【アメリカ】ファーストフード大手ウェンディーズ、肉類生産で抗生物質の使用削減を表明

Facebook Twitter Google+

 米ファーストフード大手ウェンディーズは12月15日、同日発表した2017年度のCSR報告書の中で、肉類への抗生物質の使用削減を進めていくことを表明した。食品生産用動物への医療的に重要な抗生物質使用に関しては、今年11月7日、世界保健機関(WHO)がガイドラインが発表。抗生物質の過剰使用や誤使用により多剤耐性菌問題など薬剤耐性に対する脅威が世界的に広がっているとし、使用削減を呼びかけていた。ウェンディーズは、定常的な抗生物質使用を止め [...]

» 続きを読む

【国際】デル等大手企業、海洋プラスチック削減イニシアチブ「NextWave」発足。UNEPも支援

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米デルは12月12日、環境NGOのLonely Whaleと協働で、海洋プラスチック削減イニシアチブ「NextWave」を発足した。すでに、自動車世界大手米GM、米自転車大手Trek Bicycle、米家具大手ハーマンミラー、米家具大手Humanscale、米カーペット大手インターフェース、蘭家具大手Van de Sant、米スケートボードBureoも参画している。国連環境計画(UNEP)、環境NGOの5Gyres In [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アパレル大手VFコーポレーション、新戦略発表。サプライチェーンの環境・人権改善

Facebook Twitter Google+

 世界アパレル大手米VFコーポレーションは12月11日、新たなサステナビリティ戦略「Made for Change」を発表した。同社は、Vans、The North Face、Timberland、Wrangler、Lee等の有名ブランドを所有している。  同戦略では、新たな目標として、(1)2030年までに事業が環境にもたらすインパクトを50%削減する、(2)2025年までに100万人の繊維産業に携わる労働者やそのコミュニティの生活 [...]

» 続きを読む

【国際】ブロックチェーンを用いたサプライチェーン管理実証実験開始。大手企業6社とベンチャー4社参加

Facebook Twitter Google+

 英ケンブリッジ大学のサステナビリティ・リーダーシップ研究所(CISL)は12月12日、パリで開催された気候変動サミット(One Planet Summet)の場で、ブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン管理の実証実験プロジェクトを行うと発表した。期間は1年。同プロジェクトには、世界金融大手英バークレイズ、英スタンダードチャータード、仏BNPパリバと、英小売セインズベリー、消費財世界大手英ユニリーバ、紙パルプ世界大手南アフリカS [...]

» 続きを読む

【国際】オックスフォード大学とグローバル企業9社、女性経済力向上イニシアチブ「GBC4WEE」発足

Facebook Twitter Google+

 英オックスフォード大学とグローバル企業9社は11月30日、女性の経済力向上のための新イニシアチブ「Global Business Coalition for Women’s Economic Empowerment(GBC4WEE)」を発足した。米コカ・コーラ、米ウォルマート、米ゴールドマン・サックス、米モンデリーズ・インターナショナル、米クアルコム、米マスターカード、英PwC、英マークス&スペンサー、米エクソンモービル財団が参加。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ゼネラル・ミルズ、米国小麦農家に対する土壌改善でNGOに約8,300万円拠出

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ゼネラル・ミルズは11月30日、米国の農地土壌改善のため、NGOのNational Wheat Foundationに735,000米ドル(約8,300万円)拠出した。3等分し今後年間に渡って支払う。同NGOは、土壌改善団体「Soil Health Partnership(SHP)」と協働し、米グレートプレイン全域の小麦農地で土壌改善を進める。農地を適切に管理することで生産性を上げる。  SHPは、データを活用し、経済 [...]

» 続きを読む

【国際】Sustainable Apparel Coalition、工場向け環境自己評価ツール「Higg FEM」改訂

Facebook Twitter Google+

 アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coalition(SAC)は11月29日、アパレル工場の環境自己評価ツール「Higg Facility Environmental Module(Higg FEM)」を改訂したと発表した。SACのホームページから企業登録することで利用できる。新ツールは、透明性の面で改善されており、水消費量、廃棄物、大気への排出、化学物質管理のベンチマーク基準を引き上げた [...]

» 続きを読む

【国際】トムソン・ロイター財団、2017年奴隷撲滅賞で4社表彰。アディダス、インテル、C&A等

Facebook Twitter Google+

 トムソン・ロイター財団は11月15日、サプライチェーン上の強制労働撲滅を世界的にリードした企業を表彰する賞「Stop Slavery Award」の2017年受賞企業を発表した。同表彰制度は昨年第1回が行われ、今年は2回目。  今年の受賞企業は、アディダス、C&A、英Co-op、インテルの4社。とりわけアディダスは「傑出賞(Outstanding Achiever)」も受賞した。また、警備人材派遣FSI Worldwideが進めた公 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、投資家向けに投資先企業のサプライチェーンESGリスク管理ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は11月28日、機関投資家が、投資先企業のサプライチェーン上のESGリスクを管理するためのガイダンスを発行した。業界ごとに差はあるが、企業は基本的にサプライチェーン上に大きなESGリスクを抱えている。PRIは機関投資家に向けガイダンスを発行することで、機関投資家と投資先企業の間に対話を促し、投資先企業のサプライチェーン上のESGリスクを提言していくことを目指す。  発行されたガイダンスによると、企業がESG [...]

» 続きを読む

【国際】ロレアル等化粧品大手4社、サプライヤーのサステナビリティ改善イニシアチブ「RBI」発足

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、仏クラランス、米コティ、仏ロシェ・グループ(イヴロシェ)の4社は11月14日、サステナビリティ・サプライチェーン評価機関EcoVadisとパートナーシップを組み、新たなイニシアチブ「Responsible Beauty Initiative(RBI)」を発足した。同イニシアチブは、化粧品業界のサプライチェーン全体における倫理、社会、環境面でのパフォーマンスの向上を目指す。具体的には、同イニシアチブに参画する [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る