【カタール】英サッカー「リバプール」、ドーハでのFIFAクラブ杯でケンピンスキーホテルへの宿泊拒否。人権懸念

Facebook Twitter Google+

 英サッカーリーグのリバプール・フットボール・クラブは、12月にカタールのドーハで開催されるFIFAクラブワールドカップで、高級ホテル大手ケンピンスキーが運営する「マーサ マラス ケンピンスキー ザ パール ドーハ」には宿泊しないことを決定した。同クラブの事前調査により、同ホテルでは移民労働者の人権侵害の懸念があると判断したため。同ホテルは、FIFAが同クラブ用に手配したものだったが、クラブ側は拒否するという異例の事態となった。  リ [...]

» 続きを読む

【国際】ILO、労働関連データベースを新たにリリース。国別・テーマ別で分析可能

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は11月5日、労働関連の統計データベース「ILOSTAT」を新たにリリースした。国別及びテーマ別の両面から閲覧できるようにし、需要の高いデータ分析を容易に行うことができる。英語、フランス語、スペイン語で用意した。使用は無料。  テーマ別に関しては、雇用、ワーキングプア、労働組合加入、児童労働等を用意。データ分析に必要となるデータの定義や収集方法についての説明も加えた。さらに、各データに関連するILO報告書やブロ [...]

» 続きを読む

【日本】マイクロソフト、8月実施の週休3日制等導入効果を公表。労働生産性向上等に寄与

Facebook Twitter Google+

 日本マイクロソフトは10月31日、8月に実施した週休3日制にするトライアルの効果測定結果を公表した。労働生産性や社員満足度対してプラスの効果が見られた他、仕事のやり方やキャリアについての考え方を改善する社員が多かったという。 【参考】【日本】日本マイクロソフト、8月に週休3日制導入。自己成長や私生活充実、地域貢献プログラムも用意(2019年4月24日)  今回の施策の効果測定では、削減や最小化を目標とする指標群「削減」、活性化や増加 [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】BHRRC、独大手20社の人権対応分析結果発表。シーメンス首位。20社全て課題あり

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)は11月1日、ドイツ大手20社を対象に、人権に関する開示状況のアセスメントレポートを公表。いずれの企業も人権について基本的な基準を満たしていないと結論づけた。一方、ドイツ政府は2016年、2020年までに従業員500人以上の企業の半数以上が、人権リスクやネガティブ・インパクトを特定し緩和する人権ポリシーや手続きを整備するという目標を設定している。  今回対象となったのは、20 [...]

» 続きを読む

【国際】資源採掘企業の尾鉱ダム1635ヶ所のうち約10%が過去に安全性問題発生。機関投資家調査

Facebook Twitter Google+

 機関投資家の尾鉱ダム安全性イニシアチブ「Mining and Tailings Safety Initiative」は10月31日、資源採掘企業726社に送った尾鉱ダムに関する質問票の回答結果を発表。全1,635ダムのうち166ヶ所で今までに何らかの安全性問題を発生させていたことがわかった。機関投資家たちは、今後協働して対応を進める考え。  Mining and Tailings Safety Initiativeは、英国国教会年金 [...]

» 続きを読む

【英国】政府、新労働規制法案を公表。雇用主のリファレンス提供義務化や元従業員の当局通報権確保等

Facebook Twitter Google+

 英政府は10月29日、下院の「女性と平等特別委員会(WESC)」が実施した秘密保持契約(NDA)条項に関する質問への政府回答の一環として、雇用者が元従業員のリファレンスを提供することを初めて義務化する法案を発表した。従来、雇用主が元従業員に対しリファレンス(転職時等に応募先企業から前職での働きぶり等を以前の雇用主に確認する書面)を提出する義務はなく、これが転職の妨げになっていた。  WESCが7月に実施した勧告では、企業がNDAを不 [...]

» 続きを読む

【バチカン】カトリック教会、南米地域で既婚男性司祭を容認。1000年の伝統を変革。背景に人手不足

Facebook Twitter Google+

 バチカンのカトリック教会司教会議(Synod of Bishops)は10月25日、南米アマゾン地域に限定し、従来認められていなかった既婚者男性の「司祭」への叙階を容認することを決定した。叙階とはカトリック教会において、地域協会を治める「司教」を補佐する「司祭」や、それに次ぐ「助祭」に任じられること。司教会議は、ローマ法王の諮問機関で、既婚男性の司祭を認める歴史的変革を決めた。  今回の決定の背景には、アマゾン地域での人材不足がある [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBA、水産大手30社のサステナビリティ・ランキング発表。首位タイ・ユニオン。日本企業は低評価

Facebook Twitter Google+

 ビジネスの国連持続可能な開発目標(SDGs)推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は10月23日、世界水産関連大手30社のサステナビリティ・ランキング「シーフード・スチュワードシップ・インデックス・ランキング30」を発表した。水産企業をサステナビリティ観点で詳細にランキング化したのは初という。  水産物は世界的に取引されている食品の1つ。世界30億人、特に発展途上国の人々にとって重要な栄養源 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、ガイドラインやスタンダード策定の人材コンピテンス国際基準策定。参照は任意

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は10月23日、ガイドラインやスタンダードを策定するために必要となる人材コンピテンスを整理した国際基準「IWA30-」と「IWA30-2」を策定したと発表した。国際団体、政府、業界団体、企業等がガイドラインやスタンダードを策定することが顕著になっている中、任意参照文書としてまとめた。  今回の国際基準は、ISOとしての正式な国際基準である「ISO」ではなく、非公式の「IWA(International Wor [...]

» 続きを読む

【タイ】政府委員会、グリホサート、パラコート、クロルピリホスの除草剤使用を12月1日から禁止見込み

Facebook Twitter Google+

 タイ政府の国家有害物質委員会は10月22日、除草剤として使用されているグリホサート、パラコート、クロルピリホスの使用を禁止する決議を採択した。これにより、タイでは3種類の農薬使用が12月1日から禁止される見込み。  タイでは、農業が経済全体の40%を占め、コメや砂糖の輸出規模は世界有数。グリホサートは、バイエル子会社となったモンサントの除草剤「ラウンドアップ」が有名。米国では、ラウンドアップの人体有害性のため13,000以上の訴訟が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る