ステークホルダー・ダイアログ 2016/03/20 辞書

ステークホルダー・ダイアログとは?

ステークホルダー・ダイアログとは、企業が自社の社会・環境的活動に対するステークホルダーの意見を反映することを目的とし、様々なステークホルダーを集め開催する双方向の対話のことです。企業は、各ステークホルダーの利害や関心事項、また企業活動のステークホルダーへの影響を把握することで、ニーズに適した商品の提供やCSR活動の促進を実現することができます。

ステークホルダー・ダイアログの事例

ステークホルダー・ダイアログは主に、様々な利害関係を代弁する有識者と企業の担当者との対話として実施されます。大学教授や専門機関の代表、弁護士や公認会計士などを招き、企業側の代表者や担当部門の部長などが参加して行われるものが多いです。例えば各社のウェブサイトによると、株式会社LIXILグループは製品の安全面をテーマに、消費生活アドバイザーや消費者教育支援を担う有識者とのダイアログを実施しています。また、NTTグループは2013年に、災害対策の取り組みをテーマとして防災研究センターに勤める大学教授を招き、NTTグループの各社の災害対策担当室長とのダイアログを実施しました。そのほかにも、近年多くの企業が様々な形でステークホルダー・ダイアログを実施し、その様子をCSRレポートに掲載し報告しています。

今後のステークホルダー・ダイアログ

ステークホルダー・ダイアログは、ステークホルダーの意見の反映やそれによるCSR活動の促進だけでなく、企業が双方向のコミュニケーションを実施することで、ステークホルダーと企業との信頼関係を高めることもできると期待されています。近年、企業のCSR活動がますます注目され活発化する中で、CSR報告のための「手段」という形式ではなく、より本質的な対話が行われ、またその対話が継続して実施されることが求められるでしょう。

参照URL

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る