【オーストラリア】サステイナリティクス、豪ESG課題レポート公表。気候変動・エネルギーや人権リスク

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は10月17日、オーストラリアにおけるESG課題をまとめたレポート「Navigating ESG Issues in Australia: Identifying Risks, Seizing Opportunities」を発表。オーストラリアの主要株式インデックス「S&P/ASX 200」構成銘柄に対する包括的なESGリスクアセスメントを実施した。過去15年間 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】保険大手IAG、サプライヤー・ダイバーシティ向上で新たに購買システム構築

Facebook Twitter Google+

 豪保険大手インシュアランス・オーストラリア・グループ(IAG)は9月9日、SAPのクラウドサービス「Ariba Buying」を活用し、女性経営者や先住民族アボリジニ経営者の企業からの企業調達を推進するシステムを開発したと発表した。社会的インパクトを向上させるサプライヤー・ダイバーシティの一環。  今回の取組では、特に、単発発注の備品購買等でサプライヤー・ダイバーシティを推進する。IAGとSAPはこれまで、トレス海峡諸島のアボリジニ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】資源採掘South32、南アでの石炭事業売却に言及。米中摩擦で利益低迷

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア資源採掘大手South32は8月22日、気候変動への懸念により、投資家からの化石燃料エクスポージャー低減圧力が強まった場合に備え、ヨハネスブルグに本拠を置くSeriti Resourcesに南アフリカの一般炭事業を売却する協議を進めていることを明らかにした。同事業の売却については、同社は昨年から言及。今回、取引額こそ明らかにしなかったが、頭金を抑えた繰延払いスキームを導入すると語った。  South32が抱える石炭採掘 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】政府、インドの石炭関連レポート発表。輸出先としての市場の将来性に期待

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア産業・イノベーション・科学省のチーフ・エコノミスト室は8月22日、インドにおける石炭の将来性やオーストラリアとの関係性をまとめたレポートを発表した。同レポートは2015年にも発行され、今回は2019年版。石炭消費量や生産量、輸入量に係るデータをアップデートした。またインドの最新のエネルギー、電力、資源採掘に係る方針の調査結果と一般炭の将来性への影響を分析した。さらに同レポートではオーストラリアの石炭関連事業者の事業機会 [...]

» 続きを読む

private 【オーストラリア】石炭業界団体Coal21、石炭推進広告キャンペーンが非難集める。日本にも言及

Facebook Twitter Google+

 オーストラリアの炭素回収・貯蔵(CCS)分野業界団体Coal21は、同国の石炭産業を維持し、脱石炭の流れを緩やかにするためのメディア・キャンペーンを9月から展開しようとしていたことがわかった。ABCが8月9日に報じ、各メディアにより一斉に拡散された。その中には、気候変動への対応を進めるメッセージを出してきた企業も含まれていることから、「裏口ロビー活動」と非難の声が上がっている。   Coal21は、石炭関連企業等が集まるオーストラリ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】CBA、2030年までに一般炭炭鉱や石炭火力発電への融資残高ゼロを表明

Facebook Twitter Google+

 豪銀行大手オーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)は8月7日、2019年版アニュアルレポートの中で、2030年までに、一般炭(石炭)及び石炭火力発電に対する融資残高をゼロにすると表明した。  同社は、環境・社会フレームワークを策定。原油、ガス、原料炭(石炭)に対する新規案件でも、環境・社会・経済観点でのアセスメントを通過し、加えてパリ協定との整合性が確認できたもののみにファイナンスを提供することを明確にした。天然ガスについては、 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】テスラ、巨大蓄電施設Megapackで30億円のコスト削減を実現。今後も拡大

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車(EV)大手テスラは6月29日、2017年にオーストラリアに建設した世界最大のリチウムイオンバッテリー蓄電システム「Megapack」が、初年度だけで電力コストを4,000万豪ドル(約30億円)分削減でき、同地域の電力供給網の安定化に寄与していることを発表した。  同社は、発電所の膨大な電力貯蔵の需要に応えるために、新たな蓄電製品としてMegapackを設計。同製品により大規模蓄電の複雑さは大きく改善し、導入・接続プロセ [...]

» 続きを読む

【イギリス・オーストラリア】BHP、気候変動対策に430億円投資。経営陣報酬とCO2削減も連動

Facebook Twitter Google+

 資源世界大手英豪BHPは7月23日、自社事業及び資源利用時の二酸化炭素排出量を削減するための技術開発プログラム「Climate Investment Program」に4億米ドル(430億円)投資すると発表した。さらに自社での二酸化炭素排出量削減目標も新たに策定する考えを示した。  BHPはすでに、2022年の二酸化炭素排出量を2017年と同等レベルに抑える短期目標と、今世紀中頃には二酸化炭素排出量をゼロにする長期目標を掲げている。 [...]

» 続きを読む

private 【オーストラリア】Australian Sustainable Finance Initiative、専門家ワーキンググループを5つ発足

Facebook Twitter Google+

 豪サステナブルファイナンス推進Australian Sustainable Finance Initiative(ASFI)は7月10日、テクニカル・ワーキンググループを5つ発足した。資本動員、金融システム、情報開示等の分野で具体的なアクション内容をまとめていく。  Australian Sustainable Finance Initiativeは、銀行、保険会社、機関投資家イニシアチブ、NGO等が結集し、2019年3月に発足。現 [...]

» 続きを読む

【インドネシア】政府、オーストラリアの廃棄物210tを返送。プラごみや有害物質が混入

Facebook Twitter Google+

 インドネシア政府は7月9日、オーストラリアから送られてきた廃棄物合計210tを同国へ送り返すと発表した。スラバヤ市の港で発見されたコンテナ8個には、本来古紙のみの輸入を許可しているところ、有害化学物質や、使用済のペットボトルやおむつ、電子廃棄物等まで混入していた。  インドネシア政府は、輸出元は豪Oceanic Multitradingと言及。インドネシアのMDIも輸出入に協力したと公表した。  インドネシア政府は、すでにフランス等 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る