private 【韓国】現代自動車、全固体電池搭載のEV量産を2030年までに開始。EV車種も1.5倍に拡大

Facebook Twitter Google+

 韓国の現代自動車は4月22日、2021年第1四半期の決算発表の中で、EV(電気自動車)の中長期的な事業計画の一部を披露した。現代自動車も自動車産業の構造転換を視野に入れ、EVにシフトしてきている。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】ホンダ、2040年までにグローバルで全面EV・FCVへ転換。内燃機関と訣別へ

Facebook Twitter Google+

 本田技研工業の三部敏宏社長4月23日、社長就任会見を行い、2040年までに新車販売の電気自動車(EV)及び燃料電池自動車(FCV)比率をグローバルで100%にすると宣言。ガソリン・ディーゼル車だけでなく、ハイブリッド車(HV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHV)からも訣別していく方針を披露した。同様の宣言は日本の自動車大手では初。グローバル基準に合わせてきた。  同社は今回、全製品と企業活動で、2050年までにカーボンニュートラル [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】ShareAction、自動車大手の投資家にガソリン車の段階的廃止エンゲージメント要請

Facebook Twitter Google+

 英ESG投資推進NGOのShareActionは3月18日、欧州の自動車大手の投資家に対し、二酸化炭素排出量削減のエンゲージメントを求めるようメッセージを発信した。欧州の二酸化炭素排出は交通・輸送セクターからが最多で28%を占めている。1990年以降で唯一、排出量が増加し続けているセクターとし、投資家に影響力を行使するよう促した。  ShareActionは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】バッテリー・リソーシーズ、22億円調達。サムスンSDIは現代に供給決定。LGとGMは米国第2工場

Facebook Twitter Google+

 米リサイクル・バッテリー・スタートアップのバッテリー・リソーシーズは4月12日、シリーズBの資金調達で2,000万米ドル(約22億円)の出資を集めたと発表した。数多くのベンチャーキャピタルが出資募集に応じた。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】佐川急便、EV配送バンを7200台導入。ASF開発、広西汽車集団が量産。既存車両の価格下回る見込み

Facebook Twitter Google+

 SGホールディングス傘下の佐川急便とEVベンチャーASFは4月13日、ASFが開発し、中国自動車大手の広西汽車集団(旧・五菱集団)が生産する小型商用電気自動車(EV)を7,200台導入すると発表した。SGホールディングスは、気候変動緩和策として配送車両のEV導入を検討していた。  今回の発表に先駆け、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】フォード、2035年CO2削減中間目標でSBTi承認取得。2030年までにEVのみ販売へ

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米フォードは3月31日、同社初となる統合報告書を発行し、2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標の前段となる中間目標に言及。2035年までにスコープ1とスコープ2の二酸化炭素排出量を2017年比76%削減し、スコープ3の同排出量を2019年比50%削減すると発表した。  同社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ペプシコ子会社フリトレー、ディーゼル車両を全面ゼロエミッション車に転換

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ペプシコの菓子製造子会社フリトレーは3月25日、米カリフォルニア州モデストにある菓子工場で、カリフォルニア州政府の協力も得て2019年に始動した二酸化炭素排出量削減のための大規模投資プロジェクトの成果を発表。二酸化炭素排出を総量で50%削減できたことを明らかにした。  同プロジェクトは、フリトレーの全米最大規模の工場で、ディーゼル燃料車両を全て、ゼロエミッション(ZE)もしくはほぼゼロエミッション(NZE)のものに全面 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】テスコ、COP26に向け新たな気候変動目標発表。世界で再エネ100%、輸送車両EV化100%、代替肉売上4倍等

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月24日、第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に先立ち、同社の新たな気候変動コミットメント「気候変動対策マニフェスト」を発表。二酸化炭素絶対排出量の削減、英国での輸送のEV化、食品廃棄物を含む廃棄物の削減、消費者の健康で持続可能な食事、持続可能な食品生産の5分野に注力する。  二酸化炭素排出量の削減では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】帝人と豪AEV、自動走行タイプの低速EVのプロトタイプ発表。歩行者と同等の消費エネルギー

Facebook Twitter Google+

 帝人とオーストラリアのApplied EV(AEV)は3月30日、2019年から共同開発している低速電気自動車(LS-EV)のプロトタイプを発表した。自動走行が可能な車種で、両社が目標としてきた歩行者レベルの消費エネルギーとほぼ同等。自動走行車としては過去最高レベルのエネルギー効率を実現した。  両社は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る