【アメリカ】ネスレの北米水事業、NGOと連携し水分野のベンチャー企業育成を実施

Facebook Twitter Google+

 ネスレグループで北米エリアの水製品事業を行うネスレ・ウォーターズ・ノースアメリカ社は9月27日、サンフランシスコを拠点とする環境NGOイマジンH2O(IH2O)との提携を発表した。IH2Oは、水問題の解決に取り組むベンチャー企業を育成、支援する団体。同団体が展開する"ベータ・パートナー"プログラムは、R&D段階にある水技術の開発や導入を支援するため、ベンチャー企業と、他の企業や農業事業者、行政当局のキーパーソンをつなぐ活動。ネスレ・ [...]

» 続きを読む

【国際】世界エネルギー会議、異常気象、ハッキングなどエネルギー業界の新たなリスクを報告

Facebook Twitter Google+

 エネルギー産業の世界団体である世界エネルギー会議(WEC)は9月13日、エネルギー業界に脅威をもたらす新たなリスクをまとめた報告書「The Road to Resilience: Financing resilient energy infrastructure」を発表した。WECは、今後対処が求められていくリスクとして、「異常気象の高頻度発生」「エネルギーの水依存」「サイバーセキュリティ」の3つを挙げた。世界エネルギー会議は196 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ペプシコ、水使用量削減で大きな成果。コスト削減効果は5年間で82億円

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手ペプシコ社は8月29日、これまで取り組んできた水使用量削減の成果を発表した。2015年単年では、飲料水の製造量は拡大した一方、全体で32億リットルの水使用量を削減、2006年比で26%削減を達成した。同社は、飲料に活用する水使用量の削減、発展途上国など飲料水へのアクセスが限られている地域でのコミュニティ活動、食品原料となる農作物栽培に要する水使用量の削減などを通じて、世界中の水利用改善に取り組んできている。同日には同社の [...]

» 続きを読む

【国際】コカコーラ、事業利用以上の水資源をコミュニティに還元する目標を達成

Facebook Twitter Google+

 米コカ・コーラと同社の世界中のボトラーパートナーは8月29日、同社が世界中で事業利用した水資源量以上の水資源を自然やコミュニティへ還元する目標を達成したと発表した。このような目標を達成した企業は、Fortune 500企業の中では同社が初。同時に、事業での水効率化への取組結果も発表し、2015年度は単年度で2.5%水使用量を改善し、2004年度以降累積で27%の改善を成し遂げたと発表した。  同社は、国際環境NGOのThe Natu [...]

» 続きを読む

【国際】世界主要都市の水環境ランキング、東京は25位と低迷。その理由は

Facebook Twitter Google+

 エンジニアリングやインフラストラクチャのコンサルティングを手掛けるオランダのアルカディス(Arcadis)社は5月16日、世界主要都市の水資源環境から見た住みやすさを分析し、格付及びランキング「Sustainable Cities Water Index」を発表した。この格付では、「水供給の強靭さ」「水供給の効率」「水質」の3つの分野26項目で評価を行い、その総合得点でランキング付を行った。各項目の指標は、他の国際機関やNGO、企業 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ヒースロー空港、環境分野で4認証獲得。国際空港として初の快挙

Facebook Twitter Google+

 英国を代表する国際空港のヒースロー空港は5月3日、英国に拠点を置く世界的な非営利環境企業カーボントラスト社より、同社が発行している5つの環境関連認証のうち4つの認証を獲得したと発表した。同時に4つの認証を獲得した空港としては世界初。また、サプライチェーン認証を獲得した機関としては世界で5番目、空港としては世界初。空港の環境性能として世界をリードしている状況が明らかとなった。  カーボントラストは、英国の環境・食料・農林地域省(DEF [...]

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、水浄化技術を活用して2020年までに150億リットルの清潔な水を提供へ

Facebook Twitter Google+

 米消費財大手のP&Gは9月15日、子供たちの清潔な飲料水へのアクセス確保を目指して同社が展開しているChildren’s Safe Drinking Water Program(CSDW)において、2020年までに150億リットルの清潔な水を提供するという目標を設定したと発表した。  新興国において汚染水を原因とする病気を減らし、子供たちの命を救うのが目的だ。P&Gは同プログラムを10年以上前に開始して以来、自社およびパートナーらを [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバルコンパクトのCEO Water Mandate、水資源管理に関する新ガイドを公表

Facebook Twitter Google+

 水のサステナビリティに関する国際イニシアチブ、国連グローバルコンパクトのCEO Water Mandateは8月25日、多様なステークホルダーによるインテグリティのある水スチュワードシップ・イニシアチブを実現するための包括的なガイドを初めて公表した。  CEO Water Mandateは、2007年にコカ・コーラ、リーバイ・ストラウス、ネスレなど多国籍企業のCEOらが、自社の事業およびサプライチェーンにおけるより持続可能な水利用の [...]

» 続きを読む

【中国】CNPC、2014年度社会責任報告を発表。エコ企業を目指す

Facebook Twitter Google+

 中国石油天然気集団(CNPC)は4月27日、2014年度の社会責任報告を発表した。CNPCは、2014年度において資産総額が39,384億元に達し、規模として世界の石油企業ランキングの中で第3位となり、フォーチュン500でも4位に位置する巨大企業。同社の周吉平・会長は、報告書の中で「CNPCは経済、環境、社会の三つの責任の上に立ち、グリーン企業へと転換し、さらに富の創造力、ブランド影響力、社会感化力において高次元の企業を目指している [...]

» 続きを読む

【中国】サムスン電子がサステナビリティ経営を強化、事業用自動車をエコカーへ

Facebook Twitter Google+

中国サムスン電子が、中国政府の環境保護の動きに呼応し、環境経営に力を入れている。2014年に発表した同社の環境保全計画では、天津、蘇州、恵州などでの運行している従業員送迎用の800車ほどのサムスンシャトルバスを全て入れ替え、公害が少ない天然ガス自動車や電気自動車へ変換していくことを決めた。 一般車に比べ、天然ガス自動車は約1割、電気自動車は2~3倍も単価が高い。その代わり、天然ガス自動車は、排気ガスが発生しないせず、騒音も普通車に比べ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る