private 【国際】アリババ等10工場、世界経済フォーラムのニューノーマルものづくり協議体に参画。日本企業は日立のみ

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は9月14日、第4次産業革命に適応した新たな「ものづくり」の新時代を構築するための協議体「グローバル・ライトハウス・ネットワーク」に製造業、食品・消費財、IT等の大手企業10社が追加参画し、合計で54社になったと発表した。新型コロナウイルス・パンデミックによる影響も踏まえ、「ニューノーマル」のものづくりを協働で検討していく。  今回新規で参画した10社の工場は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】百度、滴滴出行、アリババ、レベル4自動運転をリード。グーグル子会社Waymoを越す勢い

Facebook Twitter Google+

 中国で自動運転タクシーの走行が活発化している。2019年9月には百度の「Project Apollo(阿波羅)」が湖南省の長沙市で、基本的に運転手なしで自動走行する「レベル4」の自動運転を開始。2020年6月からはDidi(滴滴出行)が上海市で同じく「レベル4」自動運転のタクシー走行が開始した。レベル4で本格走行している自動車があるのは世界で米国と中国のみ。同分野はこれまでグーグルがリードしてきたが、中国企業が大きなリーダーシップを [...]

» 続きを読む

private 【国際】ブロックチェーン技術の世界特許保有ランキング、中国アリババが首位。2位以下を引き離す

Facebook Twitter Google+

 中国特許保護協会は7月1日、ブロックチェーン関連特許技術の保有数を分析したレポート「2020年世界ブロックチェーン領域特許報告書」を発表した。公的機関による同種のレポートは今回が世界初。今後の重要IT技術であるブロックチェーン技術の競争力に注目が集まった。  同報告書によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【香港】バイオ複合素材ベンチャーEcoinno、アリババから6.4億円調達。量産工場建設

Facebook Twitter Google+

 香港バイオ複合素材スタートアップEcoinnoは5月7日、中国アリババグループのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)である「Alibaba Hong Kong Entrepreneurs Fund」と「Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fund II」から合計600万米ドル(約6.4億円)の資金を調達したと発表した。  Ecoinnoは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】アリババ、世界初の高レベル自動運転走行テストシステム開発。レベル5自動運転推進加速

Facebook Twitter Google+

 中国IT大手アリババ・グループの研究機関「阿里巴巴達摩院(Alibaba DAMO Academy)」は4月22日、自動運転レベル5の「完全自動運転」に向け、世界初のハイブリッド型走行テストシステムを開発したと発表した。実測データにデジタルでの条件追加を組みわせることで、過酷な悪条件シーンのシミュレーションをわずか30秒で実施できるという。  米シンクタンクのランド研究所によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ソニー、CT画像診断での新型コロナ検査でエムスリーに寄付。中国アリババの技術活用

Facebook Twitter Google+

 ソニーは4月16日、持分法適用会社のエムスリーに対し、新型コロナウイルスへの対策として約10億円を寄付すると発表した。胸部CT撮影画像を基に中国アリババの画像診断人工知能(AI)を活用した感染診断を実施し、医療現場の効率化につなげたい考え。 【参考】【中国】アリババ、新型コロナウイルスの診断機開発。わずか20秒。3万人以上が診断。正確度96%(2020年3月1日)  今回の協業アクションでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】アリババ淘宝、新型コロナウイルスで農業支援策。農家のオンライン直販を強化

Facebook Twitter Google+

 中国アリババ・グループの淘宝網は2月12日、新型コロナウイルスの影響を受ける農家を支援するため、10億人民元(約150億円)の援助基金「10億愛心助農基金」を設立したと発表した。淘宝網が運営するオンラインモール「天猫」の中に、売れ残り農産品の専用販売サイトを設置する等、農家の事業を支援する。  今回淘宝網は、10億愛心助農基金を通じた農家支援策として、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】アリババ、新型コロナウイルスの診断機開発。わずか20秒。3万人以上が診断。正確度96%

Facebook Twitter Google+

 中国IT大手アリババは2月15日、同社の研究機関「達摩院(DAMO)」が新型コロナウイルスを高速に診断できる医療機器を開発したと発表した。胸部CT画像を人工知能(AI)を用いて高速診断し、識別正確度は96%を誇るという。  中国では、新型コロナウイルスの感染増加により診断データが集まったことで、PCR検査だけでなく、胸部CT画像での診断も始まっている。新型コロナウイルスの感染者は、片肺や両肺に、斑状もしくは摺りガラス状の結節陰影が出 [...]

» 続きを読む

private 【中国】アリババ、新型コロナ感染防止で28地方政府と連携。オンラインでの対策システム提供

Facebook Twitter Google+

 中国IT大手アリババは2月6日、浙江省に続き、湖北省、湖南省、貴州省、河南省、天津、江蘇省、河北省を含む28の省、自治区、市町村との間で「デジタル流行防止システム」を構築したと発表した。新型コロナウイルスの流行を止めるため、政府、医療機関、住民、地域コミュニティの4つを連携させて、情報を提供を開始した。  同システムでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】アリババ、旧正月向けゲイカップルを主役にしたCM放映。SNSで賞賛の声

Facebook Twitter Google+

 中国IT大手アリババは1月、旧正月に向けたCMで、ゲイの恋人同士が実家に帰省するシーンを用いた。LGBT規制が緩和されていない中国でのアリババのアクションが賞賛を浴びている。特に中国のLGBTコミュニティからは拍手が上がった。  今回のCMは、アリババの主力Eコマースサイト「天猫(Tmall)」のCM。若い男性が、恋人の男性を連れて実家に帰省し、両親に紹介するシーンをコミカルに描いた。  今回の動画は、LGBTインフルエンサーだけで [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る