【アラブ首長国連邦】1ヶ月で200万人が視聴。コカコーラが始めた新キャンペーン”Hello Happiness”

Facebook Twitter Google+

コカ・コーラがアラブ首長国連邦で展開しているキャンペーン「Hello Happiness」が、現地で大きな話題を呼んでいる。Youtubeでの紹介動画はすでに再生回数200万を突破、1万以上の「Good」をリリース後わずか1ヶ月で集めた。 キャンペーンの舞台はアラブ首長国連邦。このアラブの石油大国には、仕事を求めてインドなど南アジアから大量の移民労働者が到来。建設現場、工場、農場などで働いている。その数なんとインドからの移民だけで約1 [...]

» 続きを読む
2014/06/07 最新ニュース

【アメリカ】ユニリーバ、新キャンペーンで家庭でのサステナビリティ活動を後押し

Facebook Twitter Google+

日用品・食品大手ユニリーバは、長年にわたって続けているキャンペーン「ユニリーバ・プロジェクト・サンライト」の新たな取組みとして、子どもたちの楽観的な世界の見方をヒントにした活動「サマー・サンライト・アクティビティ」と、ショートフィルム「The Way Kids See It(子どもたちは世界をこう見ている)」を立ち上げた。 「サマー・サンライト・アクティビティ」は、2つのキャンペーンから構成される。1つ目は、「容器のリサイクルでバスル [...]

» 続きを読む

【アメリカ】J&J 製品ライフサイクル全般を見直すプロジェクトで大賞を受賞

Facebook Twitter Google+

Johnson & Johnsonは、サステナビリティ関連情報オンラインメディアであるEnvironmental Leaderから2013年度の「トップ・プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」に選定された。今回表彰されたのは、Johnson & Johnsonが2009年に立ち上げたEarthwards®というプロジェクト。プロジェクト専属チームが取り組んでいるのは、同社製品の環境および社会に対するインパクトを向上させるため [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米国環境保護庁、発電所からの大規模な温室効果ガス排出削減計画を発表

Facebook Twitter Google+

EPA(米国環境保護庁)は6月2日、既存の化石燃料発電所から生じる二酸化炭素排出量の大幅な削減を目的とする気候変動対策案"Clean Power Plan"を公表した。 化石燃料発電所から排出される温室効果ガスは米国における排出量全体の約3分の1を占めており、国内最大の二酸化炭素排出源となっている。現状、ヒ素や水銀、二酸化硫黄、窒素酸化物など一部の大気汚染物質には既に排出規制が設けられているが、二酸化炭素の排出量に関する国としての規制 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ホテル世界大手Wyndham Worldwide、ヒスパニック系団体からダイバシティー企業として表彰

Facebook Twitter Google+

ホテル業界世界大手のWyndham Worldwide社は、ヒスパニック企業責任協会(HACR)からヒスパニック系市民に対するダイバーシティーに貢献する企業として表彰された。同社が同賞を受賞するのは昨年に続き2回目。HACRは、毎年独自の企業包接性指数というものを用いてヒスパニック系に対するダイバーシティーを測定、評価している。対象項目は、雇用、調達、寄付、ガバナンス等多岐にわたり、ヒスパニック系社会に対して企業がどれだけ貢献している [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Colgate-Palmolive、環境保護庁からEnergy Star大賞を受賞

Facebook Twitter Google+

米環境保護庁が推進している環境保護プログラム「Energy Star」。温室効果ガス削減のためにエネルギー効率を上げる取り組みを進めるための認証制度や情報交換を行っており、加盟企業・団体は16,000にも及ぶ。米環境保護庁は、毎年最も「Energy Star」に貢献した企業を表彰しており、2014年の受賞者となったのは、消費財メーカー大手のColgate-Palmolive社だ。Colgate-Palmoliveは日本ではあまり知名度 [...]

» 続きを読む

【フランス】二酸化炭素回収・貯留技術に関する最新トレンドレポートが発行された

Facebook Twitter Google+

調査レポート検索ツールを提供するフランスのReportLinker社は、製造業での二酸化炭素削減に関する最新技術と、2025年までの技術ロードマップの研究成果をまとめたレポート"Moving toward Sustainability-Carbon Reduction Technologies in Industry (Technical Insights)"を発表した。レポートの中では、今後の二酸化炭素削減を左右する二酸化炭素回収貯 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】サプリメント大手、コーズマーケティング施策を拡大

Facebook Twitter Google+

天然ビタミン剤ブランドで全米トップの商品「Rainbow Light(R)」を有するRainbow Light Nutritional Systems社は、同社の新たなCSRプログラム「The Circle of Care」を発表した。同社は世界保健機関(WHO)ともパートナー契約を結んでいる有名企業で、新たなプログラムに対して関心が集まっている。新しく展開される「The Circle of Care」の中身は、同社が以前から実施して [...]

» 続きを読む

【アメリカ】太陽光発電の低価格化を進めるウォルマート

Facebook Twitter Google+

世界最大の小売業チェーンであるウォルマートは、バラク・オバマ大統領も出席したイベントで、2020年までに太陽光発電事業を2倍に拡大させると発表した。これは同社が進めるグローバル戦略の一環で、2020年末までに再生可能エネルギーの生産量を70億kWhまで拡大し、米国およびプエルトリコで同社が使用するエネルギーを100%再生可能エネルギーに転換するというもの。 ウォルマート社長兼CEOのBill Simon氏は、「エネルギー革新への投資は [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業協議会、連邦政府の水規制強化の動きを支持

Facebook Twitter Google+

全米で20万事業者以上が加盟している米American Sustainable Business Council(ASBC)は、アメリカ環境保護庁(EPA)の提唱している水の安全性を高める新たな規制を支持すると発表した。新たな規制では、クリーン・ウォーター連邦法のもとでアメリカ環境保護庁が規制権限を持つことを定めている。このニュースの革新性は、日本人は理解しづらいかもしれない。アメリカ国内で環境規制の中で起こっていた問題は、連邦政府と [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る