private 【アメリカ】Esri、高速道路インフラへの太陽光発電促進でゾーニングツール開発。州政府向け

Facebook Twitter Google+

 米慈善団体Rayと、地理情報システム(GIS)世界大手米Esriは10月20日、高速道路インフラの空き地で、太陽光発電所の適地ゾーニング・ツール「ROW」を共同開発したと発表した。地理条件と経済性の観点から高速道路インフラ適地を可視化し、メガソーラーの開発を促す。  Rayは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ムーディーズ、自治体の気候変動物理的リスクスコアデータをリリース。投資家向け

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米ムーディーズは10月7日、地方自治体レベルの発行体の気候変動物理的リスクのリスクスコアデータをリリースした。欧米を中心に世界の主要都市部のデータが含まれている。  今回発表のデータは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界風力会議、各国政府に風力発電で「本気」要求。2030年までに現状の4倍の導入必要

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は10月18日、各国政府に対し、風力発電導入を加速させるための8つの政策提言を発表した。第26回気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、各国政府に「本気で取り組む」よう求めた。  今回の共同声明に署名したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】機関投資家団体、萩生田経産相に第6次エネルギー基本計画での再エネ比率大幅引上げ要求

Facebook Twitter Google+

 国際的な低炭素推進機関投資家イニシアチブ「Investor Agenda」は10月18日、萩生田光一・経済産業相に対し、第6次エネルギー基本計画での再生可能エネルギー電源比率を大幅に引き上げるよう要請する公開書簡を発表した。閣議決定の前に、機関投資家としての意見を伝えた形。 【参考】【国際】機関投資家457機関4500兆円、COP26に向け政府にCO2目標引き上げ要求。TCFD法定義務化も(2021年9月19日)  同イニシアチブは [...]

» 続きを読む

private 【インド】WBCSDと企業25社、インド政府にEVシフト要請。車両タイプ毎に定量目標設定

Facebook Twitter Google+

 持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)とインド25社は10月14日、インド政府に対し、インドでの新車販売での電気自動車(EV)シフトを促進する共同声明を発表した。第26回気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、モビリティの脱炭素化を促進する。  WBCSDは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CDP、世界の都市自治体に気候変動対策強化要請。国や県の強力も必要。SailGPはスポーツ界から援護

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは10月5日、地方自治体での気候変動対策の動向を分析したレポートを発表した。都市、州、地域、政府、企業間の協力がますます不可欠になっていると伝えた。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】経済界リーダー150人以上、世界全体での死刑制度廃止で共同声明。もはや黙認できず

Facebook Twitter Google+

 グローバル経済界のリーダー150人以上は10月7日、10月10日の「死刑反対世界デー」の前に、世界全体での死刑廃止のためのグローバルキャンペーン「死刑反対ビジネスリーダーキャンペーン」への支持を表明した。同キャンペーンは、ヴァージングループの創業者リチャード・ブランソン氏と、「正義のための責任あるビジネス・イニシアチブ」が2021年初頭に発足した。経済界リーダーからの死刑反対キャンペーンは今回が初。  署名した企業は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【イタリア】エネルX、自治体向けのサーキュラー無料診断ツール発表。特に小規模自治体を支援

Facebook Twitter Google+

 イタリアエネルギー大手エネルのエネルギーマネジメントサービス子会社エネルXは9月29日、シエナ大学と協働し、地上自治た向けのサーキュラーエコノミー化の自己診断ツール「サーキュラー・シティ・インデックス」を発表した。地方自治体であれば、同社の自治体専用ポータル「YoUrban」に登録することで、無料で使用できる。  イタリアでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】PRI、CDP、AIGCC、金融庁長官にTCFD開示の義務化を要求。さらに気候インパクトの開示義務化も

Facebook Twitter Google+

 国際的な低炭素推進機関投資家イニシアチブ「Investor Agenda」の創設メンバーのうち、国連責任投資原則(PRI)、CDP、AIGCCの3団体は10月5日、日本の中島淳一・金融庁長官に対し、公開書簡を送付。日本政府に対し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく企業情報開示を義務化するよう要求した。  同書簡では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界600社以上CEO、G20首脳に石炭火力の即時全廃を要求。日本企業も30社以上が署名

Facebook Twitter Google+

 気候変動対策推進の企業ネットワーク米We Mean Businessは9月30日、10月に開催されるG20ローマ・サミットと、11月に開催される第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、各国に気候変動目標の強化を要求する共同声明を発表。600社以上のCEOが署名した。  今回の共同声明は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る