【ドイツ】アディダス、100%リサイクル再生産可能なランニングシューズ開発。廃プラ削減対策

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手独アディダスは4月17日、100%リサイクルできるランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」を発表した。プラスチック問題に対処するため、使用済のランニングシューズを分解し新しいランニングシューズを生産することを可能にした。初代製品は世界中200人のクリエーターで履き潰して回収するベータ実験を行い、2021年春夏シリーズで商業展開する予定。  アディダスは、2015年に海洋プラスチックを回収して素材化した機 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、56の機関投資家が投資先企業や銀行にRSPO加盟要請。運用資産総額880兆円

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月3日、機関投資家56機関、合計運用資産総額7.9兆米ドル(約880兆円)が、パーム油関連企業に対しサプライチェーンを通じて持続可能なパーム油生産を追求するよう求める共同声明を発表した。特に、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)が2018年11月に改定したRSPO認証基準にコミットするよう求めた。 【参考】【国際】パーム油RSPO総会、加盟機関が遵守義務を負うRSPO基準改定。環境・人権基準強 [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本金融推進NCFA、農業融資の自然資本リスクアセスメント実践ガイダンス発表

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野の国際金融業界団体「Natural Capital Finance Alliance(NCFA)」は4月15日、農業向けの自然資本信用リスクアセスメントの実践ガイダンス「Natural Capital Credit Risk Assessment in Agricultural Lending」をリリースした。農業に対しては、気候変動や人間による生態系破壊の影響が年々増加しており、これへの対応を大きく念頭に置いている。 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ディアジオ、缶パック販売でのプラスチック梱包を紙製に切り替え。プラ使用量削減

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオは4月15日、主力製品のギネス、Harp、Rockshore、Smithwick’s製品の缶パック販売で、プラスチック製の梱包材を使うことを止め、100%リサイクル可能で生分解性のあるダンボール素材に切り替えると発表した。8月からアイルランドで導入し、英国含む他の市場では2020年から導入する。現在同社の梱包素材のうちプラスチックは5%。今回プラスチック使用削減の一環として使用をやめることで年間400tのプラ [...]

» 続きを読む

【イギリス】マクドナルド、制服や店舗清掃具から脂肪成分回収しバイオ燃料に。Mieleと共同開発

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは4月11日、英国全1,300店舗からの清掃過程で生じる廃水に含まれる脂肪成分を削減し、排水路で脂肪の塊を発生させることを防止する取組を、産業用洗浄機大手Mieleと協働すると発表した。排水路は地方政府の管理下だが、脂肪の塊は水路を詰まらせる原因となる。回収した脂肪成分は車両用のバイオ燃料として活用し、バイオ燃料を20%増加する。  マクドナルドから排出されている脂肪成分は、直接排水口に流されて [...]

» 続きを読む

【日本】環境省と農水省、2016年度食品廃棄物推計値発表。半減目標には程遠く

Facebook Twitter Google+

 環境省と農林水産省は4月12日、食品リサイクル法に基づく事業者からの報告等を基に、2016年度の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値を発表した。食品廃棄物等は約2,759万t、このうち本来食べられるにも関わらず捨てられた「食品ロス」は約643万tだった。 (出所)環境省  環境省と農林水産省は現在、新たな基本方針の見直しを行っており、食品ロスを2030年度までに2000年度比50%削減するという目標の設定で動いている。過去推移で [...]

» 続きを読む

【スイス】グリーンピース、ネスレに対し使い捨てプラスチック禁止キャンペーン開始

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのグリーンピースは4月12日、ネスレに対し、使い捨てプラスチックの使用停止を求めるキャンペーンを開始した。グリーンピースは、ネスレが一部取組を開始したことは評価しているが、意味のある削減計画を掲げるよう要求している。  グリーンピースは、大手企業が使い捨てプラスチック削減に本腰を上げることが重要だと鑑み、アクションを展開。キャンペーンで集まった声を直接ネスレのCEOに送る予定。 【参照ページ】Nestlé: Stop [...]

» 続きを読む

【日本・韓国】WTO上級委、福島原発事故後の韓国の水産物輸入禁止措置について韓国側勝訴

Facebook Twitter Google+

 世界貿易機関(WTO)の上級委員会は4月11日、日本が韓国を相手取り起こした福島第一原子力発電所事故を理由とする水産物輸入禁止事案で被告である韓国政府側の措置を打倒する最終判決を下した。第一審のパネルでは日本側が勝訴していたが逆転判決となった。上級委員会の判断は、手続き上「紛争解決機関(DSB)」で採択されて確定するが、小委員会の判断のまま採択されることになっている。  韓国は福島第一原子力発電所事故の後、放射性物質の漏出を理由とし [...]

» 続きを読む

【北米】ユニリーバ・ノースアメリカ、プラ容器の再生素材割合を2019年末までに50%に向上

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバの北米子会社ユニリーバ・ノースアメリカは4月10日、プラスチックを含む包装・容器全般について新たなコミットメントを発表した。  まず、プラスチック容器・包装素材について、2019年までに使用済みリサイクル素材の使用割合を50%に高める。また、2021年までにリサイクル方法を記したラベル「How2Recycle」を全パッケージに表示する。ウォルマートが展開する消費者へのリサイクル教育プログラム「Bring [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、再利用レジ袋設置。ポリエステル及び綿調達でも長期目標設定

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは4月10日、米国店舗でのレジカウンターに、使い捨てビニール袋を置くだけでなく、再利用可能な袋を販売すると発表した。再利用可能な袋はリサイクル素材製。これにより、プラスチック廃棄物の削減を目指す。  ウォルマートは2月に製品のプラスチック容器・包装を削減する取り組みを発表。今回の再利用可能な袋の設置はそれに続くプラスチック廃棄物削減施策となる。 【参照ページ】【アメリカ】ウォルマート、PB商品で大規模なプラ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る