private 【国際】食品大手アイスランド、プラスチック消費・リサイクルの詳細データ開示。業界をリード

Facebook Twitter Google+

 英食品大手アイスランドは9月16日、包括的なプラスチック消費・廃棄の状況を示したレポート「プラスチック・フットプリント」の2019年版を公表した。プラスチックの廃棄物やリサイクルの量を開示する企業は増えているが、自社ブランド製品と他社ブランド製品の双方でプラスチック消費の詳細を開示する企業はまだ世界的に珍しい。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】エレン・マッカーサー財団、サーキュラーエコノミー調達フレームワーク発表

Facebook Twitter Google+

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団は9月21日、企業調達においてサーキュラーエコノミーを組み入れるためのガイドライン「サーキュラーエコノミー調達フレームワーク」を発表した。同ガイドラインでは、調達方針で遵守すべき原則や実践的なアドバイスを示した。  エレン・マッカーサー財団は、 (さらに…)

» 続きを読む

【マルタ】政府、ペットボトル回収・払戻制度開始。リサイクル率85%目指す

Facebook Twitter Google+

 マルタ環境・気候変動・計画省は9月14日、空きペットボトルの回収・払戻制度の導入を決定したと発表した。政府は今後14ヵ月で、回収・払戻機を全国に350台配置すると同時に、事業者には回収・リサイクルが義務付けられる。アーロン・ファルギア環境・気候変動・計画相は、同制度の導入でペットボトル廃棄物のリサイクル率を85%にまで引き上げる考え。  地中海の島国のマルタでは、海洋プラスチック問題を抱えており、プラスチック廃棄物の削減の検討を開始 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】ロンドン市、インドネシアのプラスチック廃棄物対策で提言。英企業の海外展開後押し

Facebook Twitter Google+

 英シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)は9月2日、インドネシアのプラスチック廃棄物マネジメントを改善するための具体的な計画を示したレポートを発表した。インドネシアを題材とし、英国の廃棄物マネジメント業界が海外で大きな事業機会があることを示した。  廃棄物マネジメントの制度やインフラが整備されていな新興国では今後、 (さらに…)

» 続きを読む

【北米】スターバックス、ストロー不要飲料フタの標準仕様開始。使用後はリサイクル

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは9月10日、米国とカナダの店舗で、ストロー不要で飲める飲料カップのフタを投入したと発表した。フタはリサイクル可能な素材で生産され、同社としてもリサイクルを目指す。ストロー不要飲料カップのフタの開発は、同社が2018年にプラスチック製使い捨てストローの廃止を決めたときから言及されていた。 【参考】【国際】米スターバックス、2020年までに世界全体で使い捨てプラスチック製ストロー廃止(2018年 [...]

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家大手30社、企業のサーキュラーエコノミー化を支持。2020年上半期だけで投資規模6倍

Facebook Twitter Google+

 機関投資家世界大手30社は9月10日、推進の英エレン・マッカーサー財団が発表したサーキュラーエコノミーへの投資が近年の大幅に拡大していることをまとめたレポートに賛同すると発表した。機関投資家が、気候変動対策のためにサーキュラーエコノミー化を重要な方向性であり、有望な投資機会と認識していることが明らかとなった。  同レポートに賛同した企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】ロレアル、化粧品空き容器を小売大手で回収。ロレアル製以外も受付。リサイクル強化

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアルは、小売大手と協働で、化粧品の空き容器を店舗で回収し、リサイクル・スキームを開始する。まずテスコとスーパードラッグの一部店舗にリサイクル用の回収箱が設置された。化粧品コンパクト、アイシャドウ・パレット、ファンデーションやコンシーラーのチューブ、マスカラ、アイライナー、リップ等の容器をロレアル製以外のものも含めて回収する。9月末までにセインズベリーとブーツでも開始し、合計1,000店舗に回収箱を設ける。  ロレ [...]

» 続きを読む

【イギリス】マクドナルド、飲料カップの回収・再利用スキーム開始。業界世界初。Loopと協働

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは9月9日、サーキュラーエコノミーモデル推進Loopと協働で、英国の一部店舗で再利用型のホット飲料容器を2021年から導入すると発表した。同様のアクションは業界で世界初。テイクアウト用カップでも、再度英国店舗にカップを持ち込めば、Loopが清浄し再びマクドナルドで再利用する。  マクドナルドは現在、100ヶ国以上で合計37,000店舗を運営。毎日6,900万人が利用している。その上で、包装・容器 [...]

» 続きを読む

【日本】花王とライオン、詰替え用パックのリサイクルに向け協働。水平リサイクル目指す

Facebook Twitter Google+

 花王とライオンは9月10日、洗剤やヘアケア商品等の詰替え用パック等で活用されているフィルム容器のリサイクルで協働すると発表した。競合同士で連携し、サーキュラーエコノミー化への転換を模索する。  日本の消費財市場では、1990年代から詰替え用パックを投入することでプラスチック使用量の削減を図ってきたが、一方詰替え用パックは、複数のプラスチック素材からなる複合材料のため、現在の日本の技術ではリサイクルが困難。複合材料をリサイクルするため [...]

» 続きを読む

private 【国際】ネスレ、持続可能な包装・容器に向けた投資・アクション加速。コロナ禍でも続行を明言

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月7日、包装・容器のリサイクルを加速し、大規模投資をしていくと発表した。新型コロナウイルス・パンデミックの状況下でも、持続可能な包装・容器についてのアクションは止めないと明言した。  ネスレは2018年、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る