Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】ブルームバーグ、金融サービス企業男女平等指数(BFGEI)2017年銘柄発表。日本企業は4社

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手ブルームバーグは1月23日、「金融サービス企業男女平等指数(BFGEI)」の2017年版構成銘柄を発表した。BFGEIは、2016年に開始した新しいインデックス。世界中の大手金融機関を対象とし、自主応募で同インデックスへの参加を表明した企業のうち、一定基準を満たす企業が構成銘柄となる。  今回、BFGEIの2017年銘柄に組み込まれたのは、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、シティグループ、モルガン・スタ [...]

» 続きを読む
2017/02/18 最新ニュース

【アメリカ】企業127社と19州及び特別区、移民規制大統領令に反対し連邦控訴裁に意見書

Facebook Twitter Google+

 IT企業を中心とした米国企業127社は2月6日までに、連名でトランプ大統領の移民規制強化を発令した大統領令に意義を唱える法定意見書(amicus criae)を第9連邦巡回区控訴裁判所(連邦高等裁判所に相当)に提出した。同様に、米国18州及びワシントンD.C.の司法長官も2月7日、連名で大統領令に異議を唱える法定意見書を同裁判所に提出した。法定意見書とは、事件の当事者ではない個人や組織が裁判所に意見を提出するもの。  トランプ大統領 [...]

» 続きを読む
2017/02/08 最新ニュース

【アメリカ】ウォルマート、34,000人の雇用創出プランを発表。トランプ新政権を意識か

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手ウォルマートは1月17日、同社の来期(決算期1月末)雇用創出プランを発表し、来期だけで34,000人の雇用創出効果を生み出していくと宣言した。同社は現在米国国内で約150万人雇用しているが、店舗数拡大、既存店舗の拡張、Eコマースの拡大、配送センター設立などに今期だけで68億米ドル(約7,800億円)を投資し、雇用を創出していく。同時に、現在の店舗スタッフ225,000人以上に対してスキルアップのための特別研修プログラムを [...]

» 続きを読む
2017/01/29 最新ニュース

【アメリカ】シリコンバレー・スタートアップ企業、サステナビリティ取組の課題多い。CSE調査

Facebook Twitter Google+

 CSR関連研修・コンサルティングサービス提供の米Center for Sustainability and Excellence(CSE)は11月17日、シリコンバレー企業100社のサステナビリティ実施状況を調査したレポート「Sustainability Trends in Silicon Valley」を発表した。これまでもシリコンバレーのスタートアップや有名企業がサステナビリティを推進しているかどうかを論じるレポートは存在してい [...]

» 続きを読む
2017/01/06 最新ニュース

【国際】RepRisk、小売業界のリスク報告書サマリーを発表。世界トップ10社のリスク度を公開

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクコンサルティング世界大手スイスのRepRiskは12月14日、小売業界トップ企業の状況をまとめたESGリスク報告書を発表した。同報告書には、世界の小売企業大手10社の2016年12月時点でのリスク格付とともに、小売業界全体のESG関連課題や注目トピックを掲載している。  RepRiskは、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する企業情報を独自に収集しデータベース化しており、すでに世界75,000社と18,000プロジェク [...]

» 続きを読む
2017/01/04 最新ニュース

【スウェーデン】イケアグループ、気候変動対策分野に30億ユーロを投資。年間純利益の約70%相当

Facebook Twitter Google+

 家具世界大手イケアは12月5日、今年度のサステナビリティ報告書を発表し、パリ協定で掲げる国際的な目標の達成に向けた今後の戦略を発表した。  イケアグループの2016年度(8月決算)の売上は342億ユーロ(約4.2兆円)、純利益は42億ユーロ(約5,200億円)。ユーロ換算で比較すると売上は前年比7.1%増と絶好調。イケアグループの主力市場は、ドイツ、米国、フランス、英国、スウェーデンだが、中国での売上が大きく増加。インドやセルビアで [...]

» 続きを読む
2016/12/30 最新ニュース

【アメリカ】P&G、今年度レポート発表。「コーポレート・シチズンシップ・レポート」に名称変更

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手P&Gは12月15日、同社初となる「2016年度コーポレート・シチズンシップ・レポート」を公表した。同社は1999年から毎年サステナビリティレポートを発表しているが、今年から「コーポレート・シチズンシップ・レポート」に名称を変更。同社の説明では、環境への取組、社会の改善、社内外のダイバーシティや包摂(インクルーシブ)に関する取組、女性の社会進出支援に関する取組を強化していくため、このような名称変更を行ったという。報告書 [...]

» 続きを読む
2016/12/25 最新ニュース

【国際】世界の賃金上昇率は大きく低迷、賃金格差は拡大。ILO世界賃金報告2016-17版調査

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は12月15日、2年毎に発表している「世界賃金報告」の2016-17年版を公表した。同報告書の発行は5回目。今回の報告からは、世界全体の賃金上昇率が著しく失速してきていることや、賃金格差の拡大動向では国ごとに大きな差が出てきていることがわかった。また、国際的な関心が高まる各国の賃金格差の背景についても定量的な分析が発表された。  毎回の世界賃金報告のトップを飾っている世界の賃金上昇率では今年は悲観的な内容となっ [...]

» 続きを読む
2016/12/22 最新ニュース

【国際】人材よりテクノロジーが重要と考えるCEOが多数。コーン・フェリー調査

Facebook Twitter Google+

 エグゼクティブサーチ世界大手コーン・フェリーは11月17日、世界のグローバル大手企業CEOなど経営トップ800人を対象にした将来の人的資源の価値に関するインタビュー調査結果を発表した。今年の調査では、今後重要性が高くなる経営資源に関して、人材よりもテクノロジーや固定資産のほうが重要だと答えた経営トップが多く、話題となっている。  今年の調査では、63%の経営トップが5年以内に技術が企業の競争力を左右する最も重要な経営資源となるだろう [...]

» 続きを読む
2016/12/05 最新ニュース

【国際】人身取引を規制するILO条約が11月9日発効。英国を含む9ヶ国が批准済み

Facebook Twitter Google+

 2014年6月に国際労働機関(ILO)総会で採択された「1930年の強制労働条約(第29号)の2014年の議定書」が11月9日発効した。この議定書は、1930年に採択された強制労働条約(第29号) が人身取引などの現代の問題に対応できるようにするため、同条約の改正を行うもの。発効までに批准を完了した国は、ニジェール、ノルウェー、英国、モーリタニア、マリ、フランス、チェコ、パナマ、アルゼンチンの9ヶ国。  今回発効した議定書は、強制労 [...]

» 続きを読む
2016/11/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る