private 【国際】ICAO、CO2オフセット制度CORSIAで報告管理簿リリース。第1フェーズ参加が87ヶ国に

Facebook Twitter Google+

 国際民間航空機関(ICAO)は6月22日、国際線のカーボンオフセット及び削減スキーム(CORSIA)で、報告管理簿「CORSIA Central Registry(CCR)」をリリースしたと発表した。各国政府が排出量情報等を入力できる制度が整ったことで、いよいよ制度が動き出す。 【参考】【国際】ICAO理事会、国際線の二酸化炭素排出量算出・報告ルールを決定。2019年から導入(2018年7月13日)  CORSIAは、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【フランス】BNPパリバAM、グローバル株式対象のカーボンフットプリントゼロファンド設定。オフセット活用

Facebook Twitter Google+

 資産運用世界大手仏BNPパリバ・アセット・マネジメントは1月20日、グローバル株式を対象とした新たなESGファンド「THEAM Quant World Climate Carbon Offset Plan」を発表した。ポートフォリオのカーボンフットプリントを、REDD+を得たカーボンオフセットでゼロにすることが特徴。  今回のファンドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ジェットブルー、2020年7月から国内線全線カーボンニュートラル実現。持続可能なジェット燃料利用も

Facebook Twitter Google+

 米格安航空会社ジェットブルーは1月6日、同社国内線が2020年7月から二酸化炭素ネット排出量がゼロ(カーボンニュートラル)になると発表した。排出量分のカーボンオフセットを購入する。また2020年中旬からサンフランシスコ発の便に持続可能なジェット燃料(SAF)を活用する。  同社はこれまで、米NGOのCarbonfund.orgから継続的にカーボンオフセットを購入してきた。2008年以降の購入分は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BNPパリバ、カーボンオフセットサービスでIFCと提携。不動産EDGE認証でも活用可能に

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏金融世界大手仏BNPパリバは12月19日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)提供の「EDGE認証」プログラムとの提携を発表した。BNPパリバの米証券子会社BNP Paribas Securities Servicesが有するカーボンオフセット売買プラットフォーム「ClimateSeed」を、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】S&P、航空業界の二酸化炭素排出削減に関する展望発表。カーボンオフセット義務化が信用リスクに

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手S&Pグローバル・レーティングは11月21日、航空業界の気候変動対応に関する展望を発表。ジェット燃料の代替燃料化は比較的難易度が高い中、カーボンオフセット制度の義務化が、航空業界にとって大きな財務影響を与えるとの影響を及ぼすと表明した。  航空業界の二酸化炭素排出量は、現時点では世界全体の2.5%とさほど多くはない。輸送業界全体の排出量もも電力業界の半分。しかし、持続可能な代替燃料や技術革新へのコストが高いため、航空 [...]

» 続きを読む

【国際】グッチ、気候変動対策でサプライチェーン全体でのCO2オフセット提唱。世界のCEOへ参画呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手仏ケリング傘下グッチのMarco Bizzarri社長兼CEOは11月22日、全セクターのCEOに対し、公開書簡を発表。気候変動対策の戦略導入等の早急なアクションを求めるイニシアチブ「CEO Carbon Neutral Challenge」への参画を呼びかけた。  同氏は、企業の二酸化炭素排出量削減に向けた取り組みやイノベーション創出は、排出量緩和に繋がっていないと指摘。テクノロジーの発達を待つのではなく、迅速にポ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】イージージェット、全フライトでカーボンオフセット達成。世界初カーボンニュートラル航空

Facebook Twitter Google+

 英格安航空大手イージージェットは11月21日、同社全フライトのカーボンニュートラルを実現したと発表した。大手航空会社で運航全フライトのカーボンニュートラルを実現したのは同社が世界初。同日分のフライトから二酸化炭素排出量分のカーボンオフセットを購入。カーボンオフセットは、ゴールド・スタンダード財団の「Gold Standard」や、Verraの「Verified Carbon Standard(VCS)」から調達する。  カーボンオフ [...]

» 続きを読む

【フランス】エールフランス、2020年1月から全国内線がCO2ゼロに。カーボンオフセット活用

Facebook Twitter Google+

 仏航空大手エールフランスは10月1日、新たなサステナビリティ・ロードマップを発表した。二酸化炭素排出量やプラスチック廃棄物削減でアクション・レベルを上げる。  二酸化炭素排出量については、全国内線の二酸化炭素排出量を2020年1月1日から全量カーボン・オフセットする。航空業界では、乗客が自主的にカーボン・オフセットする手段を提供することが多かったが、エールフランスは企業として事前に全量オフセットする方向へと舵を切った。また、国際線で [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】アマゾン、2040年までのCO2ゼロ誓約イニシアチブ「Climate Pledge」発足。自ら第1号署名

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手アマゾンは9月19日、国連気候変動枠組条約事務局のクリスティナ・フィゲレス前事務局長が創設したGlobal Optimismと連携し、パリ協定で合意した2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を10年早め、二酸化炭素ネット排出量を2040年までにゼロにする自主的誓約「Climate Pledge」を発足。アマゾンが同誓約への最初の署名企業となったと発表した。  Climate Pledgeに誓約 [...]

» 続きを読む

【国際】IOCとダウ、国際競技連盟と国内オリンピック委員会にカーボンオフセットを共同提供。CO2削減狙う

Facebook Twitter Google+

h  国際オリンピック委員会(IOC)と化学世界大手米ダウ・ケミカルは8月27日、国際競技連盟(IFs)およびNOCs(国内オリンピック委員会)による気候変動対応でパートナーシップを締結したと発表した。ダウは2017年より、IOCの公式カーボンパートナーを務めている。IOCを含むオリンピック関連の活動に伴う二酸化炭素排出量をオフセットするため、二酸化炭素削減プログラムを実施している。  同パートナシップは、IFsとNOCsに対し、自団 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る