【スウェーデン】カールスバーグのスウェーデン醸造所、100%バイオガスでの事業運営を達成

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは11月24日、同社のスウェーデンのファルケンベリ醸造所が、100%バイオバス由来エネルギーでの事業運営を実現したと発表した。同醸造所は、熱エネルギーの26%を醸造所の廃水活用バイオガスで調達していたが、残りの74%は天然ガスだった。デンマークオン電力アーステッド(旧DONG ENergy)から認証付バイオガス購入を契約し、全量バイオガスに転換することに成功した。ファルケンベリ醸造所は、カールス [...]

» 続きを読む

【イギリス】大手乳製品メーカー、廃棄物からのバイオガス生成を本格化

Facebook Twitter Google+

 気候変動への対応が叫ばれる中、食品メーカーも自社の資源を活かしたエネルギー対策に乗り出している。  英国最大のチーズ製造企業の1つ、ファーストミルクは昨年7月1日、英国最大級の嫌気性処理(AD)設備がカンブリア州アスパトリアにあるファーストミルクの工場施設内に完成したことを発表した。チーズ製造工程で生まれる食品廃棄物を嫌気性細菌の消化作用によってメタンガスに転換し、同工場のエネルギー源としても用いられるとともに、英国でのガス供給事業 [...]

» 続きを読む

【エネルギー】バイオ燃料の種類・実用性・課題

Facebook Twitter Google+

バイオエネルギーとは? ー熱・電気・燃料ー 2014年7月9日、日経新聞が「米ボーイングや東京大学、日本航空、全日本空輸などは航空機バイオ燃料の実用化に向け、新たな組織を立ち上げた。原料となる家庭ごみや藻類、非食用植物の調達ルートや精製プラント、燃料のサプライチェーン(供給網)について原料ごとに事業モデルを策定する。低コストで量産できる最適な原料と設備を探り、2020年の実用化を目指す。」と報じました。また、2012年にはミドリムシか [...]

» 続きを読む
2014/08/09 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る