private 【国際】NGFS、中央銀行・金融当局向けの気候変動シナリオ分析ガイド第2版発行。情報情報を反映

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は6月7日、中央銀行及び金融当局向けのシナリオ分析ガイドの第2版を発表した。初版は2020年6月に発表されており、今回、最新の情報を踏まえ、アップデートした。 【参考】【国際】NGFS、中央銀行・金融当局向けの気候変動シナリ [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、スコープ3排出量開示も「無意味」と一蹴。ガス販売強化

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手米エクソンモービルは1月5日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づくレポートを発行し、同社として初めて販売製品使用でのスコープ3排出量を公表した。同社に対しては、株主である機関投資家から開示の要求が高まっていた。  同社が発表したスコープ3排出量は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】エクイノール、2050年エネルギー・CO2の3シナリオ発表。CO2ゼロがGDP成長に最も貢献

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー・エネルギー大手エクイノールは11月17日、2050年までの世界のエネルギー需要と二酸化炭素排出量の予測を示したレポート「エネルギー展望2020」を発表した。3つのシナリオを提示し、国際協調の重要性を説いた。ノルウェーは世界有数の産油国。  同社が今回示したシナリオは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州保険・企業年金監督局、ソルベンシーII指令の保険企業向けリスク評価の気候変動シナリオ案提示

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州保険・企業年金監督局(EIOPA)は10月5日、ソルベンシーII指令に基づく保険会社の「リスクおよびソルベンシーの自己評価(ORSA)」での活用を要求する気候変動リスク・シナリオ案を発表した。2021年1月5日までパブリックコメントを募集する。 【参考】【EU】EIOPA、保険規制「ソルベンシーII」において気候変動シナリオ分析重要とする意見書発表(2019年10月4日) 【参考】【EU】EIOPA、保険会社規制ソルベンシ [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP FI、銀行向けの気候変動移行リスク・シナリオ分析ツール発表。融資影響を可視化

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)とオリバー・ワイマンは9月24日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づき、気候変動の移行リスクが与える事業融資ポートフォリオへの影響をシナリオ分析するツール「Transition Check」をリリースした。UNEP FIのTCFDパイロット・プロジェクトが開発主体となった。 【参考】【国際】世界大手39銀行、TCFDで物理的リスク対策レポート第2弾発表。UN [...]

» 続きを読む

private 【国際】WWF、水リスク・シナリオ分析ツール発表。2030年と2050年の各地のリスク表示

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)は10月6日、同団体が開発・運営している水リスク分析ツール「WWFウォーター・リスク・フィルター」の機能を追加。「Optimistic」「Current Trend」「Pessimistic」の3つのシナリオを用意し、2030年と2050年における各地の水リスク・エクスポージャーをマッピング表示できるようにした。すでにデンマーク飲料大手カールスバーグが同シナリオを用いたシナリオ分析実施第1号企 [...]

» 続きを読む

private 【国際】NGFS、中央銀行・金融当局向けの気候変動シナリオ分析ガイド発行。独自シナリオも提示

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は6月24日、中央銀行及び金融当局向けのシナリオ分析ガイドを発表した。  今回のガイドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】モルガン・スタンレー、再エネの大規模普及で石炭火力発電70GWが経済的リスクと分析

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米モルガン・スタンレーは12月10日、リサーチレポート発表。米国で再生可能エネルギー普及の第2波が来ており、石炭火力発電所70GW分が経済的リスクに晒されると分析した。同予測は、すでに停止予定の石炭火力発電約24GWを除外しており、既設の発電所に多くの影響が出ると見立てた。  今回の分析は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】イングランド銀行、気候変動ストレステスト概要案発表。2021年から2年毎にシナリオ分析実施

Facebook Twitter Google+

 英金融規制当局のイングランド銀行の健全性監督機構(PRA)と金融政策委員会(FPC)は12月18日、金融機関に対する気候変動ストレステストの実施案を発表した。2020年3月18日までパブリックコメントを募集する。イングランド銀行は6月、気候変動ストレステストの実施を発表していた。 【参考】【イギリス】イングランド銀行、2021年に金融機関の気候変動ストレステスト実施。銀行、保険対象見込み(2019年6月25日)  ストレステストの対 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る