private 【国際】コカ・コーラ、100%バイオプラ製PETボトルのプロトタイプ開発。商業利用を加速

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米コカ・コーラ・カンパニーは10月22日、100%植物由来バイオプラスチック製のPETボトル「PlantBottle」のプロトタイプを開発したと発表。商用規模製造を行う準備もある。同PETボトルのうち、植物由来なのはボトル本体。ボトルキャップとラベル部分では、通常のプラスチックを使用する。  PETは通常、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】海運荷主企業の2040年海運カーボンニュートラル・イニシアチブcoZEV発足。9社が初期加盟

Facebook Twitter Google+

 米シンクタンクのアスペン研究所は10月19日、海運荷主企業向けの2040年までの海運カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)イニシアチブ「Cargo Owners for Zero Emission Vessels(coZEV)」を発足した。グローバル大手企業9社が早速加盟した。  アスペン研究所は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】マークス&スペンサー、スコープ3含む2040年カーボンニュートラル宣言。プランA改訂

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは9月28日、同社サステナビリティ戦略「プランA」を改訂し、2040年までにスコープ3を含むバリューチェーン全体でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)目標を掲げた。中間目標では、英政府目標より10年前倒し、2025年までにスコープ3排出量を2017年比33%削減する。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WBA、水産大手30社のサステナビリティ・ランキング2021発表。首位タイ・ユニオン

Facebook Twitter Google+

 ビジネスの国連持続可能な開発目標(SDGs)推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は10月11日、世界水産関連大手30社のサステナビリティ・ランキング「シーフード・スチュワードシップ・インデックス」の2021年結果を発表した。今回が2回目の発表。  WBAは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】花王とコーセー、化粧品の環境・社会サステナビリティ向上で協働。競合関係を超えて連携

Facebook Twitter Google+

 花王とコーセー10月14日は、化粧品事業のサステナビリティ向上で、包括的に協働していくことで合意したと発表した。事業では競合関係にある両社が、サステナビリティの領域では手を組んだ。  今回の協働では、環境と社会の双方に及ぶ。環境では、容器・容器の素材転換、廃棄物のサーキュラー化やアップサイクル、原料調達でのサステナビリティを挙げた。社会では、スキンケアやUVケア等の啓発と、美容分野で多様な美を尊重した啓発活動を挙げた。今後、協働の範 [...]

» 続きを読む

【日本】ワコール、スコープ1と2で2030年カーボンニュートラル宣言。スコープ3削減目標も今後

Facebook Twitter Google+

 ワコールは10月4日、「環境目標2030」を設定。スコープ1とスコープ2で2030年までのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を宣言した。スコープ3の削減目標も2022年春に発表するが、海外事業でのスコープ3については目標設定は未定。  同社は、今回の目標を達成するため、2030年までに再生繊維等の「環境配慮型素材」の仕様比率を50%に引き上げる。さらに工場での端材廃棄物を2030年までにゼロにする。ちなみに現状の廃棄 [...]

» 続きを読む

private 【国際】2021年食料・農業ベンチマーク、350社のSDGs評価。日本企業33社は上位に入れず

Facebook Twitter Google+

 ビジネスの国連持続可能な開発目標(SDGs)推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は9月21日、農業・食料サプライチェーン世界大手350社のサステナビリティを評価した初のランキング「食料・農業ベンチマーク(Food and Agriculture Benchmark)」の2021年版結果を発表した。日本企業も33社が対象となった。  WBAの評価は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】グーグル、気候変動否定派のYouTube動画や広告を禁止。主要サービスでも気候変動対策促進

Facebook Twitter Google+

 アルファベット傘下のグーグルは10月7日、広告主、パブリッシャー、YouTubeクリエイター向けの新ポリシーを公表した。気候変動の存在と原因に関して科学的コンセンサスに反するコンテンツへの広告掲載や収益化を禁止する。  グーグルは今回の新ポリシーの背景について、広告エコシステムの健全性を強化するだけでなく、持続可能性を促進し気候変動に正面から立ち向かうためと説明した。  具体的なオペレーションとしては、国連気候変動に関する政府間パネ [...]

» 続きを読む

private 【国際】テスコ、生鮮食品生産者への環境認証取得義務化。英国内2022年、英国外2025年

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは9月30日、サプライチェーン上の生鮮食品生産者1.4万人に対し、環境認証の取得を義務化すると発表した。持続可能な農業推進Linking Environment and Farming(LEAF)の環境認証「LEAF Marque」の取得を求める。  同社はまず、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る