【アメリカ】グリーンなオフィス環境で働く人々は認知機能が高い。ハーバード大学院調査

Facebook Twitter Google+

 換気の良いオフィス、室内汚染物質やCO2濃度が平均よりも少ない環境下で働く人々は、そうでない(一般的な)オフィスで働く人々に比べて、危機対応や戦略策定等の重要な認知機能レベルが非常に高いという研究結果が、Harvard T.H. Chan School of Public Health(ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院)のグループを中心とする研究により明らかになった。同論文は10月26日発行の"Environmental He [...]

» 続きを読む

【国際】RepRisk、世界中の学術機関へESGリスクデータを提供へ

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクに関する学術的研究が多くの研究機関で本格化することになりそうだ。ESGリスク分析・情報提供大手のRepRisk社は10月20日、ペンシルベニア大学ウォートンスクールのウォートン・リサーチ・データ・サービス(WRDS)に同社のESGリスクに関するデータ提供を開始すると発表した。  WRDSは世界の研究機関向けに企業の情報や財務分析データ、最新の学術研究成果などを提供しているデータベースプラットフォームで、現在33カ国で30 [...]

» 続きを読む

【国際】CDP、世界で最も水管理に優れた企業8社を公表。日本からはアサヒら3社が選出

Facebook Twitter Google+

 企業に対して気候変動対策の情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPは10月22日、グローバル企業らによる水のサステナビリティ向上に向けた取り組み状況をまとめた報告書、"Global Water Report 2015"を公表した。今年の報告書の中で、CDPは初めて企業の水管理に関する格付を公表した。  CDPからA評価を受け、「Water A List」に選出されたのはフォード、トヨタ自動車、アサヒグループホールデ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、主要ファブリックケアブランドを100%風力発電で生産へ

Facebook Twitter Google+

 米消費財大手のP&Gは10月20日、TideやDawnなど同社の主要なファブリック&ホームケアブランドの生産に必要な電力を100%風力発電で賄うという計画を発表した。P&GはEDF Renewable Energy(以下、EDF RE)と提携して電力を調達する。EDF REはテキサス州に新たに年間37万MWhの発電量を誇る風力発電所を設置し、2016年12月から完全操業する予定だ。  この提携はP&Gがホワイトハウスで「米ビジネス気 [...]

» 続きを読む

【国際】ATAG、世界の航空業界の気候変動アクションをまとめた報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 航空業界のサステナビリティを推進するグローバル連合のAir Transport Action Group(以下、ATAG)は9月29日、航空業界における気候変動への取り組みをまとめた報告書、"Aviation Climate Solutions"を公表した。同報告書は世界65ヶ国、400団体以上の炭素排出削減プロジェクト事例を取りまとめたもので、世界中の空港で進んでいる太陽光発電の導入から最新の航空機デザイン、鉄鋼所の廃棄ガスで作ら [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】EU、2014年の温室効果ガス排出量を1990年比で23%削減

Facebook Twitter Google+

 欧州環境庁(European Environment Agency、以下EEA)は10月20日、EUは2020年までに1900年比で温室効果ガス排出を20%削減するという目標達成に向け、目標を上回るペースで順調な進捗を見せていると公表した。  EEAが公表した報告書"Trends and projections in Europe 2015"によると、ヨーロッパの温室効果ガス排出量は1990年から2014年までで23%減少しており、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米大手企業ら81社、ホワイトハウスの気候対応行動誓約に署名

Facebook Twitter Google+

 パリの国連気候変動会議が近づく中、新たに大手企業ら81社が10月19日、ホワイトハウス主導のAmerican Business Act on Climate Pledge(米ビジネス気候変動対応行動誓約)に署名した。署名企業らは2020年およびそれ以降に向けた温室効果ガス削減目標および再生可能エネルギー調達目標を設定した。今後はエネルギー効率の向上や低炭素社会に向けた投資の促進、米国の低所得者層へのサステナビリティ促進などに注力して [...]

» 続きを読む

【アジア】南アジア地域の「極度の貧困」は人口の13.5%まで減少。世銀見通し

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は(以下、世銀)10月15日、南アジア地域において極度の貧困の中で暮らす人々の数が、2015年には同地域の人口の13.5%まで低下したとの推測を公表した。この最新データは10月17日の「貧困撲滅のための国際デー」を前に発表されたもので、世銀によると、2015年の世界全体における極度の貧困者は9.6%に減少する見通しだ。世銀は2030年までに極度の貧困を撲滅するという目標達成に向けて取り組んでいる。  世銀の南アジア地域担当副 [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行グループ、気候関連融資を2020年までに290億米ドルまで増額へ

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループ(以下、世銀)は10月9日、メンバー各国の支援を受けて2020年までに気候変動関連融資を年間290億米ドルに増額する可能性があると表明した。実現すれば、途上国をはじめとする各国の気候変動対策や低炭素社会への移行を大幅に進展させることにつながる。  現状では世銀の資金の21%が気候関連のものだが、総裁を務めるJim Yong Kim氏は同日、需要に応じて2020年には28%に増額する可能性があると発言した。世銀は平均し [...]

» 続きを読む

【バングラデシュ】国際NGOら、H&Mに対してバングラデシュ工場における労働環境改善の遅れを指摘

Facebook Twitter Google+

 労働者の人権問題らに取り組む国際NGOらは10月1日、スウェーデンのアパレル大手、H&Mのバングラデシュ下請け工場における労働環境改善の取り組みが非常に遅れているとする報告書を共同で公表した。問題を指摘したのはClean Clothes Campaign、International Labor Rights Forum、Maquila Solidarity Network、Worker Rights Consortiumの4団体だ。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る