【日本】環境省、TCFD実践ガイド第2版を発行。主にステップ毎の解説と事例を拡大

Facebook Twitter Google+

 環境省は3月30日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)情報開示参考ガイダンス「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~」を改訂し、第2版を発行した。初版は2019年3月に発行していた。  初版から第2版への変更点は、(1)シナリオ分析を進める上でのポイントをステップ毎に解説、(2)2020年度支援企業12社の事例、(3)参考となる外部データ・ツール集等、の追加。特に初 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、職域年金基金向けのTCFDガイダンス発表。パブコメも同時に募集

Facebook Twitter Google+

 英労働年金省は3月12日、職域年金基金に対しTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に基づくマネジメントと情報開示のベストプラクティスをまとめたガイダンスを発表した。同時に幅広いステークホルダーからフィードバックを得るためのパブリックコメントの募集を開始した。  今回のガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、ロンドン証券取引所のプレミアム市場上場企業にTCFD情報開示義務化方針

Facebook Twitter Google+

 英金融当局のFCA(金融行為規制機構)は3月6日、ロンドン証券取引所のプレミアム市場に上場している企業に対し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づく情報開示を「Comply or Explain」型で義務化するルール案を発表した。6月5日までパブリックコメントを募集する。  FCAは2018年3月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オーストラリア】金融当局、金融機関への気候変動脆弱性テスト実施表明。年金へのESG投資も

Facebook Twitter Google+

   オーストラリア金融当局のオーストラリア健全性規制庁(APRA)は2月24日、規制対象の金融機関に対し、従来型の金融リスクと同等のレベルで、気候変動による金融リスクを積極的に理解し、マネジメントすることを求める声明を発表した。オーストラリアでも金融当局から、金融機関に対し、気候変動リスクマネジメントのレベルアップ指示が出た。  APRAは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スイス】グレンコア、気候変動ポリシー改訂。スコープ3の削減見通しを初めて公表

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手スイスのグレンコアは2月18日、気候変動ポリシーを改訂。同社として初めて二酸化炭素排出量スコープ3の見通しを示した。同社は2019年2月に初めて気候変動ポリシー(Position Statement)を開示。1年を経て早速改訂した。 【参考】【スイス】グレンコア、気候変動対策アクション公表。Climate Action 100+からのエンゲージメント受け(2019年2月25日)  今回の改訂では、 (さらに&hell [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】企業年金団体PLSA、スチュワードシップガイド発表。気候変動リスク管理で取締役の責任問うべき

Facebook Twitter Google+

 英年金基金団体Pensions and Lifetime Savings Association(PLSA)は2月20日、2020年版のスチュワードシップ・ガイド・議決権行使ガイドラインを公表した。年金基金は、投資先企業の取締役が気候変動リスク管理に責任を持つよう要求していくべきとした。  英国では2019年10月、中規模以上の企業年金基金に対し、気候変動を含むESGに関する内容の記載、及び議決権行使やエンゲージメント等のスチュワー [...]

» 続きを読む

private 【日本】三井住友銀行、気候変動シナリオ分析で2050年までの与信関係費用を毎年20〜100億円と試算

Facebook Twitter Google+

 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は1月27日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に基づく気候変動シナリオ分析の一環として、三井住友銀行(SMBC)の信用リスクへの影響を開示。2050年までに想定される与信関係費用を毎年20億円から100億円と試算した。  今回の試算は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国際金融協会、NGFSに対し気候変動金融行政で提言。事業会社のTCFD開示の促進等

Facebook Twitter Google+

 金融業界国際団体の国際金融協会(IIF)は12月16日、気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局団体「NGFS(Network for Greening the Financial System)」に対し、気候変動金融政策に対する書簡を送付した。 【参考】【国際】中銀・金融当局連合NGFS、中央銀行のESG投資ガイダンス発行。気候変動は金融リスクの発生源(2019年10月20日)  IIFには現在、70ヵ国450 [...]

» 続きを読む

private 【オーストラリア】連邦裁、年金大手RESTに対し、PRIとTCFDに関連する証拠書類提出命令。気候変動裁判

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア連邦裁判所は12月17日、オーストラリア小売従業員年金基金RESTを相手取った裁判の中で、RESTに対し、国連責任投資原則(PRI)と小機構関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに則した気候変動考慮を同理事会及び投資委員会が実施していたことを示す証拠を2020年1月31日までに提出するよう命令した。RESTの運用資産総額は510豪ドル(約3.9兆円)。加入者は約200万人。  今回の裁判は、RESTが、 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カルパース、初の気候変動リスク報告書発行。TCFD参照。高リスク資産20%

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)は12月9日、同基金として初の気候変動リスク報告書を発表した。同州政府は2018年8月、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)とカリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)に対し、3年毎の州議会への状況報告を義務化する州法「SB-964」を制定。初回の報告書提出期限は2020年1月1日に設定されていた。 【参考】【アメリカ】カリフォルニア州、カルパースとカルスタ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る