【中国】アップル、WWFと協働して中国の100万エーカーの森林保護を発表

Facebook Twitter Google+

 米アップルは5月10日、世界自然保護基金(以下、WWF)と協働して、木材の生産量、消費量ともに世界一の中国において森林100万エーカーを購入し、紙や木材の持続可能な調達に向けて森林を保護・管理する5年間のプロジェクトを実施すると発表した。中国では増え続ける紙需要に応えつつ、より少ない土地、水で紙を生産し、環境への負荷を削減する取り組みが徐々に広まりつつあるが、今回のアップルとWWFの提携により、中国における森林保護の動きはさらに加速 [...]

» 続きを読む

【国際】2030年までに世界の森林破壊の80%以上が11地域に集中。WWF調査。

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(以下、WWF)が発行しているLiving Forests Reportシリーズ最新号の調査報告によると、世界中で2030年までに 生じる森林破壊の80%以上は11カ所(うち10カ所は熱帯地域)に集中するという。現状のままでは、最悪の場合2010年から2030年の間に1億7千万ヘクタールの森林破壊が"Deforestation Fronts"(破壊前線)で起こる可能性がある。  この「破壊前線」は特に森林破壊が進行し [...]

» 続きを読む

【国際】Corporate Reporting Dialogue、企業報告の主要8フレームワークの俯瞰マップを公開

Facebook Twitter Google+

 企業報告に関する代表的なイニシアチブのCDP、GRI、CDSB、FASB、IASB、ISO、SASB、IIRCの8団体による共同組織、Corporate Reporting Dialogueは5月6日、各団体のフレームワークや基準、要求事項などを一覧で比較、俯瞰できるランドスケープマップを公開した。  Corporate Reporting Dialogueは、企業報告に関する複数の団体のフレームワークや基準の一貫性や比較性を高めて [...]

» 続きを読む

【オランダ】ハイネケンが仕掛けるユニークなデジタル・サステナビリティ・ストーリーテリング

Facebook Twitter Google+

 ビール醸造大手のハイネケンが、同社のサステナビリティに対する取り組みをより多くの消費者に知ってもらおうと、ソーシャルメディアなどを活用したユニークなデジタルキャンペーンを展開している。The Legendary 7と名付けられたキャンペーンは、消費者が楽しみながら同社のサステナビリティ活動について知ることができる参加型のキャンペーンだ。  ハイネケンは2020年までに主要な原材料の50%を持続可能な調達にすることを宣言しており、サプ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ディズニーリゾート、食品廃棄ゼロへの取り組みでEPAから表彰

Facebook Twitter Google+

 米国環境保護庁(以下、EPA)は4月28日、カルフォルニア州ロサンゼルスのディズニーリゾートを、食品廃棄ゼロを目指してEPAが展開しているプログラム、Food Recovery Challenge Awardにおいて米国内のテーマパークの中で最も優れた実績を挙げたとして表彰した。  EPAのFood Recovery Challengeは、企業らと提携して食品の廃棄を減らすためのキャンペーンプログラムで、食料品会社や教育機関、スポー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、自社の多様性データを開示。マイノリティ・女性比率に課題

Facebook Twitter Google+

 女性が活躍できる環境が十分整っていないという問題は日本社会に限った話ではない。IT大手のグーグルも、女性およびマイノリティの従業員数を増やす取り組みを積極的に進めているものの、未だに道のりは長い。グーグルは5月27日、自社の多様性に関するデータを開示した。  グーグルが開示したデータによると、同社の従業員は依然として白人・アジア系の男性が圧倒的多数を占めている。2015年1月時点のデータによると、米国の従業員構成は60%が白人で、3 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米国ロレアル、CO2排出量を57%を削減

Facebook Twitter Google+

 米国ロレアルは5月1日、同社のグローバルにおけるサステナビリティ推進プログラム"Sharing Beauty With All"の実績を発表した。2013年に発足した同プログラムは、大手化粧品ロレアルグループのサステナビリティへのコミットメントであり、2020年までにすべての商品が社会あるいは環境に恩恵をもたらすことを目指し、全サプライヤーに対して社会・環境面における実績で評価することなどを宣言している。今回発表されたのは、同グルー [...]

» 続きを読む

【国際】ハバス・メディア、人々の幸せに貢献するブランド「Meaning Brands 2015」を公表

Facebook Twitter Google+

 フランスのマーケティング・コミュニケーション大手のハバス・メディアは4月28日、人々の生活の質向上や幸福とブランドとのつながりについて示したグローバル調査、Meaningful Brandsの2015年度版を公開した。同ランキングは、ハバスが独自の手法に基づき人々の生活の質向上や幸福に貢献しているブランドを"Meaningful Brands"と定義し、世界34か国、12業界にまたがる1,000ブランド、300,000人の人々への調 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Chipotle、レストランチェーンで米国初となる遺伝子組み換え食品ゼロを実現

Facebook Twitter Google+

 米国の食品業界では、消費者の食の安全に対する懸念に対応するべく大胆な取り組みが進んでいる。メキシカン料理の"Chipotle"ブランドで知られる米ファーストフードチェーン大手のChipotile Mexican Grill社(以下CMG)は4月27日、米国の店舗で提供する全てのメニューから遺伝子組み換え食品(以下、GMOs)を取り除くという目標を達成したと発表した。  さらにCMGは現在、食品添加物を一切含まない新たなトルティーヤの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】セリーズ、大手食品会社らの水リスク対応力を評価したランキングを公表

Facebook Twitter Google+

 米国の大手食品会社らは、世界の水資源をより効率的に利用するために現在より遥かに厳格な基準に移行しなければならない。サステナビリティ分野のアドボカシーNPOのセリーズは5月7日、米国の大手食品会社37社の水リスク対応力を評価した報告書"Feeding Ourselves Thirsty: How the Food Sector is Managing Global Water Risks"を公表し、そう結論づけた。  同報告書によると [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る