Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】気候変動推進都市の連盟C40、CDPと共同で低炭素都市プロジェクトの報告書発表

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関心の高い世界の大都市が加盟する団体C40 Cities Climate Leadership Group(C40)は4月4日、ロンドン市とともに「C40 Financing Sustainable Cities Forum」を開催し、その中で、CDPと共同で作成した気候変動に向けての都市インフラ投資を分析した報告書「C40都市の低炭素投資の状況(The Low Carbon Investment Landscape in [...]

» 続きを読む
2017/04/15 ESG 最新ニュース

【環境】2016年 CDPレポート 〜気候変動・ウォーター・フォレストとAリスト入りした日本企業〜

Facebook Twitter Google+

 環境分野で企業の情報開示を促す国際NGOのCDPは、2016年後半に、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」分野での2016年度レポートを続々と公表しました。この報告書には、各分野の最新動向、世界的な企業動向、各企業の評価が発表されています。 【参考】CDPとは・意味(2016年2月20日)  CDPは世界から年々大きな注目を集めています。2015年から2016年にかけて、世界では持続可能な社会に向けた2つの大きな動 [...]

» 続きを読む
2017/02/21 体系的に学ぶ

CDP

Facebook Twitter Google+

CDPとは  CDPは、気候変動など環境分野に取り組む国際NGOで、2000年に設立されたプロジェクト「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト」がその前身となっています。カーボン・ディスクロージャー・プロジェクトは、環境分野で活躍していたテッサ・テナント現CDP顧問、ジェレミー・スミス現CDP評議会委員、ポール・デッキソン現CDP議長やポール・シンプソン現CDP・CEOらが有志が、2000年に共同で開始。気候変動が企業に与える経営 [...]

» 続きを読む
2017/02/20 辞書

【国際】CDP、2017年版サプライチェーン報告書を公表。優秀サプライヤーとして日本企業7社入賞

Facebook Twitter Google+

 機関投資家らによる国際イニシアチブで企業に気候変動の情報開示を求めるNGOのCDPは1月23日、サプライチェーンプログラムの今年度報告書「サプライチェーン報告書2017」を公表した。CDPの報告書は、従来からのCDPプログラムである「気候変動」「水」「森林」の3つを、サプライチェーンという観点で改善していくために開始されたもの。今回の報告書は、サステナビリティネットワーク団体のBSRおよび英国政府が設立した独立系企業カーボン・トラス [...]

» 続きを読む
2017/02/08 最新ニュース

【国際】鉄鋼業界の気候変動対応は大きな遅れ、日系大手3社にも厳しい評価。CDP報告書

Facebook Twitter Google+

 機関投資家らによる国際イニシアチブで、企業に気候変動の情報開示を求めるCDPは10月6日、気候変動を巡る環境変化が鉄鋼業界に与える影響を分析した新たな報告書「Nerves of Steel」を発表、鉄鋼メーカーは今後、炭素価格(カーボン・プライス)制度の導入と脱炭素技術の開発の遅れにより苦境に立たされるであろうとまとめた。  同報告書は、時価総額総計1,210億米ドルを誇る世界の鉄鋼業界は、パリ協定の目標達成に向けて2050年までに [...]

» 続きを読む
2016/10/30 最新ニュース

【セミナー参加報告】「CDP 2016 日本報告会」のキーファインディングス

Facebook Twitter Google+

 パリ協定の発効を約10日後に控えた2016年10月25日(火)、東京証券取引所 東証ホールで「CDP 2016 日本報告会」が開催された。CDPエグゼクティブチェアマン、ポール・ディケンソンが来日し、東京は、世界の他の都市に先立つ報告解禁後、第一番目の開催都市となった。CDPは世界の機関投資家(827機関、運用資産総額100兆米ドル)が、企業に対して環境課題に関連する情報開示を求めるイニシアチブで、今回は4分野のうち、署名機関投資家 [...]

» 続きを読む
2016/10/27 ESGコラム

【国際】CDP、森林分野のスコアリング・パートナーにSouth Pole Groupを選定

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する情報開示を推進するNGO、CDPは8月3日、CDPが進める「Forests(森林)」分野のグローバル・スコアリング・パートナーに、カーボンオフセットプログラムのソリューション提供などで有名なコンサルティング企業South Polse Groupを選定した。今後両者は、ステークホルダーや投資家が企業の森林保全実態を判断するためのリスク管理ツールとしてスコアリングプログラムを開発していく。両者はすでに「Water(水)」 [...]

» 続きを読む
2016/09/07 最新ニュース

【国際】温室効果ガス情報の開示都市数が世界的に増加。CDP報告

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する情報開示を推進するNGO、CDPは8月4日、温室効果ガス排出量データを測定、開示する世界の都市リストを発表した。CDPは気候変動に関する情報を企業から収集していることで知られているが、都市に対してもCDPへの自主的な情報開示を推進している。昨年12月の気候変動枠組み条約パリ会議(COP21)などで気候変動への関心が世界的に高まっていることもあり、CDPに情報開示する都市の数は急増。2015年比で開示都市数は70%増加 [...]

» 続きを読む
2016/08/26 最新ニュース

【国際】CDP、パリ協定目標達成に向け、セメント企業の課題を伝える報告書公表

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する企業情報開示ガイドラインを発行している非営利団体CDPは6月9日、合計で時価総額が1,200億ドルに達するセメント会社12社の炭素利用効率を分析、炭素価格制度(カーボン・プライシング)が導入されると多くの企業が大幅に利益減となるとするレポートを公表した。セメント産業自体は、去年のパリ協定の採択を以て大きな分岐点を迎えており、さらなる効率向上のためのイノベーションを求められる時代となったという。報告書では、日本の太平洋 [...]

» 続きを読む
2016/06/21 最新ニュース

【国際】Corporate Reporting Dialogue、主要ガイドラインの「マテリアリティ」比較発表

Facebook Twitter Google+

 Corporate Reporting Dialogueは3月30日、同団体に加盟している8つの機関、CDP、CDSB、GRI、IFRS、IIRC、ISO、SASB、(FASBは現在マテリアリティを定義中のため部分参加)がそれぞれ定義する「マテリアリティ」の違いを比較する分析レポート「Statement of Common Principles of Materiality of the Corporate Reporting Di [...]

» 続きを読む
2016/04/18 最新ニュース
ページ上部へ戻る