private 【アメリカ】ジェットブルー航空、SGプレストンからSAFを6.7億ガロン調達。米国北東部最大

Facebook Twitter Google+

 航空世界大手米ジェットブルー航空は9月29日、バイオエネルギー大手SGプレストンとの間で、2023年から10年間で、持続可能なジェット燃料(SAF)を混合したジェット燃料を6億7,000万ガロン以上調達する契約を締結した。米国北東部でのSAFの短期契約としては過去最大。  今回の契約により、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】シェブロン、再生可能燃料、水素、CCSを成長分野に設定。1.1兆円投資

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手米シェブロンは9月14日、事業の低炭素化に向け、植物由来や再生素材由来の再生可能燃料、水素、炭素回収・貯留(CCS)技術分野での成長目標を設定。これらへの投資額は、2028年までに現状の3倍の100億米ドル(約1.1兆円)を打ち出した。  今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】エネルギー省、2035年までに太陽光で40%。2050年にSAF100%。米印連携も締結

Facebook Twitter Google+

 米エネルギー省(DOE)は9月8日、米国の電力のカーボンニュートラル化に向け、太陽光発電が重要な役割を果たすと分析した調査報告書「Solar Futures Study」を発表した。2035年までに太陽光発電が全電力の40%を賄い、50万人から150万人の雇用を創出できるとの見通しを示した。国立再生可能エネルギー研究所が調査報告書を作成した。  米国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】伊藤忠、代替包装、ブルーアンモニア、SAFで新たな発表。女性活躍推進委員会も

Facebook Twitter Google+

 伊藤忠商事は9月6日、再利用可能な木質パルプ由来の耐久素材を開発・生産するフィンランドのパプティックに出資したと発表した。パプティックは、フィンランド国立技術研究センター(VTT)が開発した基礎技術を商用化。伊藤忠商事は今回の出資で、日本市場での独占販売権も得た。  パプティックは (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、SAF開発助成GFGSを始動。英国での7社のSAF生産プラントに合計23億円拠出

Facebook Twitter Google+

 英運輸省は7月23日、英国での持続可能な航空燃料(SAF)開発助成公募プログラム「Green Fuels, Green Skies(GFGS)」で、業界を牽引する7社の8プロジェクトを選定し、合計1,500万ポンド(約23億円)を拠出すると発表した。同アクションは、ボリス・ジョンソン首相が2020年11月に発表した脱炭素化政策「10ポイント・プラン」の一環。 【参考】【イギリス】首相、2030年ガソリン・ディーゼル新車販売禁止方針表 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ジェットブルー、SAF利用拡大。電動航空機等でのカーボンクレジット化計画も発表

Facebook Twitter Google+

 米航空大手ジェットブルーは7月12日、ロサンゼルス国際空港で、ワールド・エナジーから持続可能なジェット燃料(SAF)を調達する契約を締結したと発表した。ジェットブルーは、ロサンゼルス国際空港でのSAF使用を7月から開始しており、今後3年間で年間150万ガロンの混合SAFを調達する予定。同社の同空港での使用燃料の約5%を占める。  同社は、2040年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を目標として設定しており、今回のアク [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】LanzaTech、ATJ技術活用のSAF製造工場を世界初建設。ヴァージン・アトランティックに供給

Facebook Twitter Google+

 米カーボンリサイクルLanzaTechは6月15日、英政府および英脱炭素化推進イニシアチブ「サウス・ウェールズ産業クラスター(SWIC)」と協働し、アルコールからジェット燃料を生産する「Alcohol to Jet(ATJ)」技術を活用した持続可能な航空燃料(SAF)製造工場を、英サウスウェールズに建設すると発表した。商用規模のATJ技術でのSAF製造拠点は、世界初。 【参考】【EU】FLITEコンソーシアム、廃エタノールから持続可 [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】シンガポール航空、2050年カーボンニュートラル宣言。キャセイパシフィックに続く

Facebook Twitter Google+

 シンガポール航空大手シンガポール航空グループは5月24日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成すると宣言した。5月20日には、香港航空大手キャセイパシフィック・グループがアジアの航空会社で初めて2050年カーボンニュートラルを発表済み。今回シンガポール航空が続いた形。 【参考】【香港】キャセイパシフィック、2050年カーボンニュートラル宣言。アジアの航空会社で初(2021年5月25日)  同グルー [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】シェル、LanzaJetへ追加出資。ATJ技術実践工場の製造へ投資、SAF生成を促進

Facebook Twitter Google+

 米持続可能な航空燃料(SAF)製造LanzaJetは4月6日、エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルからの追加出資を受けると発表した。LanzaJetは、米カーボンリサイクルLanzaTechからスピンオフした企業。各社から段階的に出資を募っている。  LanzaJetは、LanzaTechと米エネルギー省パシフィック・ノースウェスト・ナショナル・ラボラトリー(PNNL)との協働で2020年に発足。同社への初期出資には、ロイヤ [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】アマゾン、バイオジェット燃料を2300万リットル調達。空輸でのCO2削減

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは7月8日、同社の空輸子会社アマゾン・エアが、持続可能な航空燃料(SAF)2,300万lを確保したと発表した。同燃料は、バイオ燃料北米最大手World Energyが生成。蘭ロイヤル・ダッチ・シェルのジェット燃料子会社シェル・アビエーションが供給した。  アマゾンは2019年、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る