【イギリス・ロシア】英政府、新型コロナワクチンを世界初承認。来週接種開始。ロシアでも月内

Facebook Twitter Google+

 英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)のヒト用医薬品委員会(CHM)は12月2日、米製薬大手ファイザーと独製薬ベンチャーのBioNTechが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンを世界で初めて承認した。公衆衛生の非常時に承認を早めることができる「ローリング・レビュー」を実施し、認可を決めた。  今回の承認を受け、英政府は来週から英全土でのワクチン接種を開始。医療関係者や老人ホーム入居の高齢者等、優先順位の高い人から接種する。  また [...]

» 続きを読む

【アメリカ】J&J、人種マイノリティのヘルスケア促進に105億円投資。BMS財団もインクルージョン推進

Facebook Twitter Google+

 医薬品世界大手米ジョンソン・エンド・ジョンソンは11月17日、アフリカ系米国人等の人種マイノリティ向けヘルスケア促進のため、今後5年間で1億米ドル(約105億円)を投じると発表。「健康なコミュニティ」「恒久的なアライアンス」「ダイバーシティ&インクルージョンを備えた企業文化」の3分野にコミットする。  健康なコミュニティについては、人種マイノリティの医療・科学専門家のプレゼンス向上のため、新たな奨学金、メンタリング制度等の非財務的支 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、2030年までにバイオエコノミーの市場規模を800兆円と算出。サーキュラー化

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は11月23日、サーキュラー・エコノミーの展望を分析したレポートを発表した。サーキュラーエコノミーの中でも、バイオ循環の分野に着目し、2030年までに市場規模が7.7兆米ドル(約800兆円)にまで拡大すると見通した。  今回のレポートを作成したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】米モデルナ、新型コロナ・ワクチン候補で94.5%の有効性。英・EUはすでに当局レビュー開始

Facebook Twitter Google+

 米バイオテクノロジー大手モデルナは11月16日、開発中の新型コロナウイルス・ワクチン「mRNA-1273」が、米国立衛生研究所(NIH)が指定した臨床データ監視委員会(DSMB)から、フェーズ3臨床試験でワクチンの有効性が94.5%と非常に高い数値で認められたと発表した。被験者は3万人。  新型コロナウイルス・ワクチンでは、製薬大手米ファイザーと独バイオ製薬大手BioNTechが11月9日にフェーズ3臨床試験で90%の有効性が出たと [...]

» 続きを読む

【ドイツ】メルク、新サステナビリティ戦略発表。3つのゴール設定。達成状況は役員報酬と連動

Facebook Twitter Google+

 医薬品大手独メルクは11月12日、新たなサステナビリティ戦略を発表した。ゴール3つと各々に紐づく注力領域11分野を設定。複数プロジェクトおよびイニシアチブを推進する他、取締役と執行役員の役員報酬も3つのゴールの達成状況と連動させる。  ゴール1つ目は、「2030年までに、持続可能な科学技術を通じ、10億人以上を対象とした人類の進歩の実現」。注力領域としては、サステナブルなイノベーションおよび顧客向けテクノロジーの推進や、健康やウェル [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、ファイザーとBioNTechの新型コロナ・ワクチン3億回分購入を確保。EU加盟国向け

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は11月11日、ファイザーとBioNTechとの間で、同社が開発した新型コロナウイルス・ワクチンが完成した後に、EU加盟国向けに2億回分を購入し、さらに1億回分を購入するオプションを付ける契約を承認した。  EUは、新型コロナウイルス・ワクチンの国際的な分配枠組み「COVAX」に参加済み。そのため、低所得国に対してもワクチンを配分することにコミットしており、COVAXファシリティに4億ユーロを拠出することを8月に発表済み、 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】GSK、2030年カーボンニュートラルと自然環境ネットポジティブを目標設定

Facebook Twitter Google+

 製薬大手英グラクソ・スミスクライン(GSK)は11月3日、新たな環境サステナビリティ目標として、サプライチェーン全体を通じて、2030年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)及び自然環境へのネットポジティブインパクトを実現すると発表した。同目標は、原則として同社の全事業に適用する。  同社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ファイザーとBioNTech、新型コロナ・ワクチンのフェーズ3臨床で90%以上の有効性確認

Facebook Twitter Google+

 製薬大手米ファイザーと独バイオ製薬大手BioNTechは11月9日、開発中の新型コロナウイルス・ワクチンのフェーズ3臨床試験について暫定結果を発表。被験者数万人に対し、90%以上の確率で感染を防ぐ効果が示されたと公表した。同日のファイザー株価は7.69%、BioNTechの米国預託証券(ADR)株価は13.9%上昇した。両社は、今後も研究を続け、安全性が確認されれば、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請する。 【参 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】SAP、ワクチン提供の円滑化支援ツール発表。政府や企業のワクチン接種プログラム促進

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは10月30日、ワクチン供給管理ツール「ワクチン・コラボレーション・ハブ(VCH)」をリリースした。同ツールは、ブロックチェーン技術を活用した製薬企業向けの返品プラットフォーム「SAP Information Collaboration Hub for Life Sciences」上に構築。薬品製造から流通、管理、ワクチン接種後のモニタリングまで、政府や企業のワクチン接種プログラムの推進を支援する。 【参考】【ア [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】政府、アストラゼネカとJ&Jの新型コロナ・ワクチンの臨床再開を承認。レムデシビルは正式認可

Facebook Twitter Google+

 英製薬大手アストラゼネカは10月23日、米食品医薬品局(FDA)が、同社の新型コロナウイルス・ワクチンAZD1222に対するフェーズ3の臨床試験の再開承認が出たと発表した。同社は9月9日に安全性に対する懸念が生じたため、世界中で実施されていた臨床試験を一時中断すると発表。その後、英国、ブラジル、南アフリカ、日本で臨床試験の再開が当局から認められ、今回ついに米国でも再開許可が出た。 【参考】【国際】アストラゼネカ、新型コロナワクチンA [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る