private 【イギリス】グローバル企業は人権デューデリ法の制定を望んでいる。英国際法・比較法研究所調査

Facebook Twitter Google+

 英国際法・比較法研究所(BIICL)は2月11日、英国での人権デューデリジェンス法導入に向けた検討事項に関する分析報告書を発表した。企業関係者に実施した匿名アンケート結果とともに、弁護士、企業専門家、NGOの3方向からの意見も集め、現状と提言をまとまた。  今回の企業調査では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】環境NGO、森林破壊防止未整備の企業・金融機関242社発表。読売新聞等日本企業も多数

Facebook Twitter Google+

英環境NGOグローバル・キャノピーは2月12日、企業や金融機関の森林破壊への間接関与を分析した年次報告書の2020年版を発表した。日本企業も多数が森林破壊防止の対応ができていないとして対応を要求した。  2010年以降、グローバル企業や金融機関から、2020年までにサプライチェーンから森林伐採を一切なくす「森林破壊ゼロ」を自主宣言することが増えたため、グローバル・キャンピーは2014年から毎年モニタリング・レポートを発表している。   [...]

» 続きを読む

private 【デンマーク】カールスバーグ、4年間でCO2を30%減。石炭火力から再エネへの転換が奏功

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは2月7日、二酸化炭素排出量を2015年比30%まで削減し、同社サステナビリティ目標「Together Towards Zero」に向け順調に進捗していると発表した。  同社は2020年までに、100%再生可能エネルギーでの調達を行う目標を掲げており、現時点では電力利用56%、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ヒューマンライツ・ナウ、総合商社7社の人権対応アンケート結果公表。国際水準から遅れ

Facebook Twitter Google+

 日本の人権NGOのヒューマンライツ・ナウ(HRN)は2月13日、総合商社7社対して実施した人権対応アンケートの結果を発表。国際水準から大きく立ち遅れていると批判した。  今回対象となったのは、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商の7社。全社から回答を得た。HRNは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【デンマーク】アーステッド、スコープ3含む2040年までのカーボンニュートラル目標発表。電力世界初

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手アーステッドは1月30日、2025年までにスコープ1で、2040年までにスコープ2とスコープ3を含めた全体で、二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現すると発表した。同目標は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】機関投資家1200兆円、ファーストフード大手6社に畜産の気候変動・水対応要求。FAIRRとCeres主導

Facebook Twitter Google+

 米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeresと機関投資家の畜産業関連イニシアチブ「Farm Animal Investment Risk and Return(FAIRR)」は1月27日、ファーストフード大手6社を対象に、肉と乳製品のサプライチェーンに関する気候変動及び水リスク対策を査定した結果を発表した。同査定は昨年も実施されており、今回が2回目。同イニシアチブに参加している機関投資家の運用資産総額は11.4兆米ドル(約1,20 [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、世界経済44兆米ドルが生態系サービスに依存。自然保護必要性で警鐘

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月19日、監査法人世界大手PwCと協働で、ビジネスの森林依存度と影響をまとめた報告書「The New Nature Economy Repor」を発表した。163セクターとそのサプライチェーンを分析。受粉、水質、疾病管理等の生態系サービスに「中程度」または「非常に」依存する企業は、従来の想定以上に多いとした。経済規模にして44兆米ドル、世界GDPの約半分が、自然破壊により大きな影響を受けるという。   [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、IFAD、ラボバンク、「食品アクション同盟」発足。企業・国際機関で連携

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)、国連の国際農業開発基金(IFAD)、蘭銀行大手ラボバンクの3者は1月22日、食料の生産・供給・消費のあり方についての変革を目指すイニシアチブ「食料アクション同盟(FAA)」を発足したと発表した。食料のサステナビリティ、アクセス、生産性改善を強化していく。企業や国際機関がすでにパートナーとして参画した。  今後の世界の食糧事情としては、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、バッテリー・サプライチェーンで10指導原則策定。42機関署名。日本はホンダのみ

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)の「世界バッテリー連合(Global Battery Alliance)」は1月23日、2030年までにバッテリーのサプライチェーンのサステナビリティを実現するための10指導原則を発表した。42の企業、国際機関、国際NGOが署名した。 【参考】【国際】世界経済フォーラム、気候変動とバッテリー産業のレポートを発表。リサイクル促進や人権強化も提言(2019年9月23日)  今回の指導原則策定は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る