【デンマーク】食品添加物クリスチャン・ハンセン、売上81%がSDGsに貢献と発表

Facebook Twitter Google+

 食品添加物世界大手デンマークのクリスチャン・ハンセン(Chr. Hansen)は11月1日、2017年度のサステナビリティ報告書を発表し、同社売上の81%が国連持続可能な開発目標(SDGs)に直接的に貢献しているいう分析結果を発表した。貢献している目標分野は、SDGsの目標2「飢餓をゼロに」、目標3「全ての人に健康と福祉を」、目標12「つくる責任、つかう責任」の位置づけた。  同社は分析のため、3,000種以上ある全商品について、S [...]

» 続きを読む
2017/11/12 最新ニュース

【日本】イオン、食品分野の国際サステナビリティ認証取得を強化。GSSIにも参画

Facebook Twitter Google+

 イオンは10月27日、持続可能な水産物の普及に向けて取り組む機関である「世界水産物持続可能性イニシアチブ(GSSI)に参画したと発表した。アジアの小売業の参画はイオンが初。  GSSIは、政府、水産事業者、NGO、国際機関、専門家等が参加している水産資源分野の国際プラットフォーム。世界的に水産資源分野のサステナビリティ認証が乱立する中、あるべき認証スキームを確立するため、ドイツ政府の強い後押しを受け2013年に設立された。発足時は1 [...]

» 続きを読む
2017/11/08 最新ニュース

【イギリス】内務省、英国現代奴隷法の実践ガイドを改訂。企業への報告要望レベルを強化

Facebook Twitter Google+

 英内務省は10月4日、2015年英国現代奴隷法に基づき発行されている、企業やサプライチェーンにおける奴隷労働や人身取引の確実な防止対策に向けたガイダンスを改訂し、新たに「Transparency in Supply Chains etc. A practical guide(サプライチェーン等の透明性:実践ガイド)」を発表した。  新ガイダンスでは、児童労働の定義を明確化し、ILOの定義を基に「12歳未満の児童によるあらゆる経済活動 [...]

» 続きを読む
2017/10/23 最新ニュース

【スウェーデン】ESG投資推進GESと60の機関投資家、チョコレート産業に児童労働撲滅要請

Facebook Twitter Google+

 スウェーデンのESG投資推進企業GESは10月3日、チョコレートのサプライチェーンにおける児童労働撲滅に関するレポート「Combatting child labor -Investor expectations and corporate good practice」を発表した。同レポートは一般公開された上、チョコレート製造企業や業界のステークホルダーにも送付された。GESは1992年に設立され、今年で25周年を迎える。  同レポー [...]

» 続きを読む
2017/10/18 最新ニュース

【アメリカ】ターゲット、2022年までにサステナブル・コットン100%を実現。宇宙技術も活用

Facebook Twitter Google+

 米小売大手ターゲットは10月4日、アパレル製品、家具、生活用品のPB商品および同社向け限定商品に使われるコットンを、2022年までにサステナブル・コットン100%にすると発表した。そのため、コットン調達方針を新たに公表した。水生産性、化学肥料利用、土壌における環境負荷を低減し、労働環境の改善も実施する。ターゲットは全米でも有数の綿製品取扱企業。同社がサプライチェーン改善に乗り出したことは大きな影響力がある。  同社は2016年11月 [...]

» 続きを読む
2017/10/18 最新ニュース

【アメリカ】ベン&ジェリーズ、乳製品サプライチェーンの労働環境改善プログラム開始

Facebook Twitter Google+

 米アイスクリーム大手ベン&ジェリーズは10月3日、同社のニューイングランド地方の乳製品サプライチェーンで、労働者の人権保護と労働環境を改善するプログラム「Milk with Dignity Program」を開始すると発表した。人権NGOのMigrant Justiceと協働する。ベン&ジェリーズとMigrant Justiceは、過去2年間、農場労働者や経営者、乳製品流通業者を交えて、労働環境改善に向けた道筋について議論していた。 [...]

» 続きを読む
2017/10/18 最新ニュース

【アメリカ】カーギル、2030年までにカカオ豆サプライチェーンでの森林破壊をゼロに

Facebook Twitter Google+

 食糧世界大手米カーギルは10月3日、持続可能なカカオ調達サプライチェーンの構築イニシアチブ「Cargill Cocoa Promise」について、3回目の進捗レポートを発表した。同イニシアチブでは、長期的な視点に立ってカカオ農家や地域コミュニティを支援し、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与する活動を展開。すでに小規模農家14万5,000人にグローバル市場へのアクセスを提供し、500の農家団体や協同組合と連携している。   [...]

» 続きを読む
2017/10/14 最新ニュース

【国際】国連人権高等弁務官事務所、企業向けLGBT行動基準を発行。対策求める

Facebook Twitter Google+

 国連人権高等弁務官事務所(OCHCR)は9月26日、性的マイノリティLGBTIに対する差別撤廃に取り組む企業を支援するための行動基準(Standards of Conduct)を発行した。行動基準は、「人権尊重」「職場での差別撤廃」「職場での支援」「ビジネス上の人権侵害防止」「地域社会での行動」の5つに分かれており、それぞれ文書にまとめられた。行動基準の作成では、人権ビジネス研究所(Institute for Human Right [...]

» 続きを読む
2017/10/10 最新ニュース

【アメリカ】チョコレート大手マース、国際農業開発基金と提携。途上国の農家支援で協力

Facebook Twitter Google+

   チョコレート世界大手マースと国際農業開発基金(IFAD)は9月18日、小規模農家の支援でのパートナーシップを結ぶ覚書に署名した。IFADは、発展途上国での農家向け融資を行う国連の専門機関。覚書では、農家に対して提供していくツールやテクノロジー、トレーニング等の支援内容の概要が示されており、今後本格的な内容調整に入る。マースは、このパートナーシップを通じて、同社のサプライチェーンを強化していく。まずは、カンボジア、インド、コートジ [...]

» 続きを読む
2017/10/06 最新ニュース

【スイス】監査・コンサルMazarsと米Shift、人権監査・保証向けのガイダンス発表

Facebook Twitter Google+

 スイス監査・コンサルティング大手マザー(Mazar)は9月19日、国連のビジネスと人権に関する指導原則(UNGPs)を推進する米NGOのShiftと共同で、人権監査ガイダンス「Assurance Guidance」を発表した。保証ガイダンスは、社内での内部監査業務、社外の第三者人権監査、報告書の第三者保証業務の3者を対象としており、国際的なガイドラインに沿った細かいガイダンスを提供している。  同ガイダンスは、内部監査業務についてI [...]

» 続きを読む
2017/10/06 最新ニュース
ページ上部へ戻る