private 【国際】機関投資家300兆円、コロナワクチン4社に途上国への配布強化で共同声明。株主提案も

Facebook Twitter Google+

 機関投資家約65機関は1月6日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの医薬品メーカー4社に対し、世界中の医薬品アクセスを実現するよう求める共同声明を発表した。世界保健機関(WHO)が掲げるワクチン接種普及指針の遵守するよう要請した。  今回の共同声明に署名したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】バイオジェン、アルツハイマー治療薬を50%減額。医薬品アクセス向上

Facebook Twitter Google+

 米医薬品大手バイオジェンは12月20日、アルツハイマー病(AD)治療薬ADUHELM(一般名:アデュカヌマブ)の米国での卸売購入価格(WAC)を1月1日から約50%引き下げると発表した。医薬品アクセス向上施策の一環。エーザイは2017年10月からバイオジェンとアデュカヌマブの開発と製品化で協働している。  今回の決定により、平均体重(74kg)の疾患者の場合、10mg/kgの年間の薬剤費が28,200米ドルとなった。背景には、発売以 [...]

» 続きを読む

【日本】厚労省、メルクの「モルヌピラビル」を新型コロナ飲み薬で初の特例承認

Facebook Twitter Google+

 厚生労働省は12月24日、米メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「モルヌピラビル」に対し、医薬品医療機器等法第14条の3に基づく特例承認した。同社のモルヌピラビルの商品名は「ラゲブリオ(LAGEVRIO)」。日本で新型コロナウイルス感染症飲み薬が承認されたのは今回が初。同社の米国外での企業名はMSD。  特例承認とは、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第14条の3第1項の規定に基づき、「疾 [...]

» 続きを読む

private 【イスラエル】テバ、リンク・ボンド5700億円発行。医薬品アクセスと気候変動がSPT。AtMFからも評価

Facebook Twitter Google+

 ジェネリック医薬品大手イスラエルのテバ・ファーマシューティカルは11月3日、医薬品業界初となる医薬品アクセスと気候変動に紐づけたサステナビリティ・リンク・ボンドを50億米ドル(約5,700億円)発行したと発表した。  同債券は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】サノフィ、創薬予測スタートアップOwkinに208億円投資。AI活用、がん4種の研究加速

Facebook Twitter Google+

 医薬品大手仏サノフィは11月18日、創薬予測スタートアップ米Owkinに1.8億米ドル(約208億円)の出資を発表した。両社は今後3年間、総額9,000万米ドル(約104億円)をかけ、ガン4種の発見・創薬で協働する。  Owkinは、人工知能(AI)を活用し、 創薬予測モデルを生成するスタートアップ企業。Owkinの人工知能(AI)では、データを集約せず、分散した状態で機械学習を行う連合学習を活用。従来の機械学習が抱えていたプライバ [...]

» 続きを読む

【国際】グローバル・ウォーター・チャレンジ、医療施設の水・衛生情報データベース構築へ

Facebook Twitter Google+

 水・衛生(WASH)の国際イニシアチブ「グローバル・ウォーター・チャレンジ(GWC)」は11月8日、ミレニアム・ウォーター・アライアンス(MWA)及びコンラッド・N・ヒルトン財団と共同で、医療施設の水・衛生情報データ規格「WASH医療施設データ・エクスチェンジ(WHdx)」を開発すると発表した。データ規格を統一することで、必要な支援に対し、官民が支援を効率的に提供できるようにした。  世界保健機関(WHO)と国連児童基金(UNICE [...]

» 続きを読む

private 【国際】シュナイダーエレクトリック、日本で脱炭素コンサル部門発足。製薬大手10社とも協働

Facebook Twitter Google+

 重電設備世界大手仏シュナイダーエレクトリックは11月4日、日本市場での包括的なカーボンニュートラル・コンサルティングを行うエナジーサステナビリティサービス事業(ESS事業)を展開する部門を日本で新たに立ち上げたと発表した。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】政府、初の新型コロナ飲み薬を承認。米欧でも審査進む。リッジバックとメルクの共同開発

Facebook Twitter Google+

 英医薬品・ヘルスケア製品規制庁は11月4日、医薬品世界大手米メルク(MSD)と米リッジバック・バイオセラピューティクスが開発した新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「モルヌピラビル」を世界で初めて承認した。商品名は「LAGEVRIO」を予定。重症化する危険因子を少なくとも1つ持つ成人の軽度から中等度の治療薬として使用される。  同治療薬は、軽度から中等度の感染症を有する入院していないワクチン未接種の成人患者を対象に800mgを1日2 [...]

» 続きを読む

【国際】アボットとレアルマドリード財団、健康科学・栄養パートナーシップ契約締結。子どもの栄養改善

Facebook Twitter Google+

 米製薬大手アボットは10月18日、スペイン・サッカークラブのレアル・マドリードおよびレアル・マドリード財団と3年間の健康科学・栄養パートナーシップ契約を締結した。レアル・マドリード財団は、スポーツ固有の価値を通じ、世界の子どもの社会統合を支援することを目的に、同クラブが1997年に設立した財団。  今回のパートナーシップでは、世界80カ国の危機的状況にある子どもを対象に、教育・スポーツ・社起福祉活動を支援。加えて、アカデミーチームの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る