【イギリス】ユニリーバのCEOが語るサステナビリティへのコミットメント

Facebook Twitter Google+

本日ご紹介する動画は、ユニリーバのCEO、Paul Polman氏のインタビュー。こちらの動画は戦略コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーのウェブサイト上にある季刊コラムコーナーに同氏が寄稿している「Business, society, and the future of capitalism(企業、社会、そして資本主義の未来)」という記事に関連したインタビュー動画だ。 本編のコラム記事では、同氏の企業やビジネスに対す [...]

» 続きを読む
2014/05/21 最新ニュース

【アメリカ】コカコーラ、途上国100万人の子供に水を届ける計画を発表

Facebook Twitter Google+

コカ・コーラとWaterHealth International(WHI)社は、「水と子ども」(CWW)プログラムを通して「100万人の就学児童に安全な飲料水を届ける」という共同計画を発表した。2015年の終わりまでに、途上国の2000の学校に通う100万人の子どもたちに対し、5億リットルの安全な飲料水を提供することを目標としている。この飲料水はWHIによって設置・管理されたシステムを用いて浄水され、その設置は2014年5月から始まる [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米マクドナルド、対コミュニティ施策で教師にクーポン配布

Facebook Twitter Google+

米アリゾナ州のマクドナルドショップで、5月6日のTeacher Application Day(先生に感謝の気持ちを伝える日)に、州全体の教師への感謝を込めてキャンペーンを実施した。各地のマクドナルドショップで、朝5時から夜の8時までの時間帯に学校のIDを見せた教師に対し、追加のバリューセットを無料で提供した。さらに、アリゾナの全マクドナルドショップで、先着100人の教師には8月末まで使えるドリンク券をプレゼントした。昨年、アリゾナの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米消費者、食品の健康性と地域産品に高い関心

Facebook Twitter Google+

米広告代理店のCone Communicationsの最近の調査によると、アメリカの消費者は食糧品の購入時に食品の健康性を大きく考慮していることがわかった。Cone Communicationsは広告代理店グループ世界大手のOmni Groupのグループ会社で消費財、CSRなどの分野のPRを専門にしている。調査では、18歳以上のアメリカ人男性500人、同女性503人が回答。信頼度は95%。調査ではアメリカ人の食糧品購買行動について幅広 [...]

» 続きを読む

【オランダ】「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」が牛肉流通の国際規格の草案発表

Facebook Twitter Google+

オランダに本部を置く国際的な業界団体「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」(GRSB)は、持続可能な牛肉食品に関する原則の草案を発表した。GRSBには世界の有数な牛肉食品関連企業・団体が多数参画。アメリカ、オーストラリアなどの牛肉生産者団体、米カーギルなど牛肉加工企業、マクドナルドやウォルマートなどの牛肉関連製品の小売企業、WWFなど国際機関が名を連ねる。今回発表された草案は、GRSBの参画企業が1年余りをかけて検討をし、外部専門 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オーガニック食品市場が成長。欧州、アジアでも同様の動き

Facebook Twitter Google+

アメリカでオーガニック食品業界が急成長している。投資家向け雑誌であるアメリカのMotley Foolは、先日「オーガニック食品業界が"買い"の5つの理由」(5 Reasons to Buy Into the Organic Market)と題する記事を発表。世界のオーガニック食品業界の市場動向について、アメリカの家庭のうち81%が自身の健康を考えてオーガニックフードを購入、オーガニック食品志向はヨーロッパ、インド、東南アジアでも進み、 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】「サステナビリティは長距離走」アディダスのサステナビリティ戦略を支える4つの柱

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、ドイツに本拠を置きグローバルで40,000人以上の従業員を抱えるスポーツ用品メーカー、Adidas AG(アディダス・グループ)のサステナビリティへの取り組み。アディダスは言わずと知れた世界を代表するスポーツ用品メーカーの一つだが、同社はサステナビリティ分野における先進企業としても知られている。 2014年にはカナダのCorporate Knights社が発表している"Global 100 Most Sustain [...]

» 続きを読む
2014/05/01 最新ニュース

【インド】Unileverの石鹸 子供の下痢発生を36%から5%に削減

Facebook Twitter Google+

Unileverの石鹸ブランド「Lifebuoy」は、インドのThesgoraで実施した手洗い促進キャンペーン「Help A Child Reach 5」の結果、衛生環境が改善され、子供の下痢の発生を36%から5%まで減少させたことが、調査でわかった。Help A Child Reach 5は、石鹸で手を洗う習慣を人々に浸透させて下痢などの病気の根絶を目指すキャンペーンで、劇的な変化は12歳以下の子供がいる1485の家族への調査で明ら [...]

» 続きを読む

【アメリカ】気候宣言 企業が政治家に対して気候変動への対応を要求

Facebook Twitter Google+

Appleなど、アメリカ・カリフォルニア州を拠点にしている120社以上の企業は、気候変動がもたらすビジネスチャンスを掴むため、連邦議会議員と州議会議員に対して行動を要求する宣言「気候宣言」に署名した。他に署名した企業は、太陽光発電設備を提供するSolarCityやSungevity、バイオ燃料を手がけるSapphire Energy、エコハウスメーカーのKB Homeの他、温室効果ガス排出量削減に取り組むサンディエゴ国際空港なども名を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】大手飲料メーカー 2020年に達成目指す新たな3つの目標

Facebook Twitter Google+

 アメリカの飲料メーカー大手Keurig Green Mountain社は、2013年度のサスティナビリティレポートの中で、2020年までの新たな目標を掲げた。  Keurig Green Mountainは新目標の設定にあたり、2012年に、社内外の120のステークホルダーを巻き込んだ膨大な重要性分析(マテリアリティ・アナリシス)を実施した。そのステークホルダー・エンゲージメントを通じて、次のような新目標を定めた。 サプライチェーン [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る