【日本】MUFG、再エネ投資ファンド会社Zエナジー設立。大ガス、NTTアノード、ゆうちょ銀等参画

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJ銀行は9月1日、再生可能エネルギーに投資するファンド創設に向けて、賛同するパートナー企業と共に新会社「Zエナジー」を設立した。設立時資本金は2億円。  今回、Zエナジー設立には、大阪ガス、NTTアノードエナジーが出資と事業運営を担うパートナー企業として参画。また常陽銀行、東京海上日動火災保険、百五銀行、三菱重工業、三菱総合研究所、ゆうちょ銀行が出資企業として参画した。  同ファンドで [...]

» 続きを読む

【日本】MUFGの株主総会、NGO提出の気候変動株主提案に23%が賛成。実質的に大きな影響及ぼす

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は6月29日、定時株主総会を開催。環境NGOが3月に株主提案していた気候変動議案を審議し、否決されたものの、速報値で23%の賛成があった。海外の機関投資家の賛成もあった。 【参考】【日本】国際環境NGO3団体、MUFGに気候変動開示の株主提案。他の株主にも賛同呼びかけ(2021年3月29日)  今回の株主提案を実施したのは、国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN [...]

» 続きを読む

private 【日本】MUFG、ネットゼロ・バンキング・アライアンス加盟。2050年投融資CO2ゼロ

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5月17日、日本の銀行として初めて、ネットゼロ・バンキング・アライアンス(NZBA)に加盟した。2050年までに投融資ポートフォリオのカーボンフットプリントをゼロにする。同社は4月にも石炭火力発電等の分野へのセクターポリシーを強化していた。 【参考】【国際】43銀行、ネットゼロ・バンキング・アライアンス発足。AoA、NZAMに続く。日本の加盟ゼロ(2021年4月22日) 【参考】【日本 [...]

» 続きを読む

private 【日本】三菱UFJ、既設石炭火力の拡張もファイナンス禁止。但しCCUSや混焼は例外

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は4月26日、2018年に策定した「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」を再度改定したと発表。石炭火力発電所へのファイナンス禁止の対象を新設だけでなく、既存発電設備の拡張にも適用することを決めた。但し例外規定も盛り込んだ。  これまでの同社ポリシーでは、石炭火力発電の新設へのファイナンスを原則禁止していたが、「当該国のエネルギー政策・事情等を踏まえ、OECD公的輸出信用アレンジメン [...]

» 続きを読む

private 【日本】国際環境NGO3団体、MUFGに気候変動開示の株主提案。他の株主にも賛同呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、国際環境NGO 350.org、オーストラリアNGOマーケット・フォースの3団体は3月29日、各団体の日本代表が個人株主の立場で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)に対し、パリ協定の目標に沿った投融資を行うための計画を決定し、開示することを同社の定款の盛り込む株主提案を提出した。他の株主からの賛同を集めに行く。  今回の株主提案は、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

private 【日本】MUFG、北極圏での石油・ガス開発、大規模水力発電を「留意事業」に指定。環境等への悪影響で

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5月13日、2018年に策定した「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」を改定。オイルサンド、北極圏での石油・ガス開発、大規模水力発電を「ファイナンスに際して特に留意する事業」に指定した。7月1日から適用する。  MUFGは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インタビュー】MUFGが国内民間金融機関初のソーシャルボンド発行 〜グローバル水準での資金使途設計〜

Facebook Twitter Google+

 2018年に国内初の外貨建て公募型グリーンボンドを発行した三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、今度は国内民間金融機関初のソーシャルボンドを発行した。12月6日に発表された発行条件では、発行額9,000万米ドル(約100億円)、年限10年、利率2.847%(UST+104bp)。ソーシャルボンド・ストラクチャリング・エージェントと主幹事は、同社グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券が単独で担った。  MUFGは、グ [...]

» 続きを読む
2019/12/27 事例を見る

【日本】MUFG、石炭火力発電新設へのファイナンスを禁止。運用子会社では石炭ダイベストメント設けず

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5月15日、「サステナブルファイナンス目標」を設定するとともに、「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」を改定した。7月1日から適用を開始する。メガバンクの中で初めて、石炭火力発電所新設へのファイナンスは原則禁止することを決定した。 【参考】【日本】MUFG、石炭火力発電事業への新規融資原則中止を検討の模様。決まれば方針大転換(2019年4月13日)  今回のポリシーフレームワーク [...]

» 続きを読む

【日本】MUFG、石炭火力発電事業への新規融資原則中止を検討の模様。決まれば方針大転換

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、石炭火力発電事業への新規融資を原則中止する検討に入った。日本経済新聞が4月12日、報じた。日本政府が海外輸出を図り、従来日本のメガバンクや産業界が推してきた「超々臨界圧(USC)」の高効率石炭火力発電も原則融資を中止する模様。USCも含め国内外の石炭火力発電への融資禁止となれば、メガバンクでは日本初。  同報道によると、MUFGは現時点で石炭火力発電所向けの融資残高が約1兆円ある。す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る