【エチオピア】G7とEU、ティグレ州の人権侵害を深く憂慮。エリトリア軍は撤退開始

Facebook Twitter Google+

 G7各国の外相とEU欧外務・安全保障政策上級代表は4月2日、エチオピア北部ティグレ州で発生している内戦と人権侵害に深く憂慮し、関連して隣国からエチオピア領内に展開していたエリトリア軍に対し、即刻無条件の撤退を求める声明を発表した。  エチオピアでは、かつては、エチオピア帝国時代からの政治的支配民族であるアムハラ人と、最大人口を誇るオモロ人の対立が続いていた。アムハラ人は、1974年に社会主義勢力が、エチオピア革命を起こし、同じくアム [...]

» 続きを読む

private 【コートジボワール・ガーナ】カーギルと国際人権NGOケア、カカオ農家支援の進捗報告。収益増や女性強化等

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルと国際人権NGOケア・インターナショナルは2月17日、コートジボワールおよびガーナでの、カカオのサステナビリティとカカオ農家の生活水準向上に向けた支援をまとめた進捗レポートを公表した。  両者は60年以上、コミュニティ投資で協働。ブラジル、コスタリカ、コートジボワール、エジプト、ガーナグアテマラ、ホンジュラス、マリ、ニカラグア、インド、インドネシアの11カ国で25プロジェクトを展開し、農家270万人以上を支援し [...]

» 続きを読む

【ミャンマー・ウガンダ・パキスタン】SNS企業多数加盟のGNI、ネット人権侵害で政府を批判

Facebook Twitter Google+

 表現の自由・プライバシー保護推進の国際イニシアチブ「グローバル・ネットワーク・イニシアティブ(GNI)」は1月下旬から2月上旬にかけ、ミャンマー、ウガンダ、パキスタンで発生している当局による表現の自由抑圧に対し、重大な懸念を表明した。政府とオンラインコミュニティの関係を巡る、新たな政治問題が多発している。  GNIは、インターネット環境での表現の自由やプライバシーの分野で活動している国際NGOで、企業も多数加盟している。主要加盟企業 [...]

» 続きを読む

private 【中東・アフリカ】UNEP FI、アラブ地域のサステナブルファイナンス動向調査。大きな飛躍期待

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は1月20日、アラブ地域のサステナブルファイナンスの動向を分析したレポートを発表した。現段階ではまだ黎明期だが、これから数年で大きく飛躍するとの見通しを示した。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、人種差別、アフリカ経済、環境、AI等で新イニシアチブ発足。ダボス・アジェンダ

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月25日から27日、オンラインイベント「ダボス・アジェンダ」を開催。例年1月開催の年次総会「ダボス会議」が新型コロナウイルス・パンデミックの安全対策面の観点で1月のダボスでの開催を断念し、5月にシンガポールで開催されることとなり、代替イベントとしてミニイベントの「ダボス・アジェンダ」が催された形。気候変動、差別、食料、アフリカ経済発展等で数多くのイニシアチブが発足した。 人種正義  職場での人種主義撲 [...]

» 続きを読む

private 【アフリカ】世界経済フォーラム、地球観測衛星活用で経済効果23億米ドル。SDGsゴールで幅広く

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月15日、アフリカでの地球観測衛星活用の経済、環境、雇用への影響を分析したレポートを発表した。新型コロナウイルス・パンデミックの影響で、アフリカの経済が大きな打撃を受けている中、アフリカでの地球観測衛星データの市場規模は年間23億米ドル(約2,400億円)分も拡大できるポテンシャルがあると発表した。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

【コンゴ民主共和国】鉱山大臣、RMI等のコバルト・アクション・パートナーシップの運営委員に就任

Facebook Twitter Google+

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟)の紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)」は12月23日、コンゴ民主共和国のWilly Kitobo Samsoni鉱山相が、RMIが主導するコバルト・アクション・パートナーシップ(CAP)のステアリング・コミッティ委員に就任したと発表した。  コンゴ民主共和国は、コバルトの世界的生産国。一方、CAPは、コバルト採掘現場での児童労働や強制労働、 [...]

» 続きを読む

【南アフリカ】政府とWRI、都市のグリーンリカバリー推進で提携。新型コロナからの経済復興策検討

Facebook Twitter Google+

 南アフリカの協働統治・伝統問題省協働統治局、世界資源研究所(WRI)のRoss Center for Sustainable Cities、国際的な持続可能な都市構築イニシアチブCoalition for Urban Transitionsの3者は10月30日、新型コロナウイルス・パンデミックからのグリーンリカバリーを実現するため、新たなパートナーシップを締結した。政府、自治体、NGO、国際団体等が協働し、復興策の在り方を検討する。 [...]

» 続きを読む

【モーリシャス】長鋪汽船、漂着油の除去作業が2021年1月に完了見込み。イノカもサンゴ回復支援

Facebook Twitter Google+

 長鋪汽船は11月5日、インド洋の島嶼国モーリシャスの南東沖で商船三井が運航していた長鋪汽船のばら積みタンカー「わかしお」が座礁した事件について、漂着した油の除去作業を2021年1月に、船体の撤去処理作業を2021年春頃に完了する予定と発表した。  わかしおから流出した油は、約1,000tで沿岸約30kmに漂着。サンゴ等にも付着し海洋汚染が進んでいた。長鋪汽船は今回、関係当局、現地住民、油獨清掃業者の尽力により、2021年1月に油の除 [...]

» 続きを読む

private 【アフリカ】コペンハーゲン大学とNASA、AI解析でサハラ砂漠に180億本の樹木が存在していると算出

Facebook Twitter Google+

 コペンハーゲン大学と米航空宇宙局(NASA)は10月20日、サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地域サヘル地域には、これまで想像されていたより多くの樹木が存在することをAI解析により明らかにした。1,300万平方km2に180億本の木々があるという。  今回の解析は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る