【日本】経産省と公取委、消費税転嫁拒否行為で勧告先53企業名を公表。住友不動産、帝国データバンク等

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と公正取引委員会は10月23日、消費税転嫁対策の取組状況を発表。2014年4月の消費税率8%引上げ、2019年10月の消費税率10%引上げを踏まえ、相談窓口や書面調査、転嫁Gメンによるパトロール等を実施してきた。結果、転嫁拒否行為に対し、2019年9月末までの累計で、指導を5,388件、措置請求を13件、勧告を53件実施したと表明した。  消費税転嫁拒否とは、取引先や下請企業に消費税分を負担させる行為で、消費税転嫁対策特別 [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、CCUSと天然ガス開発推進で国際会議。理解国集めに躍起。「化石燃料依存は続く」

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は9月25日、炭素回収・利用(CCU)を拡大するため、3つのアクションを盛り込んだ「カーボンリサイクル3Cイニシアティブ」を発表した。日本の産官学が賭ける炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)の推進のため、国際的な理解を得る動きに出る。  今回の発表で、経済産業省は、「今後も化石燃料に依存せざるを得ない状況は継続」と指摘。脱化石燃料ではなく、化石燃料を有効活用するソリューションを重視するという方向性を示した。その上で、今回3つの [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、「水素・燃料電池戦略技術開発戦略」発表。重点分野3分野10項目を特定

Facebook Twitter Google+

 経済産業省資源エネルギー庁は9月18日、水素・燃料電池戦略協議会が策定した「水素・燃料電池戦略技術開発戦略」を発表した。3月に改訂した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」において、分野毎に掲げる目標の達成に向け具体的な技術開発事項を定めた。 【参考】【日本】経産省、「水素・燃料電池戦略ロードマップ」策定。具体的なコスト削減目標設定(2019年3月15日)  今回策定した戦略は、経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) [...]

» 続きを読む

【日本】経産省や金融庁、決済事業者に対し不正アクセス利用対策を求める注意喚起を発布

Facebook Twitter Google+

 経済産業省、個人情報保護委員会、金融庁は8月6日、決済事業者等に対し、リスト型アカウント攻撃をはじめとする不正アクセスに備えた十分な対策を講じるよう要請する注意喚起を発布した。  今回の発布の背景には、キャッシュレス決済の導入に当たり、決済事業への参入を図る企業が増える中、アカウントに対するリスト型アカウント攻撃をはじめとする不正アクセスにより、利用者被害が出ていることがある。  今回の発布では、対策を講じるに当たっては、キャッシュ [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、デジタル経営改革のための評価指標「DX推進指標」公表。取締役会の実効性評価項目も

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月31日、「デジタル経営改革のための評価指標(DX推進指標)」を取りまとめたと発表した。本指標は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)推進のための経営の在り方、仕組みに関するもの」「DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築に関するもの」の2つに分類され、それぞれに定量・定性指標が35項目紐づいている。  各項目は、現在の日本企業が直面している課題やそれを解決するために押さえるべき事項を中心に選定され、経営幹 [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、2018年度の「石油・天然ガス自主開発比率」発表。29.4%にまで上昇

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月29日、石油・天然ガスの自主開発比率の2018年度結果を発表した。同比率は前年度から2.8%増加し29.4%となった。政府は、2030年に40%以上に引き上げることを目標としている。  同省は、「石油・天然ガスの自主開発比率」を、石油・天然ガスの輸入量及び国内生産量を分母とし、日本企業の権益に関する引取量及び国内生産量を分子とした割合と定義している。  今回比率が増加した背景については、「豪州におけるLNGプロジェク [...]

» 続きを読む

【日本】経産省と国交省、4区域を洋上風力「有望区域」に選定。他にも7区域が一定の段階に

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と国土交通省は7月30日、洋上風力発電所推進のために制定した再エネ海域利用法について、既に一定の準備段階に進んでいる区域として11区域を明らかにした。同法では、国が基本方針を定め、年度毎に促進区域を国が指定。その後に地元関係者を巻き込んだ法定の「協議会」を設置し、その承認を得てプロジェクトが発進することとなっている。  今回、一定の段階に進んでいる区域として公表されたのは、「青森県沖日本海(北側)」「青森県沖日本海(南側) [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会を設立。ISO等目指す

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月22日、「海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会」を設立したと発表した。同省は5月、海洋生分解性プラスチックの普及に向け今後の主な課題と対策を取りまとめた「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」を策定しており、今回の委員会では、2020年代初頭にISO等で国際標準を提案することを目指す。  同省は、「廃棄物の適切な管理が何より重要であることを前提に、3R(リユース、リデュース、リサイクル)の着 [...]

» 続きを読む

private 【日本】経産省、グループ経営のコーポレートガバナンス実務指針発行。参照は任意

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は6月28日、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針(グループガイドライン)」を策定した。第2期「コーポレート・ガバナンス・システム研究会(CGS研究会)」で議論を実施していた。ガイドライン遵守に法的義務はなく、経済産業省は自主的に活用する企業を増やしていきたいとしている。  コーポレートガバナンスは、これまで法人単位を基本としていたが、昨今経営の実態はグループ単位となっており、グループ経営に必要なコーポレートガ [...]

» 続きを読む

private 【日本】政府、2030年度の乗用車燃費基準で答申。現状より30%以上改善。電気自動車等の大幅増見込む

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と国土交通省は6月25日、共同で設置した燃費基準に関する審議会で、2030年度を目標年度とする乗用車の新たな燃費基準に関する報告書を取りまとめた。今後、経済産業省と国土交通省が中心となって2019年度中に法改正等を実施する。燃費基準を高く設定することで、二酸化炭素排出量削減につなげる。  日本政府は、乗用車については、燃費が最も優れている製品を基に基準を将来基準を設定していく「トップランナー制度」に基づき、これまで2010 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る