private 【国際】バーバリー、2040年カーボンネガティブを宣言。オフセットや生態系保全プロジェクトへ投資

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手英バーバリーは6月10日、2040年までに二酸化炭素ネット排出量をマイナスにし、カーボンネガティブ(気候ポジティブ)を達成すると宣言した。これまでは2040年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を目標としてきたが、カーボンネガティブに引き上げた。 【参考】カーボンニュートラル・カーボンネガティブ・気候ポジティブ  同社は2019年6月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】コルテバ、リジェネラティブ農業転換支援サービス開始。クレジット価値の販売も支援

Facebook Twitter Google+

 農薬・化学肥料世界大手米コルテバ・アグリサイエンスは4月8日、農家向けにリジェネラティブ農業への転換支援サービス事業「カーボン&エコシステム・サービス」を開始したと発表した。農薬・化学肥料大手が、農薬や化学肥料ゼロを標榜するリジェネラティブ農業推進へと事業を転換させる。  今回の展開するサービスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】環境省、JCMの改定案公表。パリ協定のルールに合わせ制度を厳格化。パブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 環境省は3月30日、海外での二酸化炭素排出量を日本国内の企業に移転する独自の制度「日本国二国間クレジット制度(JCM)」について、「日本国JCM実施要綱」の改定案を公表。4月28日までパブリックコメントを募集する。  今回の改定の背景には、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】国土交通省、Jブルークレジットを初発行。ブルーカーボンでのクレジットを3社が購入

Facebook Twitter Google+

 国土交通省が所管するジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)は3月18日、「Jブルークレジット」を初発行した。獲得したのは3社。Jブルークレジット発行は国土交通省の政策の一環で実施されている。JBEは、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所と笹川平和財団が組合員として構成している。  国土交通省は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ラボバンクとマイクロソフト、小規模農家の植林オフセットで収益増とCO2削減。市場プラットフォーム提供

Facebook Twitter Google+

 オランダ銀行大手ラボバンクは1月29日、二酸化炭素排出量をオフセットしたい需要側と、発展途上国の小規模果樹農家から創出されるカーボンオフセットをマッチングするプラットフォームをリリースすると発表した。発展途上国の小規模農家の農業慣行の改善と炭素隔離を推進する。  同プロジェクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】国際オリンピック委員会、2024年にカーボンネガティブ実現。アフリカで大規模オフセット

Facebook Twitter Google+

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会は1月24日、オリンピック大会運営を含む全ての事業での二酸化炭素排出量を2024年までにマイナスにする「気候ポジティブ」「カーボンネガティブ」を実現すると発表した。IOCは2020年3月に「気候ポジティブ」を2030年までに達成する目標を公表していたが、今回6年も前倒すことを決めた。  IOCは、カーボンオフセットを活用し、すでに2017年から二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を [...]

» 続きを読む

【イタリア】グッチ、リジェネラティブ農業へ転換。スコープ3も全量オフセット。自然ポジティブへ

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手イタリアのグッチは1月27日、長期的気候変動戦略「ネイチャー・ポジティブ気候戦略」を発表した。将来的な二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)のため、再生可能エネルギー、リジェネラティブ農業、サーキュラーエコノミー、マングローブ再生等を柱とする戦略を打ち立てた。  グッチは、仏ケリングの傘下ブランド。ケリングは、アパレル大手の中でも早くからサステナビリティへと舵を切っており、傘下のグッチとしても野心的な目標 [...]

» 続きを読む

private 【国際】自発的炭素市場拡大に関するタスクフォースTSVCM、方向性でパブコメ募集。日本企業メンバーはゼロ

Facebook Twitter Google+

 炭素市場に関する国際タスクフォースは11月10日、炭素市場に関する国際原則や自主的ルールの創設に向けたパブリックコメントの募集を開始した。今回幅広く意見を集めた上で、国際ルールの確立に向け各国政府も含めたステークホルダーとのエンゲージメントを行う。  今回パブリックコメントを発表したのは、「自発的炭素市場拡大に関するタスクフォース(TSVCM)」。TSVCMは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ダウ、自然環境価値の金額換算で目標値達成。IOCのカーボンオフセット協業も延長

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米ダウは9月11日、同社の2025年サステナビリティ目標の一つである環境インパクトの金額換算測定プログラム「Valuing Nature」で、同社の環境価値が5億米ドル(約527億円)に達し、目標額の50%を超えたことを公表した。  ダウは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る