【国際】KnowTheChain、ICT40社の強制労働対応ランキング2018発表。日本企業7社平均以下

Facebook Twitter Google+

 英人権NGOのKnowTheChainは6月17日、情報通信(ICT)業界の強制労働問題への対応状況を評価した2018年ランキング「2018 Information and Communications Technology Benchmark」を発表した。世界上位40社が対象。自社対応だけでなくサプライチェーンでの取組も大きな評価項目となった。同ランキングは2016年にも実施された。  評価対象となった企業は、アップル、インテル、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】モンデリーズ、欧州向けビスケットの小麦を2022年までに100%サステナビリティ調達へ

Facebook Twitter Google+

 食品大手米モンデリーズ・インターナショナルは6月4日、欧州市場向けビスケットの原料となる小麦を2020年までに全てサステナビリティ調達に転換すると発表した。同社は、農家、製粉所、農業団体と協働したサステナビリティ調達戦略「ハーモニー・イニシアチブ」を展開しており、現在欧州市場向けビスケットの60%がカバーされている。  現在ハーモニー・イニシアチブに参加するのは、ベルギー、チェコ、フランス、イタリア、ポーランド、スペインの欧州6カ国 [...]

» 続きを読む

【イギリス】マークス&スペンサー、持続可能なコットン調達率が77%に向上

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは6月1日、2018年のサステナビリティ報告書「Plan Aレポート」を発表した。同社は2017年、2025年を見据えた新サステナビリティ計画「Plan A 2025」を発表しており、今回が改定後初めての報告書となる。 【参考】【イギリス】マークス&スペンサー、2025年に向けた野心的な「Plan A 2025」発表。計画を更新(2017年6月19日)  Plan Aレポートは、人の生活、地球環境、そし [...]

» 続きを読む

【日本】パナソニック、車載リチウムイオン電池でコバルト使用を将来ゼロに。米テスラも要望

Facebook Twitter Google+

 パナソニックの社内カンパニーの一つ、パナソニックオートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社の田村憲司上席副社長は5月30日、投資家向け説明会の中で、現在電気自動車(EV)の車載電池の原料に使用しているコバルトを将来ゼロにする考えを表明した。コバルトは近年価格高騰しており、生産現場での人権侵害への懸念も高まっている鉱物。  コバルトは、以前は価格が安定していたが、電気自動車市場の急拡大が予見される2017年頃から高騰し、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ゼネラル・ミルズ、カカオのサステナビリティ調達率が59%に上昇。2020年までに100%

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ゼネラル・ミルズは5月23日、カカオの持続可能な調達状況について近況報告を行った。同社は2014年、2020年までにオート麦、小麦、トウモロコシ、カカオを含む上位10種の原材料の調達を全てサステナブルにするという目標を掲げた。カカオは焼き菓子からシリアル、スナックまで幅広い商品に使用されており、サステナブルな調達比率は現時点で59%となった。  ゼネラル・ミルズが調達するカカオの90%以上がコートジボワール、ガーナ、ナ [...]

» 続きを読む

【イギリス】HSBC、単一ブロックチェーン・プラットフォームを用いた金融決済実現。世界初

Facebook Twitter Google+

 世界金融大手英HSBCは5月14日、世界で初めて単一ブロックチェーン・プラットフォームを用いた金融決済を実現させたと発表した。食糧世界大手米カーギルが、大豆をアルゼンチンから中継地ジュネーブ、シンガポールを経てマレーシアへ輸送する取引を、HSBCと蘭INGがブロックチェーン技術を用いて約定した。これまでにも複数のプラットフォームを組み合わせて、ブロックチェーン約定を実現させたケースはあるが、単一プラットフォームで実現したのは今回が初 [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバ、サステナビリティ配慮ブランドが売上全体の70%に伸長

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバは5月10日、同社のサステナビリティ戦略「サステナブル・リビング・プラン」の下で展開しているサステナビリティ配慮ブランド商品が、他ブランドより46%早く成長しており、売上全体の70%を占めるまでになったと発表した。同社は全商品でサステナビリティへの配慮を掲げているが、「サステナブル・リビング」ブランドは、それらをリードする商品群。同社は、サステナビリティへの取組が事業成長につながると自信を強めている。   [...]

» 続きを読む

【スイス・アメリカ】ネスレ、スターバックス商品の店舗外販売権取得で合意

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは5月7日、スターバックス商品を世界中で販売する権利を取得することで同社と合意したと発表した。缶やペットボトル入り飲料の販売やスターバックス店舗内で販売する権利は含まれない。ネスレはスターバックスに71.5億米ドル(約7,800億円)支払い、年間売上約20億米ドル(約2,200億円)を見込む。同事業に関連する固定資産の譲渡は発生しない。2018年末までに手続が完了する予定。  ネスレは、今回の提携により、「 [...]

» 続きを読む

【国際】機関投資家の労働情報開示イニシアチブWDI、初年度結果公表。日本企業2社とも回答せず

Facebook Twitter Google+

 機関投資家の労働分野での共同イニシアチブ「Workforce Disclosure Initiative(WDI)」は5月1日、初年度の調査結果レポートを発行した。WDIは世界10ヶ国79の機関投資家が参加。企業に対し従業員管理の情報開示を要求するイニシアチブ。ESG投資推進NGOのShareActionが呼びかけ、英シュローダーズ、仏アムンディ、仏ナティクシス、英HSBCアセット・マネジメント、仏アクサ・インベストメント・マネージ [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、ブロックチェーン技術導入当否判断のフレームワーク公表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は4月23日、ブロックチェーン技術導入の当否を判断するフレームワークを公表した。同フレームワークは、インペリアル・カレッジ・ロンドンの分析を基に、2017年にWEFのGlobal Future Council on blockchainが策定。2018年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でもCEO参加のワークショップで議論し、今回最終版が公表された。  WEF Global Future Coun [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る