【ヨーロッパ】1億5300万トンのCO2排出を左右する意思決定を迫られるEU

Facebook Twitter Google+

 現行のEU排出量取引制度における排出権の供給過剰の解消に向け、EU各国の政策立案者らはMSR(Market Stability Reserve、市場安定化リザーブ)の導入に向けた最終決定段階に入っている。しかしながら、今後10年間の温室効果ガス排出量に大いに影響を与えうるMSRの開始時期についての意見が加盟各国間で分かれているのが現状だ。  市場安定化リザーブとは、余剰排出権の一定量をリザーブ(積み立て枠)に出し入れすることで排出権 [...]

» 続きを読む

【国際】サステナブルな都市づくりへ、世界100都市の市長らが「ソウル宣言」を採択

Facebook Twitter Google+

 世界100都市の市長らは4月9日、韓国ソウルで開催されたInternational Council for Local Environmental Initiatives(持続可能性をめざす自治体協議体、以下ICLEI)の総会において、都市のサステナビリティ向上を目指して各自治体による主体的な行動を呼びかける「ソウル宣言」を採択した。同宣言の背景には、世界のCO2排出量の都市に占める割合が大きいことから、ポスト2015年の気候変動に [...]

» 続きを読む

【国際】WBSCD、サステナブルな都市開発に向けた企業・都市連携の成功事例を公表

Facebook Twitter Google+

 持続可能な社会の実現を推進する自治体で構成される国際ネットワークのLocal Governments for Sustainability(ICLEI)とWorld Business Council for Sustainable Development(持続可能な開発のための経済人会議、以下WBCSD)は4月9日、共同で都市・企業連携の成功事例や成功のポイントをまとめた報告書、"Innovative city-business c [...]

» 続きを読む

【国際】B Lab、2015年のThe B Corp Best for the Worldに120社を選出

Facebook Twitter Google+

 Bコーポレーションの認証団体として知られるNPOのB Labは4月14日、認定Bコーポレーションの中でも特に社会および環境に対して好影響を生み出した企業を讃える2015年の"2015 Best for the World"を公表した。同リストは、120以上の業界からなる1,200社以上の認定Bコーポレーションの中から従業員、コミュニティ、環境の3点において上位10%の評価を獲得した120社を選出したものだ。  2015年の受賞企業の [...]

» 続きを読む

【インド】CSR支出額は4倍以上の年間2.5億米ドルに増加見込み

Facebook Twitter Google+

 2013年から大手企業のCSR義務化が始まっているインドでは、新たな一大CSR市場が生まれつつある。戦略コンサルティングのBCG IndiaとNasscom Foundationが公表したインドのCSR市場に関するレポート"Catalyzing Change Thorough Corporate Social Responsibility"によると、インド企業が法律に従いCSR活動への支出を行った場合、その支出総額は現在の4倍以上と [...]

» 続きを読む

【アメリカ】BSRの新理事長に元ナチュラCEOのAlessandro Carlucci氏が選出

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野のグローバルオピニオン形成をリードする団体のトップに選出されたのは、南米企業のリーダーだ。世界250社以上のグローバル企業を会員に抱え、サステナビリティ分野のコンサルティングなどを手掛ける国際NPOのBSRは4月9日、同団体の4人目となる理事長にブラジルの化粧品大手、ナチュラ・コスメティコス(以下、ナチュラ)の元CEO、Alessandro Carlucci氏を指名したと発表した。  ナチュラはブラジルを代表する [...]

» 続きを読む

【アメリカ】香料メーカー世界第3位のIFF、WBCSDに参加を表明

Facebook Twitter Google+

 米国の大手香料メーカーのインターナショナル・フレバー・アンド・フレグランス(以下IFF)は4月29日、持続可能な開発を目指すグローバル企業ら約200社で構成されるWorld Business Council for Sustainable Development(以下、WBCSD)に新たに加盟すると発表した。ニューヨークに本拠を置くIFFは、食品用香料(フレーバー)、化粧品用香料(フレグランス)で世界第3位のシェアを誇り、31か国に [...]

» 続きを読む

【インド】GRI、タタ・コンサルタンシーと共にインドのサステナビリティ報告動向に関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは4月29日、インドのIT最大手、タタ・コンサルタンシー・サービシズ(以下、TCS)とともに、インドにおけるサステナビリティ報告の動向を分析したレポート、"Moving Beyond Disclosure: Leveraging Sustainability Reporting to Drive Change"を公表した。  同レポートはインド企業への個別ヒアリングおよびアンケート [...]

» 続きを読む

【国際】CDPサプライチェーンプログラム会員企業らの調達総額は2兆米ドルに到達

Facebook Twitter Google+

 企業に対して気候変動対策の情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPは4月14日、CDPサプライチェーンプログラムの会員企業、団体らによる調達総額が2014年の1.3兆米ドルから2015年には2兆米ドルまでほぼ倍に拡大したと発表した。  同プログラムの会員となっているグローバル企業らは自社サプライヤーに対して温室効果がガスの排出量や水リスクなどの環境リスクの開示を求めており、それらの働きかけを通じてより気候変動対策に [...]

» 続きを読む

【国際】2015年度のThe Social Progress Indexが公表。社会的進歩への投資は経済成長に欠かせない。

Facebook Twitter Google+

 富裕国、貧困国にかかわらず、人々の生活の質を向上させる最も効果的な方法は、社会的進歩に投資することだ。そう主張するのは、米国を拠点とするNPOのSocial Progress Imperativeだ。同団体は4月9日、2015年度の「The Social Progress Index(社会的進歩指標)」を公表した。同指標は52の項目を通じて社会、環境面における成果を可視化し、世界133カ国をランキング化したもので、世界人口の99%の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る