Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】印インフォシス、米国で1万人雇用計画発表。トランプ政権の批判に対応

Facebook Twitter Google+

 インドIT大手インフォシスは5月2日、今後2年間で米国で1万人の雇用を増やす計画を発表した。インフォシスは、欧米企業からIT関連業務を受託する形で急成長を遂げており、現在世界で20万人を雇用している。一方米国トランプ政権は目下、IT受託企業が米国国民の職を奪っていると強く批判しており、インフォシスは米国内での雇用を増やすことを表明することで、批判をかわそうとしている。  インフォシスは今後、米国内に、人工知能、機械学習、ユーザーエク [...]

» 続きを読む
2017/05/18 最新ニュース

【イギリス】ウーバー、契約ドライバーに対する休業補償保険制度を検討

Facebook Twitter Google+

 タクシー配車アプリ世界大手米ウーバーが、毎週2ポンド(約295円)の保険料を徴収する新たな休業補償保険制度を計画していることがわかった。ウーバーは昨年、英国で雇用審判所で敗訴し、同社の契約タクシードライバーを従業員として定め、雇用保障制度などを提供することが求められた。同係争はその後控訴されている。ウーバーは新たな休業保険制度を英国約4万人のドライバーに適用し、控訴審での裁判を有利にしたい考え。 【参考】【イギリス】労働裁判所、ウー [...]

» 続きを読む
2017/05/18 最新ニュース

【アメリカ】シリコンバレー「働きがいのある会社」ランキング発表。全50社がランクイン

Facebook Twitter Google+

 米調査機関Great Place to Work Instituteは4月26日、米フォーチュン誌上で、シリコンバレーを含むサンフランシスコ都市圏の「働きがいのある会社(Great Place to Work)」ランキングを発表した。「働きがいのある会社」ランキングは、1998年に米国で始まり、日本でも2007年からランキングが発表されている。今回は、ITスタートアップ企業が林立するサンフランシスコ都市圏に限定したランキングが発表さ [...]

» 続きを読む
2017/05/16 最新ニュース

【アメリカ】スターバックス、2016年度サステナビリティ報告書発表。長期目標を上方修正

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは4月24日、同社の2016年度(2015年9月28日から2016年10月2日まで)のサステナビリティ報告書「2016 Global Social Impact Report」を発表した。同社のサステナビリティ報告書発行は2002年に開始。今回が16回目。昨年までは「Global Responsibility Report」と呼んでいたが、今年から「Global Social Impact R [...]

» 続きを読む
2017/05/14 最新ニュース

【イギリス】マクドナルド、「ゼロ時間契約」社員制度の廃止を表明。固定時間契約に転換へ

Facebook Twitter Google+

 英国マクドナルドのPaul Pomroy社長は4月26日、英国で社会問題となっている「ゼロ時間契約(Zero-hour Contract)」従業員について、同社従業員115,000人を「ゼロ時間契約」から固定時間契約に切り替えることを表明した。英テレビ局BBCとのインタビューの中で話した。  ゼロ時間契約とは、雇用者の呼びかけに応じて従業員が勤務する労働契約。日本では「オンコール労働者」とも呼ばれる。雇用者は最低労働時間を設定するこ [...]

» 続きを読む
2017/05/12 最新ニュース

【国際】英アパレル業界サイトBOF、業界働きがいのある企業ランキング発表。リーバイスなど上位

Facebook Twitter Google+

 英国ファッション情報サイト「The Business of Fashion(BOF)」は4月24日、世界的アパレルランドを対象に働きがいのある企業ランキング「Best Companies to Work for in Fashion 2017」を発表した。ランキングの発表は今年が初めて。ファッション業界の採用は従来「自社ブランド力」だけを頼りにしてきたが、今後は働く環境など「働きがい」が重要になってくるという。今回のランキングは、B [...]

» 続きを読む
2017/05/09 最新ニュース

【アメリカ】ウォルマート、2017年度グローバル責任報告書発表。中期目標を着実に達成

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは4月20日、2017年度のサステナビリティ報告書「グローバル責任報告書(Global Responsibility Report)」を発表した。同社は2005年から一貫して「小売サプライチェーンでの雇用機会創出」「事業運営とバリューチェーンのサステナビリティ強化」「地域コミュニティ強化」の3つを柱とし、実現に向けたアプローチを進化させてきている。また昨年11月には、新たな10年ビジョンも発表した。 【参考 [...]

» 続きを読む
2017/05/05 最新ニュース

【イギリス】Ergon、英国現代奴隷法の企業報告状況報告書発表。改善の余地が大きいと総括

Facebook Twitter Google+

 英国デューデリジェンス・コンサルティングErgon Associatesは4月1日、2017年3月の時点で企業150社が「ビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)」に登録した英国現代奴隷に関する報告書の分析結果を発表した。2015年10月に英国現代奴隷法(Modern Slavery Act)が制定されてから2回目の報告書。報告書は、企業の報告の質は改善しつつあると一定の評価をしつつも、同法が求める水準には程遠いと厳しい見方を示 [...]

» 続きを読む
2017/05/04 最新ニュース

【フランス】ロレアル、2016年度サステナビリティ報告書発表。CO2排出削減を前倒しで達成

Facebook Twitter Google+

 フランス化粧品大手ロレアルは4月20日、2016年度サステナビリティレポート「2016 Progress Report」を発表した。ロレアルは2013年から、2020年に向けたサステナビリティ・コミットメント「Sharing Beauty With All~美のすべてを、共に次世代へ~」を設定。(1)イノベーションにおける持続的発展、(2)生産における持続的発展、(3)持続可能な暮らし、(4)従業員・サプライヤー・コミュニティにおけ [...]

» 続きを読む
2017/05/03 最新ニュース

【アメリカ】IBM、ボストン・カレッジと共同で同社の女性キャリア開発制度を分析。報告書発表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMと米ボストン・カレッジの仕事と家庭のためのセンターは4月19日、科学・技術・工学・数学(STEM)領域で活躍する女性のキャリア開発に関する報告書「Empowering Women’s Success in Technology, IBM’s Commitment to Inclusion’」を共同で発表した。STEM領域での女性のキャリア開発には、包摂的な雇用環境、自由な思考の奨励、全精力を注いで仕事に取り組むこと [...]

» 続きを読む
2017/04/30 最新ニュース
ページ上部へ戻る