private 【コートジボワール・ガーナ】カーギルと国際人権NGOケア、カカオ農家支援の進捗報告。収益増や女性強化等

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルと国際人権NGOケア・インターナショナルは2月17日、コートジボワールおよびガーナでの、カカオのサステナビリティとカカオ農家の生活水準向上に向けた支援をまとめた進捗レポートを公表した。  両者は60年以上、コミュニティ投資で協働。ブラジル、コスタリカ、コートジボワール、エジプト、ガーナグアテマラ、ホンジュラス、マリ、ニカラグア、インド、インドネシアの11カ国で25プロジェクトを展開し、農家270万人以上を支援し [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、契約農家のオーガニック農法転換を加速。海藻事業も強化。インドでは栄養支援も

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手米カーギルは2月9日、オーガニック飼料での鶏肉生産を行う米ベル&エバンスに対し、米国産のオーガニック飼料を独占供給する5年間の契約を締結した。カーギルは、今回の契約を材料に、契約農家に対し、オーガニック農業への支援をする新たなプログラムの提供を開始する。  ベル&エバンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【パキスタン】カーギルとイスラム金融フィンテックRizg、画期的なフードバンクを創設。飢餓根絶目指す

Facebook Twitter Google+

‎  食品世界大手米カーギルと英イスラム金融フィンテックRizqは1月13日、食糧危機に陥っているパキスタンを救済するため、特に食糧難が申告な首都カラチのリヤリ地区に、フードバンク・ネットワーク「Cargill RizqBank」を創設すると発表した。年間約20万食の供給で、飢餓の根絶を目指す。  Cargill RizqBankは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】カーギル、バイオ・アクリル酸量産でIFPENとAxensと提携。触媒生産とプロセス開発

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手米カーギルは12月3日、バイオ・アクリル酸の開発と量産で、仏エネルギー研究所IFP Energies nouvelles(IFPEN)及び、同研究所傘下のAxensとの提携を発表した。カーギルは5月にP&Gからバイオ・アクリル酸技術の独占ライセンスを取得しており、主力事業への発展を図る。 【参考】【アメリカ】カーギル、P&Gからバイオ・アクリル酸技術の独占ライセンス取得(2020年5月18日)  今回の提携では、 (さら [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】カーギル、えんどう豆由来たんぱく質商品を欧州市場に投入。消費者需要の高まり

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは12月7日、消費者の植物由来たんぱく質需要の増加に応え、欧州向けの材料ポートフォリオに、えんどう豆由来のたんぱく質を加えると発表した。同社はすでに、北米・アジア・南米でえんどう豆由来のたんぱく質商品を展開。今回欧州へも拡大し、グルテン粉「Gluvital」や加水分解コムギたんぱく質「Prowliz」等を投入する。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、シャーロット工場でRSPOセグリゲーション認証取得。供給量拡大

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは11月11日、米ノースカロライナ州シャーロットのパーム油精製工場から出荷されるパーム油が2020年12月から全て持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)のセグリゲーション認証を受けると発表した。米国の大規模パーム油精製工場でセグリゲーション認証を取得するのはカーギルが初。  セグリゲーション認証は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】カーギル、帆の活用で船舶輸送のCO2を最大30%削減へ。BAR Technologiesと協働

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルと英船舶風力活用型推進技術開発BAR Technologiesは10月28日、フィンランドの造船Deltamarinと協働し、最先端の風力推進技術を活用した船体開発プロジェクトを開始すると発表した。  同プロジェクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】カーギル、燃料や化粧品の「バイオ化」をリード。食品廃棄物削減ではフードバンク連携も

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは10月22日、ベルギー第3の都市ゲントで、食品廃棄物や残留物を燃料とするバイオディーゼル・プラントを建設すると発表した。10月に着工し、2022年6月の運転開始を目指す。総工費は1.5億米ドル(約160億円)。  同プラントでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、BinSentryの飼料在庫監視ツールの独占販売契約獲得。畜産者のコスト削減

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは10月13日、飼料在庫モニタリングツール開発カナダBinSentryとの間で、同ツールの独占販売契約を締結したと発表した。畜産での飼料の過剰使用を低減し、家畜生産者の飼料消費量削減とコスト削減につなげる。  同ツールでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】加工食品の脂質表示は購買行動に影響。Z世代・ミレニアル世代は持続可能性の関心高い

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは9月29日、消費者の資質に関する購買行動調査「FATitudes」の2020年版の結果を発表。新型コロナウイルス・パンデミックを受け、消費者の購買行動は大きく変化したものの、購入する加工食品の脂質への注意は一貫して継続。また、Z世代とミレニアル世代を中心に持続可能性への関心も高いと分析した。  同調査は2013年より毎年実施。2019年調査では、世界の消費者を対象としたが、2020年調査では米国消費者に焦点を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る