燃料に。Mieleと共同開発

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは4月11日、英国全1,300店舗からの清掃過程で生じる廃水に含まれる脂肪成分を削減し、排水路で脂肪の塊を発生させることを防止する取組を、産業用洗浄機大手Mieleと協働すると発表した。排水路は地方政府の管理下だが、脂肪の塊は水路を詰まらせる原因となる。回収した脂肪成分は車両用のバイオ燃料として活用し、バイオ燃料を20%増加する。  マクドナルドから排出されている脂肪成分は、直接排水口に流されて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、再利用レジ袋設置。ポリエステル及び綿調達でも長期目標設定

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは4月10日、米国店舗でのレジカウンターに、使い捨てビニール袋を置くだけでなく、再利用可能な袋を販売すると発表した。再利用可能な袋はリサイクル素材製。これにより、プラスチック廃棄物の削減を目指す。  ウォルマートは2月に製品のプラスチック容器・包装を削減する取り組みを発表。今回の再利用可能な袋の設置はそれに続くプラスチック廃棄物削減施策となる。 【参照ページ】【アメリカ】ウォルマート、PB商品で大規模なプラ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る