private 【アメリカ】ニューヨーク市、エクソン、シェル、BP、石油協会をグリーンウォッシュで提訴

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長と、ジェームズ・E・ジョンソン顧問弁護士は4月22日、エクソンモービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、BP、アメリカ石油協会の4者に対し、気候変動に関する虚偽広告と欺瞞的商業慣行が同市の消費者保護条例違反として同州裁判所に提訴した。  ニューヨーク市政府は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、ケミカルリサイクルを大規模展開へ。2021年後半から再生ポリマー販売

Facebook Twitter Google+

 石油世界大手エクソンモービルは2月25日、リサイクル難易度の高いプラスチック廃棄物を、ナフサまで戻してから、再びポリマーを生成するケミカルリサイクル試験運用の初期フェーズが完了したと発表した。米テキサス州ベイタウンの同社工場で実証を行っていた。  同リサイクルで生成した再生ポリマーは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、CO2削減策でCCS導入重視姿勢を鮮明に。逃げ切り図る

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手米エクソンモービルは2月1日、炭素回収・貯留(CCS)技術の新事業部門「ExxonMobil Low Carbon Solutions」を設立したと発表した。石油ガス大手に対する気候変動での批判が高まる中、エクソンモービルはCCSプラントを世界20ヶ所以上に建設し、「回収」で逃げ切る戦略を明確にした。2025年までに30億米ドル(約3,200億円)を投資する。  ExxonMobil Low Carbon Solut [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、スコープ3排出量開示も「無意味」と一蹴。ガス販売強化

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手米エクソンモービルは1月5日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づくレポートを発行し、同社として初めて販売製品使用でのスコープ3排出量を公表した。同社に対しては、株主である機関投資家から開示の要求が高まっていた。  同社が発表したスコープ3排出量は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ケミカルリサイクルAgilyx、事業飛躍。廃プラ分別でエクソンモービルと合弁。ブラスケムとは共同研究

Facebook Twitter Google+

 米ケミカルリサイクル技術Agilyxは12月11日、エクソンモービルとの間でプラスチック廃棄物回収・分別の合弁会社「Cyclyx International」を設立すると発表した。さらに12月16日には、ブラスケムとの間で米国でケミカルリサイクルの共同研究を行う発表も実施。12月22日には、欧州のケミカルリサイクル業界団体「Chemical Recycling Europe」に加盟した。  Agilyxは2004年に研究者が創業。地 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、スコープ1と2で2025年までに原単位で15%から20%削減

Facebook Twitter Google+

 石油・ガス世界大手米エクソンモービルは12月14日、2025年までにスコープ1とスコープ2の原単位排出量を2016年比15%から20%削減するとの目標を発表した。原単位の分母は石油・ガス生産量。  削減に向けたアクションとしては、原単位メタンガス漏出量を2025年までに2016年比40%から50%削減し、世界全体での原単位ガスフレアからの排出量を同35%から45%削減する。ガスフレアに関しては、世界銀行のイニシアチブが定めている20 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソン、原油・ガス確認埋蔵量20%低下の可能性。シェブロンも10%。価格低下影響

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手米エクソンモービルは8月5日、米証券取引委員会(SEC)に提出した2020年度第1四半期開示書類の中で、算出が義務付けられている原油とガスの確認埋蔵量について、現在の価格水準が続けば、約20%減少する可能性があると発表した。  SECは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ガイアナ】NGO、エクソンモービルのライセンス契約でガイアナ国民が6兆円の利益逸失と批判

Facebook Twitter Google+

 国際NGOグローバル・ウィットネスは2月3日、米エクソンモービルのガイアナでの原油採掘事業について、ガイアナ政府に非常に不利な条件で契約が結ばれた結果、ガイアナ国民が実質的に550億米ドル(約6兆円)の利益を逸失した分析したレポートを発表した。  同レポートによると、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】カーボントラッカー、エネルギー大手のカーボンバジェット分析。コノコフィリップスが最悪

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOカーボントラッカーは11月1日、原油・ガス採掘大手のカーボンバジェット状況を分析したレポートを発表した。カーボンバジェットは、世界の気温上昇を一定程度に抑えるために使用が限られる化石燃料量に対し、まだ使用可能な残量を示したもの。カーボントラッカーは、以前から化石燃料業界に対するカーボンバジェット状況を発表してきたが、今回初めて個社単位でのバジェットを分析した。  カーボントラッカーによると、世界の気温上昇は現状のままだ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る