【アイルランド】運用KBIGI、新たなESGインフラストラクチャー投資戦略発表

Facebook Twitter Google+

 アイルランド資産運用KBI Global Investors(KBIGI)は11月8日、インフラストラクチャー・アセットクラスのESG投資戦略「Global Sustainable Infrastructure Strategy」を発表した。水、エネルギー、食品分野のインフラストラクチャー上場企業に投資する。目標配当利回り3.5%から4.5%。投資先地域、市場、セクターを分散しボラティリティを抑制する。  同戦略は長期投資型。今後、 [...]

» 続きを読む
2017/11/18 最新ニュース

【スイス】ネスレ、2025年までに世界中で卵原料を全て「ケージフリー卵」へ切り替え

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは11月2日、世界中の食品商品に使用する卵を全て2025年までに「ケージフリー卵」にすると発表した。玉子商品の他、卵粉、液状卵等、全ての卵加工品を含む。動物福祉の一環。ケージフリー卵とは、ケージ飼いされていない鶏が産んだ卵のこと。  達成時期は地域毎に異なる。欧州や米国では2020年末までに達成。それ以外の地域では2025年末を目標とする。欧州等一部地域では、使用卵のうち40%がすでにケージフリー卵となって [...]

» 続きを読む
2017/11/17 最新ニュース

【国際】森林保護Canopy、ビスコース繊維世界大手11社の森林保護ランキング公表

Facebook Twitter Google+

 カナダ森林保護NGOのCanogyは11月1日、ビスコース繊維原料の世界大手11社の森林保護ランキングレポート「Hot Button 2017」を公表した。レーヨン・ビスコース繊維は木材パルプを原料としている。ランキング発表は2016年に開始され、今回が2回目。Canopyの活動は、リーバイ・ストラウス、H&M、マークス&スペンサー、ZARA展開のインディテックス等も協力している。同ランキングは、世界アパレルブランド、小売、デザイナ [...]

» 続きを読む
2017/11/15 最新ニュース

【西ヨーロッパ】コカ・コーラ、新サステナビリティ目標設定。再エネ、容器リサイクル、糖分カット等

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手米コカ・コーラ・カンパニーと同社の西ヨーロッパのボトリングパートナー、英コカ・コーラ・ヨーロッパ・パートナーシップ(CCEP)は11月6日、西ヨーロッパ地域でのサステナビリティ・アクション・プラン「This is forward」を共同で発表した。コカ・コーラ・ヨーロッパ・パートナーシップは2016年5月に西ヨーロッパのボトラーだった米コカ・コーラ・エンタープライズ、スペインのコカ・コーラ・イベリアンパートナーズ、ドイ [...]

» 続きを読む
2017/11/13 最新ニュース

【デンマーク】食品添加物クリスチャン・ハンセン、売上81%がSDGsに貢献と発表

Facebook Twitter Google+

 食品添加物世界大手デンマークのクリスチャン・ハンセン(Chr. Hansen)は11月1日、2017年度のサステナビリティ報告書を発表し、同社売上の81%が国連持続可能な開発目標(SDGs)に直接的に貢献しているいう分析結果を発表した。貢献している目標分野は、SDGsの目標2「飢餓をゼロに」、目標3「全ての人に健康と福祉を」、目標12「つくる責任、つかう責任」の位置づけた。  同社は分析のため、3,000種以上ある全商品について、S [...]

» 続きを読む
2017/11/12 最新ニュース

【マレーシア】パーム油大手IOIグループ、人権・労働方針を改訂。第三者監視機関が遵守状況チェック

Facebook Twitter Google+

 マレーシアの巨大財閥IOIグループは10月31日、今年6月に発表した「職場の人権方針」改訂作業が完了したと発表した。IOIグループは森林破壊への関与が指摘された結果、2016年3月に持続可能なパーム油認証団体NGO「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」からRSPO認証停止処分を受けた。その後、対策として、2016年8月に持続可能なパーム油生産方針「Sustainable Palm Oil Policy」とアクションプラン [...]

» 続きを読む
2017/11/12 最新ニュース

【国際】漁業認証MSC、世界漁業水揚量に占める割合が12%に向上。今後も増加見込み

Facebook Twitter Google+

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は10月18日、2017年度の年次報告書を発表。今年はMSC創設20週年。年次報告書には、20年間の道のりと今後の展望に関する内容も盛り込んだ。 (出所)MSC  MSC認証には、漁業事業者が対象の「漁業認証」と加工・流通事業者が対象の「CoC認証」の二つがある。昨年度の漁業認証新規取得事業者は49。これにより漁業認証取得事業者数は34ヶ国315事業者となり、世界の漁業水揚量全体に占める割合 [...]

» 続きを読む
2017/10/31 最新ニュース

【国際】世界アパレル大手複数、サステナブル・コットン100%や再生ポリエステル利用を宣言

Facebook Twitter Google+

 アパレル業界サステナビリティ推進NGOのTextile Exchangeは10月11日、今年の年次総会「2017 Textile Exchange Sustainability Conference」を米メリーランド州・ポトマックで開催。アディダス、ティンバーランド、バーバリー、カトマンドゥ等アパレル世界大手23社が、2025年までに綿を100%サステナブル・コットンに切り替えると宣言した。これにより、2025年までに100%サステ [...]

» 続きを読む
2017/10/27 最新ニュース

【国際】UNEPと国際稲研究所、世界のコメ農家の気候変動対応で提携

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)と農林水産業の技術発展推進国際機関・国際農業研究協議グループ(CGIAR)傘下の国際稲研究所(IRRI)は10月3日、持続可能な稲作を推進する新たなパートナーシップを締結した。覚書によると、気候変動に対応できる稲作のベストプラクティス展開、特に発展途上国の小規模農家のニーズに応えられるプラクティスに焦点を当てる。  両機関は2008年、政府、企業、研究機関、地域団体が参加する稲作協働推進イニシアチブ「Sust [...]

» 続きを読む
2017/10/25 最新ニュース

【ドイツ】バイエル、BASFに遺伝子組換え種子と除草剤事業を売却。モンサント買収成功が条件

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは10月13日、同業独バイエルから除草剤グルホシネートアンモニウム事業と種子事業の一部を59億ユーロ(約7,800億円)で買収すると発表した。バイエルは、2016年9月に米モンサントを企業買収することで合意しているが、欧州委員会によるEU競争法上の承認取得が難航している。バイエルは今回、モンサント買収が成功することを条件にBASFに一部事業を売却することで、独占への懸念を緩和する考え。  バイエルのモンサント買 [...]

» 続きを読む
2017/10/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る