private 【国際】FAO、泥炭地モニタリングの推奨手法提示。陸上探査と人工衛星を活用

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は3月18日、泥炭地マッピング及びモニタリングの技術的な推奨手法をまとめた報告書を発表した。サプライチェーンマネジメントの一環として、炭素固定量や生態系の豊富な泥炭地のマッピングが進む中、あるべきマッピング、データ管理手法を提示した。策定には、14ヵ国35人の専門家が参加した。  泥炭地は、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】政府、CDRI共同議長就任発表。災害・気候変動リスク分析とインフラガバナンス注力

Facebook Twitter Google+

 英政府は3月20日、気候変動により甚大化する災害に強いインフラを構築していくための政府連合「災害レジリエントなインフラに関するコアリション(CDRI)」運営委員会の共同議長となったと発表した。  同連合は、インドのナレンドラ・モディ首相が発足。日本、英国、イタリア、オーストラリア、メキシコ、インドネシア、モルディブ、フィジー、スリランカ、モンゴル、ブータン、ルワンダの12ヶ国の他、国連国際防災戦略(UNISDR)等の国際機関や企業、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】人権NGO、各国政府に新型コロナウイルスのロックダウン時には生活支援要請。人権観点

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は3月19日、現在までの新型コロナウイルス・パンデミックでの各国の対応に関する分析・調査報告書を発表。HRWは、各国政府に対し、感染拡大防止に努めるとともに、全ての国民の健康や表現の自由、移動の自由を尊重し、反差別に取り組むべきだと提言した。  同NGOは2019年12月、中国の武漢で新しいコロナウイルスが初めて特定されて以来、中国政府の独裁的対応、米国、シリア、イランの囚人・被拘 [...]

» 続きを読む

【国際】国連総会、新型コロナウイルス対策で会議開催リスクアセスメント・ツール発表

Facebook Twitter Google+

 国連総会と国連経済社会理事会(ECOSOC)は3月11日、新型コロナウイルスへの対策として、国連関連の会議の開催ルールを定めた文書を発表した。リスクアセスメント表を配布し、一定水準を満たせば中止とした。  今回の文書は、国連総会からはティジャニ・ムハンマドバンデ議長名で、国連経済社会理事会からはモナ・ユール議長名で出された。4月末までに予定していた会議については、国連総会と国連経済社会理事会が各々実施し、開催か中止かを判断する。また [...]

» 続きを読む

【国際】国際観光業界団体、5000万人が失業の危機と警告。各国政府に5つの対策要請

Facebook Twitter Google+

 旅行業界の国際業界団体、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は3月13日、新型コロナウイルス感染症パンデミックによる世界の観光業への影響見通しを発表した。  世界全体での観光業の売上減少は25%と予測。雇用影響では、観光業雇用全体の12%から14%に相当する5,000万人の雇用が失われるとした。  また将来的な観光業のレジリエント強化のために、各国政府に対し5つの政策強化を呼びかけた。 ビザ免除・シンプル化:海外旅行を促進するためビ [...]

» 続きを読む

【国際】ゲイツ財団、マスターカード等、新型コロナウイルス対抗医薬品の開発促進で130億円拠出

Facebook Twitter Google+

 米ビル&メリンダ・ゲイツ財団、英医療系公益団体ウェルカム・トラスト、米マスターカードの3者は3月10日、新型コロナウイルスに対処するため製薬会社や医療機関を支援するためのファンドを設立し、対策医薬品の普及促進を実現するためのプロジェクト「COVID-19 Therapeutics Accelerator」を開始したと発表した。3者がシードマネーとして合計1.25億米ドル(約130億円)を拠出する。ワクチンの開発や、長期的な感染予防に [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行とIMF、新型コロナウイルス対策で途上国中心に7.5兆円の支援プラン発表

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループは3月3日、新型コロナウイルスが世界的に流行してきていることに伴い、発展途上国での医療体制と経済影響に対処するため、120億米ドル(約1.3兆円)の緊急支援パッケージを決めた。  今回の支援パッケージでは、医療アクセスの上昇、感染監視体制の強化、公衆医療介入の促進、民間セクターと協働した経済影響の緩和を狙う。資金拠出は、世界銀行グループの国際開発協会(IDA)、国際復興開発銀行(IBRD)、国際金融公社(IFC)を通 [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP、持続可能な資源開発ガバナンスの必要性提唱。再エネ等により資源開発が増加

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)の国際資源パネル(IRP)は2月19日、今後の資源開発の増加すると予測される中、政府と企業に対し、環境・社会ガバナンスの強化を求めるレポートを発表した。資源開発は生態系破壊だけでなく、資源価格のボラティリティが上がると、資源開発国の経済や、資源開発に従事する地域の生計に大きな悪影響を及ぼすと警鐘を鳴らした。  今回のレポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WRI、購入電力からの取水・水消費算出ガイダンス発表。世界初。企業にリスク管理促す

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は2月27日、世界初となる購入電力での取水量および水消費量を算出する包括的ガイダンスをまとめたワーキングペーパーを発表した。従来、購入電力については二酸化炭素排出量算出では、WRIとWBCSDが開発した「GHGプロトコル」が存在していたが、購入電力からの水消費量算出については、包括的な算出ルールが存在していなかった。  今回のガイダンスでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WEF、希少・難治性疾患へのグローバルアプローチ提案。世界規模で臨床データ共有

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は2月26日、世界希少・難治性疾患の日に先立ち、希少・難治性疾患の診断や治療に関するグローバル規模のアプローチが必要とし、ゲノムデータを安全に共有する潜在的な経済的メリットを示す世界初の枠組みを提案した。  現在、世界で希少・難治性疾患を抱える患者は4億7,500万人。治療を受けているのは5%のみで、米国、オーストラリア、カナダ、英国の総人口に近い4億5,000万人超は、治療や改善の機会なしに生活している [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る