private 【国際】BASF、製品カーボンフットプリント算出の独自手法をIT企業のライセンス提供。デファクト化狙う

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは8月9日、製品カーボンフットプリント計算のための独自のデジタルソリューションと手法を、ソフトウェア開発事業者にライセンス供給するとは発表した。ソフトウェア事業者を通じて、自社のメソドロジーを普及させることで、計算手法での主導的地位を確立しにいく。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】農林中金、2030年サステナブルファイナンス10兆円目標設定。投融資CFPも2030年までに半減

Facebook Twitter Google+

 農林中央金庫は5月26日、サステナビリティに関する中長期目標を発表。その中で、サステナブルファイナンスで2030年までに10兆円の新規実行を掲げた。さらに投融資ポートフォリオでのカーボンフットプリントの削減目標も定めた。  今回発表の目標では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】MUFG、ネットゼロ・バンキング・アライアンス加盟。2050年投融資CO2ゼロ

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5月17日、日本の銀行として初めて、ネットゼロ・バンキング・アライアンス(NZBA)に加盟した。2050年までに投融資ポートフォリオのカーボンフットプリントをゼロにする。同社は4月にも石炭火力発電等の分野へのセクターポリシーを強化していた。 【参考】【国際】43銀行、ネットゼロ・バンキング・アライアンス発足。AoA、NZAMに続く。日本の加盟ゼロ(2021年4月22日) 【参考】【日本 [...]

» 続きを読む

private 【国際】JPモルガン・チェース、石油ガス、電力、自動車向け2030年カーボンフットプリント目標設定

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米JPモルガン・チェースは5月13日、各セクターへのファイナンスでのカーボンフットプリント目標を発表した。同社は2020年10月、2030年までにグリーン・地域・開発で270兆円投融資を宣言。また、すでにファイナンスでのカーボンフットプリントをパリ協定と整合性のある状態にすることを宣言しており、今回、重要セクターでの目標設定に踏み込んだ。 【参考】【国際】JPモルガン・チェース、2030年までにグリーン・地域・開発で27 [...]

» 続きを読む

private 【日本】SMFG、石炭火力ファイナンス全面禁止。但し、主力4子会社のみが対象

Facebook Twitter Google+

 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は5月12日、6月から石炭火力発電の新設及び拡張へのファイナンスを全面的に禁止すると発表した。同社は、2020年4月の発表で、超々臨界圧(USC)型の石炭火力発電についてはファイナンスを継続する姿勢を表明していたが、全面的な石炭ダイベストメントに舵を切った。 【参考】【日本】三井住友FG、USC型の石炭火力発電への投融資禁止せず。ESGリスク管理の低さ際立つ(2020年4月16日)  今回、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】GRESB、PCAF、CRREM、不動産カーボンフットプリントの測定基準策定で協働

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)、投融資カーボンフットプリント算出基準策定機関Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)、EUのCRREMプロジェクトの3者は4月21日、不動産アセットクラスからのカーボンフットプリントの算出・報告を促すため、銀行と機関投資家向けのガイダンスを発行することでパートナーシップを締結 [...]

» 続きを読む

private 【国際】マスターカード、購買行動でのカーボンフットプリント測定。Doconomyと協働

Facebook Twitter Google+

 決済世界大手米マスターカードは4月12日、スウェーデン・フィンテック企業Doconomyと協働し、クレジットカード使用者の購買行動に伴う二酸化炭素排出量(カーボンフットプリント)測定ツール「マスターカード・カーボン・カルキュレーター」を開発した。 【参考】【スウェーデン】気候変動対応型クレジットカード登場。フィンテックDoconomyの「DO」(2019年5月3日)  同ツールのデータは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】チューリッヒ保険、運用カーボンフットプリント削減で目標設定。不動産でも

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手スイスのチューリッヒ保険は3月31日、気候変動アクションを強化したと発表。投資運用、事業運営、金融商品・サービスの総動員し、カーボンニュートラル型経済への転換を加速させると表明した。チューリッヒ保険は2019年に「Business Ambition for 1.5°C – Pledge」に保険会社として世界で初めて署名しており、今回もいち早くアクションレベルを引き上げた形。 【参考】【スイス】チューリッヒ保険、1.5℃目 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、製品単位CO2排出量算出手法構築で新プログラム発足。SAPやユニリーバ等

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は3月4日、製品単位のカーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)を容易に算出するためのフレームワークを策定するプロジェクト「Value Chain Carbon Transparency Pathfinder」を発足したと発表した。課題となっている製品単位の算出に向け、新たなアプローチ方法を検討する。  同プログラムにすでに参画しているのは、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る