private 【中国】世界風力会議、石炭火力から風力への転換を展望。洋上でもコスト下落

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は11月12日、中国での秋頃からのエネルギー危機に関し、風力発電が大きな突破口となるとの展望を示した。中国では、すでに風力発電が、支援なしに、石炭火力発電と価格面で伍する状況が生まれているという。  中国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【デンマーク】LMウィンド・パワー、2030年までに廃棄物ゼロの風力発電ブレードを開発

Facebook Twitter Google+

 総合電機世界大手米GEのデンマーク子会社LMウィンド・パワーは11月23日、2030年までに廃棄物ゼロの風力発電ブレードを開発すると宣言した。全ての原材料やパッケージを、埋立やエネルギー回収せずに、再利用・リサイクルできる状態を目指す。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界風力会議、各国政府に風力発電で「本気」要求。2030年までに現状の4倍の導入必要

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は10月18日、各国政府に対し、風力発電導入を加速させるための8つの政策提言を発表した。第26回気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、各国政府に「本気で取り組む」よう求めた。  今回の共同声明に署名したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スウェーデン】バッテンフォール、風力発電ブレードの埋立廃棄を禁止。2030年までにリサイクル率100%

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン電力大手バッテンフォールは10月13日、寿命を終えた風力発電タービン・ブレードの埋立廃棄を禁止したと発表した。その上で、2025年までにブレードのリサイクル率を50%、2030年までに100%にまで引き上げる。  同社の今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】環境省、着床式洋上風力の事業終了後廃棄の考え方公表。風力環境アセスの基準緩和も

Facebook Twitter Google+

 環境省は9月30日「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方」を取りまとめた。「着床式洋上風力発電施設の残置に係る検討会」で検討を進めていた。  今回発表した資料は、法律に基づき、洋上風力発電の事業終了後の原状回復義務や残置規制の内容を明確にしたもの。着床式洋上風力発電設備、潤滑油の漏洩の可能性がある洋上変電設備人を収容する構造を有する観測塔が対象。一方、海洋汚染等防止法上の海洋施設に該当しない海底送電線や海底ケーブル等は、今回 [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】RWE、世界初のリサイクル可能な風力発電タービンの実証使用開始。シーメンス・ガメサ製

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEは9月7日、洋上風力発電で世界初のリサイクル可能な風力発電タービンブレードの実証を行うと発表した。タービンには、総合電機世界大手独シーメンスの風力発電設備子会社シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー(SGRE)のタービンブレードを使用。同タービンブレードは、使用後も部品を他製品にリサイクルすることができる。ドイツにあるRWEのカスカシ洋上風力発電所に導入予定。  風力発電装置では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】清水建設、洋上風力建設で欧州2社の技術活用。日本市場シェアトップ目指す

Facebook Twitter Google+

 清水建設は9月1日、洋上風力発電の建設で、オランダのヘーレマ・マリン・コントラクターズとの協力体制の構築で覚書を締結したと発表した。日本市場でのEPC(設計・調達・建設)受注強化に向け、欧州企業と手を組んだ。  清水建設は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】風力関連CEO25人、G20に風力発電導入加速を要求。ヴェスタス、シーメンス等

Facebook Twitter Google+

 風力発電業界のCEO25人は7月19日、G20諸国政府に対し、二酸化炭素排出量の国別削減目標を引き上げ、化石燃料に替わる風力発電の発電量を増やすための具体的な計画を早急に示すよう求める公開書簡を送付した。世界風力エネルギー会議(GWEC)がとりまとめた。  共同書簡に参画したCEOの企業・団体は、シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー、ヴェスタス・ウィンド・システムズ、オーステッド、EDP、RWEリニューアブルズ、BayWa、 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】政府、全米初の大規模洋上風力発電プロジェクトを承認。マサチューセッツ州沖

Facebook Twitter Google+

 米内務省は5月11日、全米初の大規模洋上風力発電プロジェクト「ビンヤード風力発電所1号」を承認した。同日、公式決定書類となる「決定記録(ROD)」を発行した。同発電所の設備容量は800MW。  ビンヤード風力発電所は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る