【日本】政府、生物多様性条約名古屋議定書を受諾。他の締約国の遺伝情報利用者には新たな義務

Facebook Twitter Google+

 日本政府は5月19日、「生物の多様性に関する条約の遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書(名古屋議定書)」を受諾することを閣議決定し、5月22日受諾書を国際連合事務総長に寄託した。これにより、日本は名古屋議定書の加盟国となった。今年8月20日から同議定書の効力が発生する。  名古屋議定書は、2010年10月に名古屋で開催された生物多様性条約締約国会議(COP10)で採択された遺伝資源の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】モルガン・スタンレー研究機関、インクルーシブ成長を後押しする投資分析ツールを公開

Facebook Twitter Google+

 モルガン・スタンレー持続可能な投資研究所は5月19日、英エコノミストの調査会社エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)と共同で、投資家向けに、各国のインクルシーブ・ビジネス投資機会を評価、ランキングしたレポート「Inclusive Growth Opportunities Index」を発表した。同レポートでは、世界20ヶ国を対象に、6つの観点からインクルシーブな経済成長に向けた投資機会があるかを分析。ランキング付を行った [...]

» 続きを読む

【国際】G20労働雇用大臣会合、インクルーシブ・ビジネスに向けた共同宣言を採択

Facebook Twitter Google+

 ドイツのバート・ノイエンアールで5月18日から19日にかけて開催されたG20労働雇用大臣会合は5月19日、共同宣言「インクルーシブな未来に向けて」を採択した。インクルーシブ(Inclusive)とは、近年「インクルーシブ・ビジネス」という用語で語られており、貧困層の人々を消費者、生産者、流通者などビジネスのバリューチェーンの中に包摂していくという動き。共同宣言では、世界経済が地球上の全ての人のもとで繁栄していけるよう、インクルーシブ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SASB財団、法人・個人の会員プログラム「SASB Alliance」を開始

Facebook Twitter Google+

 SASB財団(米国サステナビリティ会計基準審議会財団)は5月18日、法人や個人が参加可能な会員プログラム「SASB Alliance」を開始した。この有料プログラムに参加することで、SASBが提供するイベント等の参加費が割引となったり、最新のレポートなどが見られるようになる。  投資家視点でのサステナビリティ情報開示ガイドラインに取り組むSASBには、以前からケーススタディの共有や、ネットワーク機会の提供などに関する要望が寄せられて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ペプシコ、同社の食の健康目標で健康NGOのPHAに第三者評価を委託

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ペプシコは5月11日、同社製品の健康に関する取組の第三者機関評価を行うため、米国健康NGOPartnership for a Healthier America(PHA)とパートナーシップを結んだ。PHAがペプシコの取組を評価、報告する。  ペプシコは2016年10月に、世界保健機関(WHO)やその他団体のガイドラインをもとに、健康促進に関する目標を作成。目標には、商品に含まれる糖類、飽和脂肪酸、ナトリウム量の削減や、全 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】トランプ大統領、パリ協定からの離脱方針を表明。高まる中国・EUの存在感

Facebook Twitter Google+

 米トランプ大統領は6月1日、ホワイトハウスで、気候変動枠組条約パリ協定からの離脱方針を表明した。トランプ大統領は、パリ協定は米国にとって不公平な内容であり、米国経済を痛めるものであると同協定を批判した。パリ協定には世界190ヶ国以上が署名しており、すでに147ヶ国が批准。米国も前オバマ大統領政権時代の2016年9月3日に批准し、同協定は2016年11月14日発効している。  パリ協定の大枠の内容は、各国自主的な二酸化炭素排出量削減目 [...]

» 続きを読む

【国際】トムソン・ロイター、CO2排出量世界トップ企業100社を公表。削減への道筋を提案

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手トムソン・ロイターは5月17日、二酸化炭素排出量世界トップ100社の排出量と、排出量を削減し業績を向上させる道筋を示したレポート「Global 100 Greenhouse Gas Performance: New Pathways for Growth and Leadership」を発表した。同レポートは、トムソン・ロイターの他、国際NGOのCDP、サステナビリティ・コンサルティングBSD Consultingが [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、「Sustainable Living Plan」の進捗を発表。業績に大きく貢献

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手ユニリーバは5月18日、2011年から開始している同社のサステナビリティ戦略「Sustainable Living Plan」の実施状況を発表した。同社の業績はこの「Sustainable Living Plan」によって向上していると成果を示した。 Sustainable Livingの下で展開されているブランドは、その他のブランドより50%早く成長 2016年の同社の成長の60%が、Sustainable Livi [...]

» 続きを読む

【インド】今月前半だけで石炭火力発電建設計画13.7GWが中止。稼働中発電所の停止の可能性も

Facebook Twitter Google+

 米IEEFA(エネルギー経済・財務分析研究所)は5月17日、今月のみでインドで建設予定の石炭火力発電所(合計設備容量13.7GW)が建設中止となったと発表した。同時に、現在稼働中の輸入石炭を用いた石炭火力発電(合計設備容量8.6GW)も稼働停止となる可能性があるという。IEEFAは、石炭火力発電そのものは引き続き行われつつも、増強スピードは落ち込んでいくと見通している。  石炭火力発電所建設計画の背景には、太陽光発電価格の大幅な低下 [...]

» 続きを読む

【国際】トムソン・ロイター、バイサイド・アナリスト向けに企業のESG分析ツールを開発

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手トムソン・ロイターは5月17日、バイサイドのアナリスト向けに、SASB(米国サステナビリティ会計基準審議会)のマテリアリティ特定フレームワークに基づき、投資機会やリスク分析を行うための新たなツール「Insight360 SASB Edition」をリリースした。ツールはTruValue Labsが開発。トムソン・ロイターのオンライン・サービス提供ツールである「Thomson Reuters Eikon」で利用できる。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る