【国際】RMIと中国五鉱化工進出口商会、コバルト精製事業者向け紛争鉱物保証ガイドライン案策定

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物フリー推進イニシアチブの「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)」、中国商務部直属の中国五鉱化工進出口商会(CCCMC)、CCCMCが設立した「責任あるコバルトイニシアチブ(RCI)」は4月10日、コバルト精製事業者向けの第三者保証ガイドライン案「CCCMC Draft Cobalt Refiner Standard」を策定した。5月9日までパブリックコメントを募る。  RCIは、CCCMCが経済協力開発機構(OEC [...]

» 続きを読む

【国際】GRIとRMI、紛争鉱物に関する報告分野でパートナーシップ締結

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIと責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)は4月10日、紛争鉱物の報告分野での新たなパートナーシップを締結した。鉱物調達デューデリジェンスとインパクト報告を企業が実施するための手法を提供するプロジェクトを行う。  鉱物採掘分野では世界的に紛争鉱物対応が迫られるようになっており、今回両者の提携に至った。同プロジェクトでは、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプラ [...]

» 続きを読む

【シンガポール】オーラム・インターナショナル、ポジティブ・インパクト事業方針OLLPを策定

Facebook Twitter Google+

 農業商社世界大手シンガポールのオーラム・インターナショナルは4月6日、環境やコミュニティにポジティブなインパクトをもたらすための新たな事業方針「Olam Living Landscapes Policy(OLLP)」を発表した。今回新たに企業目標として「Re-imagine Global Agriculture while Growing Responsibly(持続可能な成長を志向しながら世界の農業を再定義する)」を掲げ、農家や地 [...]

» 続きを読む

【国際】KnowTheChain、電子業界の英国現代奴隷法の対応状況レポート。日本企業も28社対象

Facebook Twitter Google+

 英人権NGOのKnowTheChainは3月25日、電子機器業界の英国現代奴隷法の対応をまとめた報告書「Eradicating Forced Labor in Electronics: What do company statements under the UK Modern Slavery Act tell us?」を発行した。  同報告書は、米州、欧州、アジアの102社を調査対象とした。日本企業は、ブラザー工業、キヤノン、カシ [...]

» 続きを読む

【国際】FAO、自然災害により過去10年で約10兆円の農業損害が発生。旱魃が最も深刻

Facebook Twitter Google+

 食糧農業機関(FAO)は3月15日、自然災害により2005年から2015年までの10年間で、発展途上国の農業・畜産業に960億米ドル(約10兆円)の経済的損害を与えていると発表した。最も深刻なのは旱魃。その他、洪水、森林火災、嵐、病虫害、家畜病、化学薬品流出、有害有毒藻類ブルーム等がある。  自然災害別の経済的損害は、旱魃が290億米ドル、洪水が190億米ドル、地震・地すべりが105億米ドル、異常気象や嵐等の他の気象災害265億米ド [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラと国務省、サプライチェーン労働者の人権保護でブロックチェーン活用

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手米コカ・コーラ・カンパニーと米国務省は3月16日、世界中の強制労働という人権侵害を撲滅するためブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン管理プロジェクトを発足すると発表した。ブロックチェーン技術を用いることでサプライチェーンの透明性を高めるとともに、確認プロセス事務コストを削減する。今回のプロジェクトは、国務省にとって社会課題解決のためにブロックチェーン技術を活用するプロジェクト第1号となる。  今回のプロジェクトは、 [...]

» 続きを読む

【国際】紛争鉱物RMI、サプライチェーンの環境・社会リスク特定ツールを公表

Facebook Twitter Google+

 責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)は3月13日、鉱物サプライチェーンの環境・社会リスクをチェックするための新たなリスクアセスメントツール「Risk Readiness Assessment Platform(RRA)」を発表した。RRAを用いると、金、スズ、タングステン、タンタル(3TG)とコバルトの4種について、上流サプライチェーン企業約160社、下流サプライチェーン企業約60社のデータを基に、リスクを特定することがで [...]

» 続きを読む

【タイ】ILO、タイの漁業・水産加工業における移民労働者の実態調査結果を発表。人権侵害多い

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は3月7日、タイの漁業および水産加工業の移民労働者たちに関する調査プロジェクト「Ship to Shore Rights Project」の第1回目の結果を発表した。同プロジェクトは、2017年から2019年まで3年間、EUからの資金提供を受け実施されている。背景には、タイでは多くの移民労働者の人権侵害が報告されているため。ILO、EU、タイ、産業界、労働団体の一体となった対策が求められている。  2014年の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、2018年サプライヤー進捗報告書発表。再エネ100%コミットは16社に増加

Facebook Twitter Google+

 米アップルは3月7日、2018年のサプライヤー責任進捗報告書「Supplier Responsibility Progress Report 2018」を発表した。同報告書の発表は、2007年に開始し今年が12年目。アップルは、サプライヤーに対し環境や労働分野の改善に取り組んでおり、毎年改善の進捗状況を開示している。  アップルは2017年、同社のサプライヤーの95%をカバーする30ヶ国の企業に対し756の監査(通称、アップル監査) [...]

» 続きを読む

【コートジボワール】フェアトレードUSAと仏PUR Projet、農家のカカオ生産改善・森林保護で連携

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード認証NGOフェアトレードUSAと仏ファアトレード推進企業PUR Projetは3月7日、コートジボワールでのフェアトレード農林業新興でパートナーシップを締結した。カカオ生産により森林の85%が消失した同国で、現地コミュニティ主導での持続可能なカカオ生産を推進する。コートジボワールは世界のカカオ生産の39%を占める。  両者の連携プロジェクトでは、森林保護区でのカカオ生産を防止するため研修や監視活動を展開。プロジェクト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る