【日本】経産省、海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ策定

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は5月7日、海洋生分解性プラスチックの普及に向け今後の主な課題と対策を取りまとめた「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」を策定した。「実用化技術の社会実装」「複合素材の技術開発による多用途化」「革新的素材の研究開発」の3つの観点からロードマップを位置づけた。  まず第1段階として、プラスチック包装・容器の素材転換を対象とした「実用化技術の社会実装」では、2020年を目処に産業技術総合研究所(AIST)や日本 [...]

» 続きを読む

private 【日本】コンビニ大手3社やポプラ、人手不足対策「行動計画」発表。加盟店負担削減や外国人採用補助等

Facebook Twitter Google+

 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア大手3社は4月25日、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の人手不足等の是正に向けた行動計画を発表した。世耕弘成経済産業相が3月26日、上記3社にミニストップを加えた計4社に対し自主的に行動計画を発表するよう要請していた。 【参考】【日本】コンビニに深刻な人手不足で24時間営業に懸念。経産省が行動計画要請へ(2019年3月28日)  セブン-イレブンは、行動計画の中で [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CSPF)1.0策定

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は4月18日、産業に求められるセキュリティ対策の全体像を整理した「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)」の初版を策定した。サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させることにより実現される「Society5.0」、様々なつながりによって新たな付加価値を創出する「Connected Industries」において、サプライチェーン全体のサイバーセキュリティ確保を目的としている。  CPSFは、バリ [...]

» 続きを読む

private 【日本】経産省、日本企業による海外M&A実態調査報告書発行。グローバル経営力に大きな課題

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は4月8日、日本企業による海外M&A実態調査報告書「海外M&Aと日本企業~M&Aの最前線に立つ国内外の企業の声からひもとく課題克服の可能性~」を発表した。グローバルで事業を行うために重要な「グローバル経営力」「グローバル経営の制度・仕組み」が不十分と結論づけた。  今回の報告書作成に当たり、買収契約成立後の統合プロセス(PMI)の一環で現地に派遣されている日本企業の駐在員や買収先の経営陣を複数名集めた座談会を米国、英国、シ [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービス検討報告書発表

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は4月5日、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツサービス検討に関する報告書を発表した。システム構築に当たって想定される機能として「登録」「分配」「支払い」の3つを検討し、技術的なモデル要件をまとめた。  今回の報告書は、デジタル技術を活用した権利管理・利益分配により、デジタルコンテンツの制作行為や価値創出行為をマネタイズし、新たなコンテンツ市場を創出することを狙ったもの。そこで今回の調査では、音楽のn次創作を発信・視聴 [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」12件発表。応募24件のみ

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は4月5日、「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」で12案件を選定した。2019年6月8日、9日に茨城県つくば市で開催される「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」で紹介する。同省は2月1日から自主応募を募集していた。 【参考】【日本】経産省、「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」の公募開始。G20会合で紹介(2019年2月6日) 選定ビジネス事例 ヤマハ発動機:緩速ろ過浄水装置の途上 [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、ERABガイドライン改定。ネガワット調整金の計算方法の考え方提示

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は4月1日、ネガワット取引を含むエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)の普及拡大に向け、「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するガイドライン」を改定した。同ガイドラインは2015年3月に策定。改定は今回が3回目。  同ガイドラインは、ディマンドリスポンス(DR)により生じた電力量を電力会社が調達し、その対価を支払う取引(ネガワット取引)について、電力量の評価方法等、ERABの関係者が [...]

» 続きを読む

【日本】経産省と国交省、洋上風力発電設備の維持管理に関する法規則解説書発行。撤去は不明瞭のまま

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と国土交通省が設置した港湾における洋上風力発電施設検討委員会は3月29日、洋上風力発電普及法が制定されたことに伴い、設備管理や処理面での技術的な内容をまとめた「洋上風力発電設備の維持管理に関する統一的解説」を発行した。 【参考】【日本】政府、再エネ海域利用法の関連政令を閣議決定。洋上風力を明記。占有可能空域・海底域も決定(2019年3月16日)  洋上の構造物については、電気事業法と港湾法の他、数多くの法律が関係しているも [...]

» 続きを読む

private 【日本】経済産業省、CO2排出量算定でスコープ2ガイダンス解説書発表。再エネ調達手法明確化

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は3月29日、気候変動対応を進める企業向けに、二酸化炭素排出量測定における国際基準に照らした報告ガイダンス「国際的な気候変動イニシアティブへの対応に関するガイダンス」を発行した。国際環境NGO世界資源研究所(WRI)と、持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が2012年に策定した「GHGプロトコル スコープ2ガイダンス」を解説。再生可能エネルギー等を用いて二酸化炭素排出量 [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省と国土交通省、トラック・バス等の2025年燃費目標基準を最終決定

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と国土交通省は3月29日、2025年度のトラック・バスの燃費基準を告示した。現行の2015年度比で、トラック等は約13.4%の改善、バスは約14.3%の改善が要求される。両省は2017年に案を公表しており、原案通り最終決定した。 【参考】【日本】経産省と国交省、2025年度までのディーゼルトラック・バスの燃費基準目標案公表(2017年12月18日)  現時点では、省エネ法により2006年に設定した2015年基準は、すでに全 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る