private 【シンガポール】代替卵フロート・フーズ、1.8億円の資金調達。全卵形状商品を2022年に販売開始へ

Facebook Twitter Google+

 シンガポール代替卵スタートアップのフロート・フーズは6月、出資ラウンドで220万シンガポールドル(約1.8億円)の出資資金調達ラウンドに成功した。同社に対しては3月に、シンガポール投資大手テマセクの財団「テマセク財団」が助成を決定しており、急速に注目を集めている。  代替卵は、代替プロテインの一つで、植物由来の原料で卵の同等食品するというもの。米国ではイート・ジャストが2011年に米サンフランシスコで創業し、2019年に米ミネソタ州 [...]

» 続きを読む

private 【国際】国際的な自発的CO2排出量取引所、シンガポールに開設へ。SGX、DBS、テマセク等

Facebook Twitter Google+

 シンガポール金融大手DBS、シンガポール証券取引所(SGX)、英スタンダードチャータード、テマセクの4社は5月20日、国際的なカーボンクレジット取引市場「クライメート・インパクトX(CIX)」を開設すると発表した。企業のカーボンニュートラル宣言により、自発的なカーボンクレジット購入意欲が高まってきたことが背景。取引所でアジアのハブ、世界のハブを目指すシンガポール市場で、企業が自発的に市場開設に動き出した。  CIXは、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】政府、42000人居住のフォレスト・タウンを建設。車道は地下に埋設

Facebook Twitter Google+

 シンガポール政府は、国軍演習所の跡地に巨大な「フォレスト・タウン」の建設を進めている。自動車道路は地下に埋設し、地上空間は歩行者やサイクリング専用とし、100m幅の中央緑道を設け、自然環境と人間生活がシンクロする都市設計を構想。シンガポールは5月に年次総会をシンガポールで開催。フォレスト・タウン計画は打ち出しの目玉の一つなっている。  フォレスト・タウンは、シンガポールの西部に位置するテンガ地区で、面積700ha。人口42,000人 [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】100億円規模の海事脱炭素化センター発足。国際的な業界連携のハブ目指す

Facebook Twitter Google+

 シンガポール海事港湾庁(MPA)は4月21日、海運の脱炭素化に向けた研究開発センター「海事脱炭素化センター」の設立に向け、パートナー企業と覚書を締結したと発表した。日本企業も参画した。  今回の覚書では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【シンガポール】ADM、バイオポリス研究ハブに代替プロテインのイノベーションラボ開設

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は4月22日、シンガポールにある同社のバイオポリス研究ハブの中に、植物由来代替プロテイン食品の先端イノベーションラボを開設したと発表した。アジア太平洋地域の植物由来の飲食品需要に応えるため、栄養豊富な食品を研究する。  新設されたイノベーションラボは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【シンガポール】DBS、コーポレートファイナンスでも石炭ダイベストメント。2039年までにゼロ

Facebook Twitter Google+

 シンガポール銀行大手DBSは4月16日、2039年までに一般炭(石炭)関連事業へのファイナンス・エクスポージャーをゼロにすると発表した。同様のコミットはシンガポールの銀行では同社が初。同社は2019年に石炭火力発電へのプロジェクトファイナンス停止したが、今回コーポレートファイナンスにもダイベストメント対象を拡大した。 【参考】【シンガポール】銀行大手OCBCとDBS、石炭火力発電への新規ファイナンス禁止発表(2019年4月19日) [...]

» 続きを読む

【イギリス・シンガポール】16大学、起業家育成・イノベーションで提携。技術移転や相互ライセンス開放

Facebook Twitter Google+

 英国とシンガポールの大学16校は4月8日、包括的なイノベーション提携プログラム「アントレプレナーシップとイノベーションのための英シンガポール大学連合(UKSAEI)を設立した。EUを離脱した英国が、EU域外の有力プレーヤーとの連携を加速させている。  今回UKSAEIに加盟した大学は、英国からは、キングス・カレッジ・ロンドン、バース大学、エジンバラ大学、グラスゴー大学、マンチェスター大学、ノッティンガム大学、ニューキャッスル大学、ス [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】政府、包括的な2030年シンガポール・グリーン・プラン発表。EV、エネルギー転換等

Facebook Twitter Google+

 シンガポール政府は2月10日、同国の2030年環境目標「シンガポール・グリーン・プラン2030」を公表した。また2月16日に発表した2021年度政府予算案の中にも同目標達成に関する予算を柱の一つとして掲げた。  シンガポール・グリーン・プラン2030は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【シンガポール】GEIT、シンガポール版グリーン・タクソノミーの方針案発表。ハイブリッド車はグリーン対象外

Facebook Twitter Google+

 シンガポール通貨監督庁(MAS)が主宰する「グリーンファイナンス業界タスクフォース(GEIT)」は1月28日、グリーンファイナンスでのシンガポール版タクソノミーの方針案を発表。パブリックコメントの募集を開始した。また銀行、保険会社、運用会社向けの環境リスクマネジメント・ハンドブックも発行した。  GEITは、 (さらに…)

» 続きを読む

【シンガポール】通貨監督庁、グリーンローン等の借入補助金制度発表。特に中小企業を支援

Facebook Twitter Google+

 シンガポール通貨監督庁(MAS)は11月24日、グリーンローンやサステナビリティ・リンク・ローンでの資金調達で、調達のためのフレームワークの策定や、セカンドオピニオン等の第三者保証を取得するための費用を助成する新たな補助金制度「GSLS」を発表した。特に対応が遅れがちな中小企業のグリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンでの借入を加速させたい考え。同様の中小企業をメインのターゲットとした同様の補助金は世界初という。  今回の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る