【オーストラリア】政府、多国籍企業の租税回避に歯止めをかける新法案を提出

Facebook Twitter Google+

 多国籍企業による租税回避が世界各国で問題となっている中、オーストラリアが独自の規制強化に動き出している。オーストラリア政府は5月12日、15年度の予算案発表に先立ち、これまで問題視してきた多国籍企業の租税回避に対する取り締まりを強化する新たな法案を議会に提出した。同法案が通過すれば、税務局がより大きな権力を握りこれまでより高額な罰金を徴収することができるようになるほか、大手企業による納税情報開示に関する規範が設けられる。  政府は声 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】再生可能エネルギーへの投資額が減少、世界のトレンドに逆行

Facebook Twitter Google+

 オーストラリアの気候変動問題に取り組むNPOのThe Climate Councilが先日公開したレポート"The global renewable energy boom: how Australia is missing out"によると、世界中で再生可能エネルギーの導入が進む中、オーストラリアだけが他の主要先進国に比べて大きく後れをとっている。国内電力消費量の500倍以上の再生可能エネルギーを創出可能な豊富な資源に恵まれている [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】PRI、責任投資に関する教育プログラムのRIアカデミーを買収

Facebook Twitter Google+

Principles for Responsible Investment(責任投資原則、以下PRI)は9月9日、Responsible Investment Association Australasia(オーストラリア責任投資協会以下、RIAA)が展開する責任投資に関する教育プログラムResponsible Investment Academy(以下、RIアカデミー)を、PRIに統合すると発表した。 RIアカデミーのカリキュラムは [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、RMIT大学との連携でシティ・プログラムを更なる強化へ

Facebook Twitter Google+

国連グローバル・コンパクトは7月22日、同イニシアチブの自治体向けプログラム、Global Compact Cities Programme(グローバル・コンパクト・シティ・プログラム)の更なる拡大、強化に向けてオーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(以下、RMIT大学)との提携の更新および、今後5年間で更なる投資を行う計画を発表した。 Global Compact Cities Programmeは国連グローバル・コンパクトのシ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】CSLが難病に対する17の新製品認可を1年間で獲得

Facebook Twitter Google+

バイオ医薬品メーカーの世界大手・オーストラリアのCSLが、2013年度のサステナビリティレポートを発表し、1年間の成果を報告した。CSLは製薬業界の中でも、主に難病を対象とするバイオ医薬品を扱っている。主要拠点は本社のあるオーストラリアの他、ドイツ、スイス、アメリカにある。世界25カ国で事業活動を行い、従業員数はグループ全体で約11000人。同社がレポートの中で報告している重要トピックスとしては、 重病に対する17の新製品の認可を獲得 [...]

» 続きを読む
2014/02/01 最新ニュース

【オーストラリア】政府とコンサルティング企業が共同し、LED普及を大規模に促進

Facebook Twitter Google+

オーストラリアの電気利用効率化コンサルティング企業 Easily Greenは、オーストラリア州政府と連携し、企業へのLED普及をいっきに進めていくサービスをスタートした。LEDライトは電力使用料を大幅に削減でき、企業のコスト削減と環境保全に繋がると注目されているが、多くの企業は初期費用が高いことを理由に導入を躊躇っている。そこで、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州政府とEasily Greenはスクラムを組むことを決めた。まず [...]

» 続きを読む
2014/01/29 最新ニュース
ページ上部へ戻る