private 【オランダ】オーステッド、世界最大1GWのグリーン水素生産基地建設計画。SeaH2Land構想

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッドは3月31日、オランダの北海港に、2030年までに1GWの洋上風力発電所を電源としたグリーン水素工場を建設するビジョン「SeaH2Land」を発表した。沿岸部には世界最大のグリーン水素生産基地も設ける。実現するとオランダとベルギー・フラマン地方の水素需要の20%をグリーン水素に転換できる。  同社によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】川崎重工やヤマハ等、船舶用水素エンジンを共同開発。トヨタはレース車両向けで

Facebook Twitter Google+

 川崎重工業、ヤンマー子会社のヤンマーパワーテクノロジー、ジャパンエンジンコーポレーションの3社は4月27日、外航・内航大型船向けの水素燃料エンジンを共同開発することで合意したと発表した。コンソーシアムを結成する。  3社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ハネウェルUOP、全米最大年間165万tのCCSプロジェクト開始。ヴァレロは500万tを計画

Facebook Twitter Google+

 米エネルギーWabash Valley Resourcesは4月12日、ブルー水素生産のためのCCS(炭素回収・貯留)プロジェクトで、重工業世界大手ハネウェルの石油精製子会社ハネウェルUOPを開発事業者に選定したと発表した。CCS(炭素回収・貯留)プロジェクトの規模は米国最大規模となる見込み。  ハネウェルUOPは今回、Wabash Valley ResourcesへCCS技術を提供し、米インディアナ州ウェストテレホートのガス化プラ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、工業脱炭素戦略発表。2035年までに重工業で67%減。水素供給ハブも建設

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は3月21日、「工業脱炭素戦略」を発表。同時に、英工業地帯と公共施設での二酸化炭素排出量削減に対し、総額10億ポンド(約1,500億円)の助成金支給先を発表した。 【参考】【イギリス】首相、2030年ガソリン・ディーゼル新車販売禁止方針表明。脱炭素に向け10重点施策も発表(2020年11月19日)  英政府は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】水素バリューチェーン推進協議会、グレー水素も含め経産省に支援要請。水素発電も重視

Facebook Twitter Google+

 水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)は3月16日、水素社会実現のための提言書を梶山弘志経済産業相に手渡した。同協議会は2020年12月に発足し、現在の加盟機関数は195。 【参考】【日本】88社、水素バリューチェーン推進協議会を発足。社会実装加速で政府に提言まとめる(2020年12月8日)  同協議会は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】2030年までの水素関連民間投資、4.1兆円計画。政府支援は780億円。5大財閥リード

Facebook Twitter Google+

 韓国の文在寅大統領は3月2日、第3回水素経済委員会を開催。民間投資計画や政府の支援策等を協議した。同委員会は2020年に発足。今回の委員会では、2030年までの企業の水素関連投資計画額を発表。総額が4.1兆円にまで積み上がっていると発表した。政府は8,244億ウォン(約780億円)を支援する。 【参考】【韓国】国家水素戦略で、グリーン水素生産コストが2030年までに半減。ウッド・マッケンジー予測(2020年8月24日)  今回の発表 [...]

» 続きを読む

private 【日本】トヨタ自動車、燃料電池システムの外販開始。サプライヤー事業を強化

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車は2月26日、燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発し、2021年春以降に販売を開始すると発表した。他社の輸送機器でも同社の技術活用を開放し、FCのエコシステムで主導的地位を確保しにいく。  今回販売するのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】フラウンホーファー研究機構、固体燃料電池素材POWERPASTE開発。利便性・経済性高い

Facebook Twitter Google+

 ドイツ研究機関フラウンホーファー研究機構は2月10日、マグネシウムを原料とする新たな燃料電池素材「POWERPASTE」を開発したと発表した。リチウムバッテリーの10倍のエネルギー密度で水素エネルギーを蓄積できるという。技術開発と量産化に成功すれば、燃料電池や水素業界を激変されるイノベーションとなる。  今回開発した燃料電池素材は、固体の水素化マグネシウムにエステルと金属塩を加えてペースト状にしたもの。水素を常温常圧下で化学的に保持 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エネルギー・自動車大手11社、水素社会実装イニシアチブ発足。トヨタ自動車も加盟

Facebook Twitter Google+

 エネルギー・自動車世界大手11社は2月3日、水素エコノミーへの転換により気候変動対策と経済の双方の便益を追求するため、米国での水素社会実装イニシアチブ「Hydrogen Forward」を発足した。米国企業以外も多数加盟した。  加盟企業は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る