【イギリス】日産、EVバッテリーを送電網と連系。所有者は売電が可能に

Facebook Twitter Google+

 日産自動車とエネルギー世界大手イタリアのエネルは5月10日、電気自動車のバッテリーに充電した電力を、電力需要のピーク時に電力会社に売電できる新たなスキームを英国で構築したと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」とEVバン車「e-NV200」の所有者は、このプログラムに参加すると、電気自動車から電力網に送電する装置(V2G:Vehicle to Grid)を設置してもらえる。電力網に送電された電力は電力会社が買い取り、所有 [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】シェル、気候変動2℃目標に向けた社会シナリオを発表

Facebook Twitter Google+

 石油世界大手のロイヤル・ダッチ・シェルは5月上旬、昨年国際合意に至った「パリ協定」での合意点を前提としたシナリオ示す文書「A Better Life With a Healthy Planet」を公表した。同社はこれまで「地球の気温上昇を産業革命以前と比較して2度未満に抑える」ことは実現が困難として、自社のシナリオ作成の際にもそれを前提としてこなかった。背景について、英環境メディアのCarbon Briefは、気候変動に関する情報開 [...]

» 続きを読む

【日本】メガソーラー事業に外資大手が参入、長野県ゴルフ場跡に46.8MW

Facebook Twitter Google+

 米国に本社を置く太陽光発電投資企業Vision Ridge PartnersとGSSG Powerは5月3日、太陽光発電事業を手掛ける日本のSUNホールディングス(東京)と共同で、長野県諏訪市のゴルフ場跡地に設備容量46.8MWの太陽光発電施設「諏訪ゴルフメガソーラー発電所」を建設すると発表した。約60haに14万3,000枚の太陽光パネルを設置する計画で、3,800万世帯の電力を賄うことができる。2017年の運転開始を目指し、電力 [...]

» 続きを読む

【イギリス】世界最大規模風力発電所、最終投資を意思決定。設備容量1.2GW

Facebook Twitter Google+

 イギリス沖で世界最大規模の洋上風力発電所プロジェクトが展開されている。設備容量は1.2GW。東日本大震災前の福島第一原子力発電所の設備容量が約4.7GW、再稼働した九州電力の川内原子力発電所の設備容量は1.78GW。1.2GWの設備容量がどれほど大きい規模か想像に固くない。もちろん、常時安定出力が可能な原子力発電所と異なり、風力発電所の実際に発電能力はそれに大きく劣るが、海外では再生可能エネルギーへの投資が今も続いている。  この発 [...]

» 続きを読む

【エネルギー】世界の「一次エネルギー」の現状 〜発電・輸送・発電ロスの統計〜

Facebook Twitter Google+

一次エネルギーとは  一次エネルギー(Primary Energy)とは、人間社会のエネルギー源として活用される天然資源から得られるエネルギーのことです。一次エネルギーには、電力エネルギーに変換される石炭、天然ガス、石油などや、ガソリンやジェット燃料などに変換される石油、給湯器に使われるガス、プラスチックなどの樹脂製品に加工される石油などが全て含まれます。また、太陽光発電エネルギー、水力発電エネルギーなどのエネルギーも一次エネルギーに [...]

» 続きを読む
2016/05/11 体系的に学ぶ

【エネルギー】世界の風力発電導入量とビジネス環境 〜2015年の概況〜

Facebook Twitter Google+

風力発電は再生可能エネルギーの中で最大規模  大きな風車が象徴的な風力発電。風力発電は気象現象として気圧差から発する風力を、風車で捉えてタービンを回し、その動力エネルギーを電力エネルギーに変える発電手法です。従来の化石燃料エネルギー型発電と比べ、二酸化炭素の排出量が著しく小さく、気候変動を抑制する効果が大きいとされています。 (出所)IEAのデータをもとに、ニューラル作成  一般的に再生可能エネルギーには、太陽光発電、太陽熱発電、風力 [...]

» 続きを読む
2016/05/06 体系的に学ぶ

【アメリカ】米石炭最大手ピーボディ、連邦破産法11条の適用を申請

Facebook Twitter Google+

 米石炭最大手のピーボディ・エナジー社は4月13日、連邦破産法11条(チャプター・イレブン)をミズーリ州東部地区の連邦破産裁判所に申請したと発表した。申請書類によると、同社の2015年末時点での総資産は110億米ドル(約1兆1,800億円)、負債総額は101億米ドル(約1兆800億円)。  同社は民間企業としては世界最大の石炭企業。2011年にオーストラリアの石炭企業、マッカーサー炭鉱社を51億米ドル(約5,500億円)で買収したこと [...]

» 続きを読む

【ドイツ】シーメンスとイラク政府、エネルギー・電力事業分野での協力に合意

Facebook Twitter Google+

 総合電機世界大手の独シーメンスは3月24日、イラク政府との間で、石油・ガス設備の近代化を共同で実施する覚書(MoU)を締結した。今後、イラクのエネルギー省、石油・ガス省と連携し、パワーミックス(複数の発電方法を混合させる手法)を含めた発電整備と送電網インフラを開発していく。  また今回の覚書の中で、将来に渡り発電および石油・ガスの分野でさらなる協力を行っていくことでも合意し、特にインフラ強化のための資金調達の枠組みについても今後整備 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カルパース、米国住商からカリフォルニア州太陽光発電企業の株式取得

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)は3月23日、カリフォルニア州パームスプリングス近郊の約16平方kmの土地で太陽光発電を行っているDesert Sunlight Investment Holdings社の株式25%を取得したことを発表した。Desert Sunlight Investment Holdings社は、同所で「Desert Sunlight Solar Farm」を運営、2014年後半から550MWで操 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SEC、エクソンモービルに気候変動提案を株主総会議題にするよう指示

Facebook Twitter Google+

 ロイター誌が報じたところによると、米証券取引委員会(SEC)は3月22日、世界最大の民間石油企業エクソンモービルに対し、同社の株主であるニューヨーク州政府会計監査官(Comptroller)が要求する気候変動に関する株主提案を、年次株主総会での議題の中に含めるよう指示した。この株主提案は、同社に対して、気候変動及びそれに関する法整備が同社の事業活動遂行能力に与える具体的なリスクを特定するよう求めている。  エクソンモービルはこれまで [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る