private 【インドネシア】プラ成形大手Kemas、化粧品容器でTBMのLIMEX Pelletの調達契約締結

Facebook Twitter Google+

 TBMは12月8日、インドネシア化粧品容器成形最大手Kemas Indah Majuが、石灰石由来の代替プラスチック「LIMEX Pellet(ライメックスペレット)」との販売契約を締結したと発表した。Kemas Indah Majuは、ロレアルや資生堂等の日本国内及び世界大手の化粧品メーカーの製品を多数取り扱っている。  LIMEX Pelletは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インドネシア】政府、石炭火力発電所新設を禁止。2031年には現行発電所の廃止も。EVシフトも開始

Facebook Twitter Google+

 インドネシアのエネルギー鉱物資源省は10月8日、政府が掲げた2060年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)の目標に向け、大まかなロードマップを発表した。 【参考】【インドネシア】政府、2060年カーボンニュートラル目標を国連に提出。再エネを大規模導入(2021年8月7日)  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インドネシア】政府、屋上太陽光発電導入促進の規則発布。再エネ電源の拡大へ

Facebook Twitter Google+

 インドネシアで8月20日、屋上太陽光発電の導入を促進するエネルギー鉱物資源大臣(MEMR)規則2021年26号が施行された。インドネシアは、2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を政策として打ち出しており、屋上太陽光発電の敷設を加速させる。  インドネシアでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】JERA、インドネシアのパイトン石炭火力の全権益売却。三井物産は先に売却済み

Facebook Twitter Google+

 東京電力ホールディングスと中部電力の折半合弁会社JERAは8月20日、インドネシアのパイトン石炭火力発電事業を運営するパイトン・エナジーの同社保有全株14%を、現地のPT Medco Daya Abadi Lestari完全子会社PT Medco Daya Energi Sentosaに売却したと発表した。  パイトン石炭火力発電所は、パイトン7・8号機と3号機が稼働中。バイトン7・8号機は1999年に商業運転を開始。東京電力ホール [...]

» 続きを読む

private 【インドネシア】政府、2060年カーボンニュートラル目標を国連に提出。再エネを大規模導入

Facebook Twitter Google+

 インドネシア政府は7月、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に対し、2060年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)目標を正式に提出した。インドネシアでは、ジョコ・ウィドド大統領が3月に2070年カーボンニュートラルを宣言。しかし、その後、国内の環境NGO等からも「中国が2060年目標なのに遅すぎる」と批判が沸騰。結果、10年前倒しした。  インドネシア政府の発表によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インドネシア】国営電力PLN、2024年から石炭火力発電新設禁止。再エネ発電に全面転換

Facebook Twitter Google+

 インドネシア国営電力公社PLNは5月7日、2024年から石炭火力発電の新設を全面禁止する方針を発表した。インドネシアでは、日本政府も支援する形で、石炭火力発電所の新設を推進してきたが、カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を実現するため、脱石炭に方針を全面転換する。  PLNは現在、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】カーギル、カカオ農家支援でネスレと協働。持続可能な牧草地ではNGOとマクドナルドと連携

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは3月24日、食品世界大手スイスのネスレがインドネシアで展開するカカオ農家支援プログラム「ネスレ・カカオ・プラン(NCP)」に参画すると発表した。同アクションは、カーギルの持続可能なカカオ調達サプライチェーンの構築イニシアチブ「Cargill Cocoa Promise」の一環。  NCPは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アジア】バイエル、IFCとの小規模農家支援イニシアチブの活動拡大。バングラとインドネシア

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独バイエルは12月16日、小規模農家支援イニシアチブ「Better Life Farming Alliance(BLFA)」をバングラデシュとインドネシアに拡大すると発表した。  同イニシアチブ推進のグローバル・パートナーは、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)。バングラデシュでは同国最大手化学ACIが、インドネシアでは現地NGOメルシー・コープス・インドネシアや小売CV Rahmawati及びCV Gunung S [...]

» 続きを読む

private 【インドネシア】RAN、大手10社がFPIC原則非遵守と批判。花王、日清食品、MUFG等に対応要請

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は12月9日、パーム油、紙パルプ、木材等に関連するインドネシア大手10社が、「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意(FPIC)」の原則を遵守するための適切なポリシーと標準作業手順書(SOP)を策定していないと批判するレポートを発表した。  今回の調査対象となった10社は、ベスト・インダストリー・グループ、ゲンティン・グループ、ジャーディン・マセソン・グループ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る