private 【スウェーデン】ボルボ・カーズ、皮革素材の使用禁止。動物福祉と気候変動対策

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズは9月23日、新型EV車種「C40 Recharge」から、皮革素材の使用を禁止すると発表した。動物福祉と畜産による気候変動が理由。ボルボ・カーズは、2010年に中国の浙江吉利控股集団(Geely)が買収し、Geelyの傘下となっている。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】生物多様性条約締約国会議、中国が260億円の基金創設。日本は18億円の追加拠出表明

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は10月12日、第15回国連生物多様性条約昆明締約国会議(CBD COP15)の事前会議として、首脳級がスピーチする「リーダーズ・サミット」を開催。各国からCOP15に向けた数多くの声明が発表された。  同サミットでは、CBD COP15議長国の中国から、習近平国家主席がスピーチを実施。昆明生物多様性基金を創設し、発展途上国の生物多様性保護のために15億人民元(約260億円)を拠出すると発表した。  英国から [...]

» 続きを読む

private 【国際】IBM、企業向けの気候変動緩和・適応支援ツール発表。SaaS型で提供

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMは10月12日、AIを活用し、気候変動の緩和と適応の両面で企業の戦略策定を支援する新たなソフトウェア「IBM環境インテリジェンス・スイート」を発表した。世界中の企業が、気候変動対策へと向かう中、支援ツールを早速発表した。  今回の発表したソフトウェアは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、初のグリーンボンド1.6兆円発行。発行額で史上最大。11倍の注文集まる

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月12日、初となるグリーンボンド機関債を120億ユーロ(約1.6兆円)発行した。年限は15年。グリーンボンドでの一回の発行額は過去最大。欧州委員会は2020年10月にソーシャルボンドを初発行し、今回グリーンボンド発行へと続いた。 【参考】【EU】欧州委、2026年までにソーシャルボンドとグリーンボンドを112兆円発行。市場拡大に貢献(2020年10月26日) 【参考】【イギリス】政府、初のグリーンボンド国債1.5兆円 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、2030年までの長期政策目標を5つ設定。技術開発、政策、法規制で優先

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は9月29日、2030年までに達成すべき長期政策目標として5つの「EUミッション」を正式にローンチした。策定過程では、2020年9月に「ミッション・ボード」がミッション案を提示し、10月に欧州委員会が承認。その後、EUミッションのPDCAを回すための具体的なアクションプランとモニタリング指標の設計を行い、今回の正式ローンチとなった。  今回設定した5つのEUミッションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ジェットブルー航空、SGプレストンからSAFを6.7億ガロン調達。米国北東部最大

Facebook Twitter Google+

 航空世界大手米ジェットブルー航空は9月29日、バイオエネルギー大手SGプレストンとの間で、2023年から10年間で、持続可能なジェット燃料(SAF)を混合したジェット燃料を6億7,000万ガロン以上調達する契約を締結した。米国北東部でのSAFの短期契約としては過去最大。  今回の契約により、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イタリア】エネルX、自治体向けのサーキュラー無料診断ツール発表。特に小規模自治体を支援

Facebook Twitter Google+

 イタリアエネルギー大手エネルのエネルギーマネジメントサービス子会社エネルXは9月29日、シエナ大学と協働し、地上自治た向けのサーキュラーエコノミー化の自己診断ツール「サーキュラー・シティ・インデックス」を発表した。地方自治体であれば、同社の自治体専用ポータル「YoUrban」に登録することで、無料で使用できる。  イタリアでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】ワコール、スコープ1と2で2030年カーボンニュートラル宣言。スコープ3削減目標も今後

Facebook Twitter Google+

 ワコールは10月4日、「環境目標2030」を設定。スコープ1とスコープ2で2030年までのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を宣言した。スコープ3の削減目標も2022年春に発表するが、海外事業でのスコープ3については目標設定は未定。  同社は、今回の目標を達成するため、2030年までに再生繊維等の「環境配慮型素材」の仕様比率を50%に引き上げる。さらに工場での端材廃棄物を2030年までにゼロにする。ちなみに現状の廃棄 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】HSBC企業年金、投資運用で2050年カーボンニュートラル宣言。DC型も含む

Facebook Twitter Google+

 英金融大手HSBCの企業年金基金HSBC英国年金スキームは10月8日、運用ポートフォリオ全体で2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)にコミットすると発表した。投資運用ポートフォリオのカーボンフットプリントでのカーボンニュートラルに企業年金からも動きが出てきた。  同企業年金基金は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る